ベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ) > 離婚コラム > モラハラ > モラハラの後遺症の症状とは?加害者に損害賠償請求はできる?
キーワードからコラムを探す
更新日:

モラハラの後遺症の症状とは?加害者に損害賠償請求はできる?

社内弁護士監修
監修記事
モラハラの後遺症の症状とは?加害者に損害賠償請求はできる?
「モラハラ」が得意な弁護士に相談して悩みを解決
「モラハラ」が得意な弁護士に相談して悩みを解決!

お悩み内容から探す

Free consult btn

モラハラは、後遺症として症状が残るケースがあります。

しかし、モラハラの後遺症は多くの方に知られていないため、自分の症状が後遺症だと気づいている方は少ないでしょう。

また、モラハラの後遺症によって新しい生活のなかで支障が出ている方もいるのではないでしょうか。

本記事では、どのような症状がモラハラの後遺症なのかについて解説します。

あわせて、モラハラの後遺症で損害賠償請求ができるのかについても解説します。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ離婚で
モラハラ問題に強い弁護士を探す

モラハラでこんな症状が出たら後遺症の可能性

過去にモラハラを受けていて、そのショックが大きいものだった場合、後遺症になるケースがあります

しかし、モラハラの後遺症は単に体調不良だと感じてしまうケースがあるため、自分では後遺症だと気づきにくいです。

以下で、モラハラの主な後遺症の症状を解説するので、過去にモラハラを受けていた方は、自分に当てはまるかどうかチェックしてみてください。

食欲不振・不眠

食欲不振や不眠は、モラハラの後遺症のひとつです。

たとえば、モラハラから解放されたにも関わらず、食欲が出なかったり、夜にモラハラを思い出して眠れなかったりするのであれば、モラハラの後遺症だと考えてよいでしょう。

また、寝ている間にモラハラの夢を見て起きてしまうのであれば、後遺症と考えられます。

食欲不振も不眠も日常生活に支障をきたしてしまうので、長く続く場合はできるだけ早く医師に相談してください。

人間不信

人間不信もモラハラ後遺症のひとつです。

モラハラの言動として、信じていたパートナーから冷たい態度や威圧的な態度をとられたりすることもあります。

そのため、パートナーではない友人などに対しても「不快なことをしてしまうことで突き放されてしまうのではないか」「不快なことをしてしまうことで態度が豹変してしまうのではないか」と考えてしまうのです。

どれだけ周りから親切にされても「この人も自分に対してきつくあたる人なのかもしれない」と想像してしまい、自己嫌悪に陥ることもあるでしょう。

このように、対人関係に支障が出ているのであれば、モラハラの後遺症と考えられます。

加害者との関係を戻したくなってしまう

モラハラ後遺症のひとつとして、加害者とよりを戻してしまいたくなるケースがあります。

モラハラ被害者には、常に「不安」がつきまとうからです。

たとえば、パートナーから「お前はダメだ」「一人では何もできない」と言われ続けることによって生まれた「自分は何もできない」という不安は、パートナーから離れたあとでも「やはりあの人といたほうがよかったのではないか?」という考えに至ります。

そのため、たとえ離婚をしていても、加害者とのつながりや依存を求めてしまう場合があるのです。

自分の感情をコントロールできない

感情が不安定になり、自分の喜怒哀楽をうまくコントロールできない症状も、モラハラ後遺症のひとつです。

日常生活のなかで、急に怒ったり泣き出したりしてしまう症状は、モラハラ後遺症と考えてよいでしょう。

これは、モラハラ状態から脱却し、抑圧されていた感情が表に出てしまうことが原因だと考えられます。

考えられるモラハラの後遺症

モラハラ後遺症の症状にあてはまる場合は、何かしらの病気になっている可能性があります。

とくに多いのは、うつ病やパニック障害です。

そのほかにもモラハラが原因で身体的・精神的な病気に陥っている可能性があるので、少しでも後遺症の症状が出ている場合は、一度心療内科や精神科を受診し、自分が何らかの病気にかかっていないかを把握しておきましょう

PTSD(心的外傷後ストレス障害)

PTSD(心的外傷後ストレス障害)は、主に死の危険に直面したときに、その体験が自分の意志とは関係なくフラッシュバックのように思い出される病気です。

フラッシュバックすることで、不安や緊張が高まってしまいます。

主に「死の危険に直面したとき」に起きるといわれていますが、強い恐怖感を受けるモラハラでも同じような症状が起きます

具体的な症状は、以下のとおりです。

  1. 再体験症状:思い出したくない記憶を反復して思い出してしまう/今体験しているような状態になってしまう
  2. 回避症状:苦痛になりそうな場所・時間・人間を避けようとする/自分の感情で記憶を思い起こさないように感情を抑えてしまう
  3. 過覚醒症状:イライラしやすくなる/物事に集中できなくなる

さらに、モラハラ後遺症の場合は「複雑性PTSD」と呼ばれ、上記の症状のほかに「感情のコントロールができない」「自分を否定したり傷つけたりする」という症状がみられることがあります。

うつ病

自分に自信をもてなかったり自分を否定してしまったりするような状態は、モラハラ後遺症が原因の「うつ病」の可能性があります。

初期症状としては、ストレスによるイライラ感や倦怠感、不眠、食欲不振程度です。

しかし、症状が進行すると、抑うつ状態となり「自分が全て悪い」「自分は価値のない人間だ」と自分を責めるようになります。

常にやる気が起きない状態であるため、日常生活や仕事にも支障をきたしてしまうでしょう。

パニック障害

パニック障害は、突然理由もなくめまいや動機、呼吸困難の症状におそわれ、激しい不安や恐怖が発作的に起こる病気です。

身体的な症状が先に出るか精神的な症状が先にでるかには、個人差があります。

呼吸困難になってから不安を感じる方もいれば、不安を感じてから呼吸困難になる場合もあります。

発作の症状自体は数十分から1時間で治まるケースがほとんどですが、仮に病院に行ったとしても「どこも悪くない」と診断されてしまうでしょう。

もし、このように明らかに症状が出ているにも関わらず「どこも悪くない」と言われてしまう場合は、パニック障害になっている可能性が高いです。

摂食障害

モラハラによって、摂食障害になるケースもあります。

摂食障害とは、極端な食事制限をしたり体重増加を防ぐための行動を繰り返したりしてしまう病気です。

医療の世界では、極端な食事制限をおこなう摂食障害を「神経性食欲不振症」、体重増加を防ぐための行動を繰り返す摂食障害を「神経性過食症」と呼びます。

摂食障害は、主にパートナーから体型について指摘されたり暴言を浴びせられたりすることで起きる可能性があります。

パートナーと離れたあとも自分の体型に自信をもてず、過剰な行動に走ってしまうのです。

依存症

モラハラによって依存症を招く可能性があります。

なぜなら、モラハラは被害者の生きる軸にもなってしまうからです。

モラハラを受けている間は「パートナーのために」という気持ちが働き、常に不安ややらなければいけないことで頭の中が埋め尽くされます。

しかし、パートナーと離れてしまうことによって、自分が何をしたらよいのかわからなくなってしまうのです。

その心の隙間を埋めるために、アルコールやギャンブルなど、さまざまものに依存してしまいます

カサンドラ症候群

カサンドラ症候群とは、アスペルガー症候群をもつパートナーとコミュニケーションを築けないために生じる、身体的・精神的症状を表す言葉です。

カサンドラ症候群による身体的・精神的な症状には個人差があり、少しの体調変化で済むケースもあれば、日常生活を送ることが難しくなるほど重症になる場合もあります。

カサンドラ症候群の代表的な主な症状は、以下のとおりです。

  1. 片頭痛
  2. めまい
  3. 体重の増加・減少
  4. 自己評価の低下
  5. パニック障害
  6. うつ
  7. 疲労感
  8. 自律神経失調症

パニック障害やうつも、カサンドラ症候群のひとつです。

ただし、先述したように、カサンドラ症候群は、パートナーがアスペルガー症候群であることが前提になります。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ離婚で
モラハラ問題に強い弁護士を探す

モラハラの後遺症を克服する3つの方法

モラハラ後遺症は、日常生活にも支障をきたします。

そのため、できる限りで克服するための行動をとってみてください

どの程度の期間で回復するかは、モラハラ被害の程度や本人の性格によって異なるため、一概にはいえません。

しかし、何もせずに放置していると、後遺症が続くばかりか悪化してしまう恐れもあります。

以下で3つの克服方法を解説するので、モラハラ後遺症の自覚がある方は、ぜひ参考にしてください。

心身ともに休む

精神的なモラハラ後遺症の症状に悩まされている場合は、まずはゆっくり休む時間をとりましょう

弱った心や体を癒すには、何よりも休息が必要です。

今後の行動や後遺症との向き合い方に悩んでしまうかもしれませんが、今の弱っている状態では、冷静な判断ができません。

そのため、焦って答えを見つけようとせず、今は頭をすっきりさせることだけに集中してください。

人によっては、時間が解決してくれるケースもあります。

自分を追い込めば追い込むほど不安は強くなってしまうので、自分のペースで向き合っていきましょう。

趣味や仕事など夢中になれるものを見つける

モラハラのトラウマを克服するには、気持ちを切り替えて前向きな思考にすることが大事です。

モラハラ加害者と離れた生活であれば、自由な時間を確保しやすく新しいチャレンジもしやすい環境なので、仕事や趣味など、夢中になれるものを探してみましょう

何か新しいことに打ち込むことで、毎日の生活に張りが出ますし、新しい仲間もできます。

また、夢中になれることがあれば、依存症防止にもなります。

今までできなかったことに挑戦して、少しずつ過去の嫌な記憶を薄れさせていきましょう。

カウンセラーや医師に相談する

何をしてもモラハラ後遺症のトラウマが克服できない場合は、無理に自分でどうにかしようとせずに、専門家の診察と治療を受けましょう

大きなトラウマがある場合には、どれだけ休んでも新しい仕事や趣味に没頭しても、克服できない場合があります。

とくに、すでにうつ病を発症している場合は、早めの治療が大切です。

主な受診先は、心療内科や精神科となります。

治療方法は投薬のほか、行動療法などもありますが、どの治療が適切かは人によって異なります。

また、治療を開始してから克服できるまでの期間も人によって異なるので、一概にどれくらいの期間で回復するとはいえません。

しかし、そのまま放置しておくと症状が悪化してしまう恐れがあるので、まずは一度診察してもらいましょう。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ離婚で
モラハラ問題に強い弁護士を探す

モラハラの後遺症で損害賠償請求はできる?

元パートナーのモラハラが原因で後遺症になっているのであれば、損害賠償できる可能性はあります

しかし、難易度は高いです。

以下では、モラハラ後遺症で損害賠償請求をおこなうポイントや注意点について解説します。

モラハラ後遺症の損害賠償請求は証拠・因果関係が重要

モラハラ後遺症で損害賠償請求をおこなうには、証拠と因果関係が必要です。

過去のモラハラによる症状であると断言できる証拠や因果関係がなければ、損害賠償請求を認めさせるのは難しいでしょう。

実際に症状が出ていると主張しても「当時から時間が経過しているのだから因果関係はない」と主張されてしまう可能性もあります。

損害賠償請求ができないわけではありませんが、過去のモラハラが原因となると、難易度はかなり高いです。

慰謝料請求の時効は3年

元配偶者に対して、モラハラ後遺症で損害賠償をおこなう場合は、離婚から3年以内に請求をおこなわなければいけません

なぜなら、民法724条により損害賠償請求権の時効は、損害および加害者を知ったときから3年と定められており、離婚慰謝料の請求権は離婚時から3年で消滅するとされているからです。

そのため、たとえモラハラ後遺症があった場合でも、離婚から3年経過しているのであれば損害賠償請求はできません

ただし、3年の間に裁判を起こせば時効の完成は猶予されます。

慰謝料を請求できる可能性がある場合は弁護士に相談

後遺症の原因が元配偶者から受けたモラハラだと考えられる場合は、なるべく早めに弁護士に相談しましょう。

元配偶者に対する損害賠償請求の難易度は高いですが、まったく認められないわけではありません。

離婚が成立して比較的間もない時期であったり、モラハラを裏付ける証拠(元配偶者とのメールやSNS等のやり取り、暴言を録音した音声データ、モラハラを受けていた当時につけていた日記やメモまたは友人や家族に相談したメールやSNSのやり取りなど)や現在の症状の原因はモラハラであるとの医師の診断があるケースであったりすれば、損害賠償請求をできる可能性はあります。

しかし、これらの証拠を集め、証拠に基づいて主張を考えるのは被害者一人では難しいです。

弁護士に依頼すれば、損害賠償請求の可否を判断できるうえに、証拠集めのアドバイスなどもおこなってくれます

モラハラや後遺症で悩んでいるなら弁護士に相談

モラハラ後遺症による損害賠償請求は難しいですが、ご自身で可否を判断せず、一度相談してみてから決めましょう

場合によっては、損害賠償請求ができる可能性もあります。

もし今回解説した症状に当てはまっていて、その原因が過去のモラハラだと感じるのであれば、一度弁護士に相談してみてください。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ離婚で
モラハラ問題に強い弁護士を探す
10秒で検索!離婚・男女問題が得意な弁護士を検索
お住まいの都道府県を選ぶ
お悩みの問題を選ぶ
弁護士を検索する
東京
神奈川
千葉
埼玉
大阪
兵庫
Office info 202310311214 46771 w180 春田法律事務所 東京オフィス(虎ノ門・新橋)

【LINE無料相談がお勧め】◆早く離婚したい◆慰謝料を減額したい◆不倫の責任をとらせたい◆家族や会社に知られたくない◆早く解決して日常に戻りたい

事務所詳細を見る
Office info 202312052249 84141 w180 東京離婚弁護士法律事務所

離婚弁護士ランキング全国1位獲得★【日本で唯一「離婚」の名を冠した事務所】経営者/開業医/芸能人/スポーツ選手の配偶者等、富裕層の離婚に強み!慰謝料相場を大きく上回る数千万億超えの解決金回収実績多数!

事務所詳細を見る
Office info 202406061620 91991 w180 【メール問合せ24時間受付中】ベリーベスト法律事務所

メール相談は24時間365日受付中】離婚問題でお悩みの方へ。離婚専門チームがあるベリーベストがあなたのお悩み解決のお手伝いをします。信頼性とプライバシーを守りながら、解決の一歩を踏み出しましょう。初回相談60分0円

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士費用保険のススメ
Cta_merci

離婚をするときに子供の親権や慰謝料、財産分与などで相手と揉めて、弁護士が必要となったときにかかる費用相場は、内容にもよりますが50~100万円ほどになります。
弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。


  • 相手に親権を渡したくない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士保険は、法律トラブルで弁護士に依頼したときの費用が補償されます。
離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題等でも利用することができます。

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
この記事の監修者
社内弁護士監修
この記事は、株式会社アシロの『離婚弁護士ナビ編集部』が執筆、社内弁護士が監修しました。

モラハラに関する新着コラム

モラハラに関する人気コラム

モラハラの関連コラム

編集部

本記事はベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ)に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

モラハラコラム一覧へ戻る
弁護士の方はこちら