> 
 > 
 > 
不倫調査は探偵に頼むべき?役割・調査の流れ・報告書サンプル
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
2019.10.4

不倫調査は探偵に頼むべき?役割・調査の流れ・報告書サンプル

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
Img_1570177243

不倫の調査をしてくれる業者は探偵です。興信所と呼ばれることもありますが、基本的に両者は同じものだと考えていいでしょう。

 

「不倫の事実を突き止めて説教したい」と考えている方は、なんとかして自力で証拠を集めてみてもいいでしょう。

 

ただし、「証拠を使って離婚したい」「慰謝料を請求したい」など考えている人は探偵に依頼した方がいいでしょう。記事内で説明しますが、裁判で勝てるレベルの証拠が必要だからです。

 

この記事では、不倫における探偵の役割について全体的に説明していきます。役割や費用について、気になる人は読んでみましょう。

 

妻が浮気しているんじゃないか。。この際、ハッキリさせませんか?

浮気を理由に離婚するにしても、再構築するにしても、証拠がないことにはどうにもできません。

 

浮気の放置はやがて破局に繋がるのでやめた方がいいでしょう。

 

悩み続けるくらいなら、浮気調査のプロに一度相談してみましょう。

 

「原一探偵事務所」では専門のスタッフに24時間無料で相談できます。

【24時間受付】浮気調査の無料相談窓口はこちら

 

不倫を調査するのに探偵(興信所)が必要な理由

そもそも、不倫の調査を業者(探偵)に依頼する理由はどこにあるのでしょうか。

自力だと調査できないから

自分で不倫の調査ができるなら、あなたはこのページをみていないはず。

 

「不倫の調査を探偵に依頼しようかな…」と思い始める最大の理由は「自力では調査できないから」ではないでしょうか。

 

探偵は不倫調査のプロ。あなたには無謀に感じる調査も、探偵にはできてしまうのです。

 

【関連リンク:浮気・不倫慰謝料の請求に有力な証拠|証拠がなくても請求するには?

 

調査がバレると様々な悪影響があるから

あなたが自力で不倫を調査したとしましょう。

 

  • 配偶者のスマホをのぞいているところを見られた
  • 配偶者の荷物をあさっている所を見られた
  • 配偶者を尾行していたら見つかってしまった

 

『不倫を疑っていること』や『不倫の証拠を掴もうとしていること』がバレたら、もう元の関係には戻れないかもしれません。

 

浮気をやめてもらいたかっただけなのに、それが原因で破局…なんてこともあります。

 

また、配偶者はあなたが不倫を疑っていることを知ったら、より巧妙に、ばれないように不倫をするかもしれません。証拠を掴むのが更にむずかしくなります。

 

逆ギレされる可能性もあるし、自力で調査することには多くのリスクが付きまとうのです。

 

法的手段を取るなら完璧な証拠が必要だから

記事の最後の方で詳しく説明しますが、法的手段(離婚、慰謝料など)をとるには完璧な証拠が必要です。

 

法的には、不倫とは『配偶者以外と性行為やこれに類する行為をすること』なので、『誰と誰が・いつ・どこで性行為をしたか』わかる証拠でないといけません。

 

目安としては、『裁判になっても勝てるレベルの証拠』が必要です。裁判で負けるレベルの証拠では、相手もシラを切ることができるからです。

 

「慰謝料が欲しいなら裁判でも起こしたら?」と言われなくても済むような証拠を用意するには、やはり探偵の力が必要です。

 

【関連リンク:不倫裁判で慰謝料請求する3つのメリット|有利な手順とは

 

不倫の調査にかかる費用は~100万円くらい

浮気調査に必要な費用は人によって大きく違います。

 

  • Aさん→毎週土曜日にお泊りにいくので、それを尾行して欲しい
  • Bさん→不倫をしている気がするので、調査して欲しい

 

Aさんの場合はうまくいけば一晩で調査が終わりますが、Bさんは調査にある程度の時間がかかります。調査が長くなればもちろん費用は高くなります。

 

ここでは、『探偵事務所の代表的な料金システム2つ』について紹介します。

 

①時間制の場合にかかる費用

ざっくりいえば、『調査にかかった時間×時間当たりの料金』で計算されるシステムです。

 

もう少し細かく説明します。

 

  1. 調査員1人に対する1時間あたりの料金×調査に導入した調査員の人数
  2. 調査が終わるまでにかかった時間
  3. 調査に必要とした諸経費

 

①~③を合計したものが調査料金になります。

 

③は「交通費」や「宿泊費」などが代表的ですが、事務所によって若干異なります。

 

試しに、調査料金として高くも安くもない、『調査員1人/1時間¥7,500』で5時間調査した場合の料金を計算してみます。

 

内訳

金額

調査員の人数(3人)

¥7,500×3

5時間調査

¥22,500×5h

合計

¥11,2500

 

導入する調査員の人数や調査時間によって変わりますが、「1日調査したら10万円くらいはかかる」と考えておくといいかもしれません。

 

②パック料金制の場合にかかる費用

パック料金の場合は『1日◯円』とあらかじめ決められており、諸経費もすべて含まれているものを想像するといいでしょう。

 

例として『原一探偵事務所』の場合、1日の調査料金は『8万円』で他に追加料金がかかることはありません(初回だけ基本料金がかかります)。

 

調査が2~3時間程度で済む方はパック料金制を選ぶ必要はありませんが、長期的な調査を予定している場合にはパック料金の方がお得かもしれません。

 

探偵が不倫調査を完了するまでの流れ

探偵が不倫の調査を終えるまでの流れを説明します。

①メールや電話で相談する

まずは探偵事務所にメールや電話を使って相談しましょう。

 

  • どうして不倫をされていると思うのか(きっかけなど)
  • 不倫の証拠を掴んだあとはどうしたいのか

 

この2点について相談するのがおすすめです。

 

探偵は不倫を調査する業者なので、『お悩み相談』になりすぎないようにしましょう

 

②事務所で相談 or 見積もりをもらう

メールや電話で相談したあとは、『事務所に足を運んで具体的な相談を進める』か『いくらくらいかかりそうか一旦見積もりをもらって』ください。

 

事務所が近所にある人は足を運んでもいいですが、そうでない人はメールで見積もりをもらうのがおすすめです。

 

ここで注意したいのは2点。

 

  1. 複数の事務所に見積もりをすること
  2. 追加料金に対する説明を受けること

 

料金の相場を理解するためにも、いくつかの事務所に見積もりをとるのがいいでしょう。また、事務所の規模感や信用性を調べるのも大切です。

 

見積金額が安かった事務所に依頼しても、追加料金が加算されて結果として割高になるかもしれません。トラブルを防ぐためにも、追加料金に対する説明はきちんと受けておきましょう。

③見積もりの金額に納得したら契約・調査開始

見積りの金額に納得出来たら、契約・調査開始です。

 

調査の経過などはその都度教えてもらえますが、「今○○ホテルに2人で入っていきました」などのようなリアルタイムな報告は受けられません(基本的には)。

 

冷静さを欠いた依頼者が現場に押し掛けてしまうと、調査を続行することが困難になったりするからです。

 

調査が始まったら、事務所から連絡があるまではじっとこらえて待ちましょう

 

④調査報告書を受け取る

調査が終わったら、『調査報告書』という形で正解を受け取ります。調査報告書のサンプルをご覧ください。

 

このように、調査報告書には対象者の行動が画像付きで細かく記されています。

 

 

また、依頼内容次第ですが、不倫相手の名前や住所、職場も調べることができます。

 

⑤支払い

調査が完了したら支払いをすることになります。必ずしも調査後に支払うものではなく、『前払い』『後払い』の事務所があることを覚えておきましょう。

 

多くの探偵事務所では『クレジットカード払い』や『分割払い』が可能です。

 

予算が心配な人はあらかじめチェックしておくといいでしょう。

 

妻が浮気しているんじゃないか。。この際、ハッキリさせませんか?

浮気を理由に離婚するにしても、再構築するにしても、証拠がないことにはどうにもできません。

 

浮気の放置はやがて破局に繋がるのでやめた方がいいでしょう。

 

悩み続けるくらいなら、浮気調査のプロに一度相談してみましょう。

 

「原一探偵事務所」では専門のスタッフに24時間無料で相談できます。

【24時間受付】浮気調査の無料相談窓口はこちら

 

探偵に不倫調査をした人の声

探偵に不倫の調査を依頼した人の声を紹介します。

 

調査員の方が話しやすい方だったので依頼することにした

初めはとても不安でした。でも相談員の方が話しやすい方だったので調査を依頼する事にしました。

 

調査中の経過報告も分かりやすかった。証拠もしっかり撮れていて、その後のアフターカウンセリングは、とても参考になるアドバイスをしていただき、本当に感謝しています。ありがとうございました。

 

【引用:お客様の声 – HAL探偵社

 

安心して調査をまかせられた

『御社に依頼して本当に良かったと思います。調査を担当してくださった方も、大変熱心で説明や経過報告等も非常に分かりやすく、安心してお任せできました。そして、何より問題が解決できたことが、とても嬉しいです。ありがとうございました。』

 

【引用:お客様の声 – FUJIリサーチ

 

自力での調査は不可能だと感じていた

『夫から突然、なんの前触れもなく離婚したい旨を伝えられたので他の女の存在を疑いTS探偵社に調査依頼を行いました。

 

普段、帰りが遅くなっても詮索は一切してこなかった為、夫が仕事帰りに誰と何をしているのか把握していませんでした。

 

そこで尾行調査などを依頼して徹底的に調査をしてもらう事にしたのです。

 

仮に離婚になるとしても、浮気が原因なら徹底的に争ってやるつもりだったので、プロにしっかりとチェックしてもらいました。

 

案の定、会社の部下と浮気をしており、半同棲の様な生活を送っていました。

 

こちらに調べてもらったおかげでキッパリと離婚に踏み切れたので感謝しています。』

 

【引用:総合探偵社TSの口コミ・評判 – みん評

 

探偵が証拠を掴んだあとに起こせる法的手段

これは調査後の話になりますが、探偵が不倫の証拠を掴んだあとは、以下のような法的手段をとることが可能です。

 

離婚を求める

不倫行為がある場合、配偶者に対して一方的に離婚を求めることも可能となります(ただし、絶対に離婚できるわけではありません。)。

 

慰謝料を求める

不貞行為があれば、不貞行為の当事者(配偶者と不倫相手)双方に慰謝料を請求することが可能です。また、婚姻関係ではなく、婚約関係に過ぎない場合にも、慰謝料請求ができる場合があります。

 

離婚を阻止する

基本的に、不倫をした側からの離婚請求は認められません。不倫の証拠を掴むことは、相手からの離婚請求を阻止する手段にもなり得ます。

 

【関連リンク:離婚慰謝料を徹底解説|相場・請求できるケース・証拠・税金・時効まで

まとめ

記事内の重要なポイントについてまとめました。

 

  • 不倫を調査するプロの業者は探偵(興信所)
  • 不倫を自力で調査するのは危険だから探偵に依頼した方がいい
  • 裁判に勝てるレベルの証拠がないと法的手段はとりにくい
  • 不倫調査の費用は1日10万円くらいを目安に
  • 追加料金に注意、見積もり時に確認すること

 

『私は間違いなく不倫されている』と感じている方は調査を依頼してもいいでしょう。

 

逆に、確信が持てない方は、「どうして不倫されていると思うのか・不倫されていたらどうしたいのか」を考えたうえで、一度無料相談を利用してみるといいかもしれません。

妻が浮気しているんじゃないか。。この際、ハッキリさせませんか?

浮気を理由に離婚するにしても、再構築するにしても、証拠がないことにはどうにもできません。

 

浮気の放置はやがて破局に繋がるのでやめた方がいいでしょう。

 

悩み続けるくらいなら、浮気調査のプロに一度相談してみましょう。

 

「原一探偵事務所」では専門のスタッフに24時間無料で相談できます。

【24時間受付】浮気調査の無料相談窓口はこちら
10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

不倫に関する新着コラム

不倫に関する人気のコラム

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

不倫コラム一覧へ戻る