ホーム > 離婚コラム > 慰謝料 > 【24時間・無料の離婚相談】|浮気&不倫のおすすめ相談窓口紹介
キーワードからコラムを探す
Sidebar writer recruit
公開日:2021.9.22  更新日:2021.9.22

【24時間・無料の離婚相談】|浮気&不倫のおすすめ相談窓口紹介

銀座さいとう法律事務所
齋藤 健博
監修記事
Pixta 31386107 m
慰謝料が得意な弁護士に相談して悩みを解決 Person
弁護士検索サービス総合満足度 2021年 No.1|自分の条件に合った弁護士が見つかる弁護士検索サービス 2021年 No.1|自分のトラブルに最適な弁護士を探せる弁護士サービス 2021年 No.1
調査方法:インターネット調査/調査概要:2021年6月 サイトのイメージ調査/調査提供:日本トレンドリサーチ
「どこでも今すぐ」弁護士に無料(電話)相談可能!

離婚のトラブルにお悩みなら、こちらから今すぐ弁護士に無料相談しましょう。

離婚問題が得意な弁護士のみ掲載の当サイト『離婚弁護士ナビ』なら「この分野を相談できるかな…」と考える必要なく、安心してあなたの悩みにピッタリの弁護士に相談できます。

無料相談はもちろん、平日19時以降・休日相談・電話相談可能な弁護士も多く、あなたのタイミング・ご希望の方法で相談可能。

まずはお気軽にご相談ください。

当サイトからのご相談数12万件超

電話無料相談できる弁護士を多数掲載
離婚問題得意な弁護士を探す↓

北海道・東北

北海道青森岩手宮城秋田山形福島

関東 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
北陸・甲信越 山梨新潟長野富山石川福井
東海 愛知岐阜静岡三重
関西 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

\お住まいの都道府県名↑を押すと近くの弁護士が探せる/

理解してほしいのに、ケンカばかり。もう離婚するしかないの?」「離婚をしたくても、さまざまな理由でできない」など、離婚に関する相談は十人十色です。

離婚の電話相談を無料でできて、24時間受け付けている場所を探しているあなたは、きっとひどくつらい思いをされているのだろうと思います。

相談をしたくても、仕事などで忙しく、特定の時間帯に相談できる窓口を探しているのかもしれません。

厚生労働省の統計によると、2018年に結婚したカップルは59万組でした。一方で、離婚を悩み、実際に離婚に至った夫婦は20万7,000組でした。

およそ2分半に1組が、結婚生活を終わらせている計算になります。(参考:人口動態統計の年間推計)

これだけ離婚に悩み、離婚に至った人がいる中で、公的機関で24時間無料の電話相談を受けている場所はまだ少ないのが現状です。

この記事では24時間無料の電話相談を受け付けている相談先や、19時以降でも利用できる相談先をご紹介します。

また、どんな人が離婚で弁護士に無料相談すべきなのか、弁護士に寄せられるよくある質問と回答例、無料相談のポイントも解説しています。

離婚で悩んでいる方へ、一人で抱え込まず、まずは相談してください。

ここでは、離婚の無料電話相談ができる相談先をご紹介します。状況により向いてる相談先をそれぞれ解説しています。

この記事に記載の情報は2021年09月22日時点のものです

夜間・土日祝日でも弁護士に無料相談・電話相談したい人

「離婚に関する相談をしたい」「弁護士に電話で相談したい」「19時以降や夜間しか相談できない」といった方は、離婚弁護士ナビで今すぐ弁護士に相談できます。

離婚弁護士ナビ|平日土日祝可能・9時~最長24時まで相談可能

  • 9時~最長24時まで相談を受け付けている弁護士事務所
  • 電話で無料相談できる弁護士事務所 など

を地域別・相談内容別で探せるのが、『離婚弁護士ナビ』です。

離婚弁護士ナビは、慰謝料などの獲得実績がある弁護士離婚問題を扱った経験がある弁護士のみを掲載しています。

気になる弁護士を比較・検討できますので、あなたの条件に合った弁護士に出会えるでしょう。

また、無料相談をしたからといって、契約義務や依頼義務は生じません。安心して下記からご相談ください

当サイト「離婚ナビ」からの相談実績12万件超

電話無料相談できる弁護士を多数掲載
離婚問題得意な弁護士の中から相談先を探す↓

北海道・東北

北海道青森岩手宮城秋田山形福島

関東 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
北陸・甲信越 山梨新潟長野富山石川福井
東海 愛知岐阜静岡三重
関西 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

無料相談で弁護士を選ぶときの注意点

弁護士を選ぶときには、その弁護士の得意な分野や解決実績、事件の処理件数などに着目しましょう。例えば、離婚について相談したいのであれば、離婚に注力している弁護士を選択する必要があります。

離婚に注力していて解決実績も豊富な弁護士であれば、これまでの経験などを活かして対応してくれるはずです。養育費や離婚慰謝料など、あなたの希望に近い結果が得られるかもしれません。

また、ネット上には弁護士の口コミが掲載されていることもありますが、口コミはあくまで個人の意見ですので、参考程度に留めておくようにしましょう。無料相談や電話相談などを活用して、信用できる弁護士かを見極めましょう。

万が一、少しでも不安を感じたり違和感があった場合には、契約はせずに別の弁護士を探すことをおすすめします。

離婚問題は解決までに大きな精神的負担がかかることも特徴です。円滑な問題解決のためにもコミュニケーションを取りやすい弁護士に依頼すると良いかもしれません。

離婚を電話・対面で無料相談する際の5つのポイント

離婚問題を電話で無料相談する際に注意したいのが相談時間です。弁護士に相談する場合、相談時間はおおよそ30分程度ですので、事前に要点をまとめておきましょう。時間内で効率的に相談できるはずです。

無料相談のポイント

  1. 自分がどうしたいか決めておく
  2. 具体的な質問を考えておく
  3. 質問の優先順位を決めておく
  4. 時系列や関係している人物を整理しておく
  5. 対面での相談なら証拠を持参する

細かく解説します。

1:自分がどうしたいか決めておく

誰かに相談する場合、自分の中にはすでに自分がどうしたいのか、漠然と、あるいは、ぼんやりとでも考えていることがあるかと思います。

弁護士は、あなたが目的地に辿り着くための、ルートを教えてくれたり、提案してくれたりします。相談する前に、自分がどうしたいのかを、ある程度決めておきましょう。

2:具体的な質問を考えておく

電話で相談をすると、どのような質問をしたいかわからなくなってしまう方もいるのではないでしょうか。

お伝えした通り、自分の希望を決めておけば、そのためにどんなことを知りたいのか、具体的な質問が思い浮かぶでしょう。

思い浮かんだ質問をメモにしておいて、電話相談の際に質問してみましょう。例えば、

 

裁判にしないで、短期間で離婚したいのだけど、どのような方法があるか

・相手が財産はこのくらいしかない、自分にはこの程度しか渡さないと言っているが正しいのか

相手から出て行けと言われているが、自分の家を出て行く必要はあるか

・親権がほしいのだけど、親権を取るために有利になるポイントはあるか

相手が浮気をしているが、慰謝料はどのくらいもらえるのか など

3:質問の優先順位を決めておく

お伝えした通り、弁護士への相談は30分程度しかありませんので、質問の優先順位を決めておきましょう。最も知りたいことから質問をしてください。

事前にある程度、離婚に関する知識を持っておけば、弁護士からの回答も頭に入りやすくなり、よりスムーズです。

4:時系列や関係している人物を整理しておく

相談に登場してくる人物が複数いる場合は、時系列や関係している人物を整理しておきましょう。

例えば、いつ頃・誰が・どこで・何をしたか・何が問題かといった内容を、時系列ごとにメモなどにまとめておきます。

短時間で相手に状況を理解してもらえれば、有益なアドバイスが受けられるでしょう。

5:対面での相談なら証拠を持参する

対面で相談する場合は、証拠を持参すると、スムーズかつ具体的な回答を得ることができます。

証拠とは、例えば次のようなものです。

  • 離婚の財産分与や、養育費・離婚慰謝料の相談なら、相手とご自身の収入がわかる給与明細・通帳など
  • 不倫の慰謝料に関する相談なら、不貞行為の証拠、請求された内容証明など

次項では、離婚問題で弁護士に相談すべき人はどんな人なのかについて解説します。

離婚問題の無料相談で弁護士に相談すべき人

離婚に関する相談はさまざまなものがあります。弁護士に相談したいけど、どんな相談なら弁護士にすべきなのでしょうか。

離婚の無料相談で弁護士に相談すべきと言えるのは次に当てはまる人です。

  1. 離婚後の生活のために財産分与や慰謝料、養育費を増やしたい
  2. お互いに離婚条件(財産分与・慰謝料・親権・養育費)で譲らずに揉めている
  3. 離婚に時間や労力を割きたくない・相手と交渉をしてもらって今すぐ別れたい
  4. 確実に親権・養育費を取りたい
  5. モラハラやDVをする相手と交渉してほしい
  6. 相手の不倫やモラハラ、セックスレスに慰謝料を請求したい
  7. 慰謝料を請求したい・慰謝料を請求されている
  8. 養育費を支払わせたい・養育費を減額したい
  9. 相手に弁護士がついている
  10. 離婚をしたい・有利な条件で離婚したい・早く離婚したい

弁護士なら、こういった相談に対して法的なアドバイスをしてくれます。

お互いの言い分もあり、離婚条件で揉めたり、パートナーの不倫や言葉・態度で傷つけられたり、神経をすり減らしたり…新しい生活の準備をしたりと、離婚は非常に労力を使います。

そんなときに弁護士に依頼すれば、相手との交渉、離婚の手続きなどをお任せできるので、揉めずにスピード解決が期待でき、あなたは新しい生活の準備に集中できるでしょう。

当サイト「離婚ナビ」からの相談実績12万件超

電話無料相談できる弁護士を多数掲載
離婚問題得意な弁護士の中から相談先を探す↓

北海道・東北

北海道青森岩手宮城秋田山形福島

関東 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
北陸・甲信越 山梨新潟長野富山石川福井
東海 愛知岐阜静岡三重
関西 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

一方で、「離婚すべきかわからない…」「まだパートナーを愛している」といった内容でお悩みであれば、弁護士よりもカウンセラーや、離婚カウンセラーに相談することをおすすめします。

きっと、夫婦関係を改善するアドバイスを、心理学的な観点からしてもらえるでしょう。

【参考】離婚相談[高橋 知子]悩みカウンセリング

【弁護士によるQ&A】離婚問題に関するよくある質問と回答例

ここでは、離婚問題に関するよくある質問を、「虎ノ門法律経済事務所池袋支店」の齋藤健博弁護士にお答えいただきます。

Q1:離婚時の財産分与、子供の貯金や夫婦名義の住宅ローンはどうすればいいの?

離婚時の財産分与についてご相談です。財産分与には、子供のための預貯金も含まれますか?

また夫婦名義で購入したマンションのローンが残っており揉めています。頭金は自分が支払いましたので、残りを相手に支払ってもらうことはできますか?

齋藤弁護士

子どものための預貯金も含まれます。子が稼いだお金ではなくて、夫婦共有財産の集積であると考えられるからです。頭金は特有財産と言って、そのまま帰ってくるので、残りがどの程度あるかによりますね。

Q2:結婚してから家にお金を入れてくれないけど、離婚時請求できる?

結婚してから、ずっと家にお金を入れてくれません。モラハラすることもあり、耐え兼ねて離婚をしようと思っているのですが、今まで出した生活費の請求はできませんか?

齋藤弁護士

今までの生活費は困難ですが、ずっと家にお金を入れてこないのであれば、将来における生活費、婚姻費用の請求は可能です。

Q3:別居していた相手が不倫・不倫相手に慰謝料請求・会社を辞めさせられる?

夫婦関係を見直すために別居していましたが、先日相手が不倫していることがわかりました。証拠は相手が自白したことだけですが、不倫相手は同じ会社だということがわかっています。不倫相手に慰謝料を請求して、会社を辞めさせることはできますか?

齋藤弁護士

会社を辞めさせることは難しいです。貞操権を侵害した場合に成立する不法行為が、会社との雇用関係に対して影響を与えることはありません。しかし、任意に会社をやめるというのであれば別です。

Q4:養育費を求めない代わりに得た親権、後から養育費は請求できる?

離婚時に養育費を請求しない代わりに、親権を取りました。後から養育費を請求することはできますか?相手の年収は300万円ですが、500万円の借金があります。どうすればいいですか?

齋藤弁護士

できます。毎月発生する性質の定期給付債権になります。

離婚問題・自分を責めて一人で抱え込まないで

「離婚 相談 24時間」などで検索をすると、2019年3月時点では、検索結果の1位に自殺に関するコンテンツが表示されます。こういったことからもわかるように、離婚の問題は深刻です。

離婚を意識した時につらいことは数多くありますが、その一つが、自信を失ってしまうことではないでしょうか。

結婚生活を続けられなかった、相手や子供を傷つけてしまった、相手から選ばれなかった、いい夫婦になれなかったなど、あらゆることで、自分がダメだと痛感してしまい、自分を責めてしまう。

そんな自分が恥ずかしくて、知られたくなくて、誰にも相談できない、理解されるはずがないと感じているかもしれません。

結婚生活は二人で築いていくものです、支え合っていくものです。誰にでも失敗があり、それもあなただけの責任ではありませんし、恥ずかしいことでもありません。

冒頭でお伝えした通り、年間20万組が離婚しており、それだけ離婚の悩みが存在します。あなたが一人ではないことを覚えておいてください。

体が病気になったら、ケガをしたら、きっと病院に行くでしょう。専門的な知識がなければ対応できないこともあります。

同じように、離婚でつらいこと、わからないことがあったら、カウンセラーや弁護士に相談をしてみませんか?

弁護士は、数多くの夫婦や離婚を見てきています。相談をすることで、気づくことや変化もあるでしょう。

あなたのケースに合った解決方法を一緒に考えてくれますし、何よりあなたの力となってくれるでしょう。

まとめ

誰かに相談をしたり、言葉を交わすことで、自分でも気づかなかった気持ちに気づいたり、思いを吐き出すことができ、頭や心がすっきりします。

自分になかった選択肢が開けることもあります。選択肢が見つかれば、自分がどうしたいのか、ヒントになるかもしれません。

どんな選択をするにせよ、あなたが後悔しないために、今この瞬間、一歩だけ踏み出してみませんか?

今あなたがやれることをやりきったなら、きっと一年後、こんなことで悩んでいたけど、後悔はないなと思えるでしょう。

離婚弁護士ナビは、無料相談を設けている弁護士事務所を多く掲載しています。メールでのお問い合わせは24時間受け付けていますので、ぜひ活用してみてください。

10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
弁護士費用保険のススメ
Cta_merci

離婚をするときに子供の親権や慰謝料、財産分与などで相手と揉めて、弁護士が必要となったときにかかる費用相場は、内容にもよりますが50~100万円ほどになります。
弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。


  • 相手に親権を渡したくない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士保険は、法律トラブルで弁護士に依頼したときの費用が補償されます。
離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題等でも利用することができます。

KL2020・OD・037

この記事の監修者
銀座さいとう法律事務所
齋藤 健博 (東京弁護士会)
男女問わず不倫問題全般を得意とし、円満解決の実績もあり。不倫が原因の男女トラブル、離婚慰謝料の請求や親権獲得など、幅広い相談に対応している。

慰謝料に関する新着コラム

慰謝料に関する人気コラム

慰謝料の関連コラム

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

慰謝料コラム一覧へ戻る