国際離婚が得意な弁護士に依頼するメリットと弁護士の選び方

~いざという時の備えに~離婚コラム

 > 
 > 
 > 
国際離婚が得意な弁護士に依頼するメリットと弁護士の選び方
キーワードからコラムを探す
離婚コラム
2017.4.10

国際離婚が得意な弁護士に依頼するメリットと弁護士の選び方

Pixta_24034166_s_(1)

せっかく幸せな結婚したのに、文化の違いからや価値観の相違からズレが生まれ離婚をしてしまう国際結婚カップルは年間で13,000組もいます。残念ながら、国と国との壁は越えられなかった夫婦が多く存在するのでしょう。

 

もし、あなたが国際離婚をお考えであればいち早く弁護士に相談することを強くおすすめします。国際離婚ならではの注意点や場合によってはご自身だけで解決するには難しいこともあるからです。そこで、今後の参考になる弁護士の正しい選び方をお伝えしたいと思います。

 

離婚問題が得意な弁護士を地域から探す

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

 【目次】
 国際離婚が得意な弁護士に依頼するメリットとは?
正しい離婚方法を見出してくれる
難しい手続きを任せられる
英語が堪能・コミュニケーション力が高い
法律のプロなので日本以外の法律でも対応できる
国際離婚に強い弁護士に依頼したときの費用
法律相談料
着手金
報酬金
雑費
その他
国際離婚が得意な弁護士の選び方
国際離婚に注力しているか
連絡はマメか
全ての弁護士に共通すること
まとめ

 

 国際離婚が得意な弁護士に依頼するメリットとは?

国際離婚の案件を弁護士に依頼するメリットを考えてみましょう。

 

正しい離婚方法を見出してくれる

離婚成立に向けて、どういった方法をとるべきか弁護士が導いてくれるという点は大変心強いと思います。また、実績のある弁護士であれば過去の経験を生かし、状況に応じて適格な行動をとってくれます。

 

難しい手続きを任せられる

相手が外国人の場合、相手の国によっては日本の法律に沿って離婚ができるのかという問題が浮上してきます。また、子どもがいる場合は国籍の問題も考えられます。こういった難しい問題や手続きも弁護士がいれば安心して任せることができますね。

 

以下に国際離婚の手順を載せましたので弁護士に依頼する前の段階で一読することをおすすめします。

 

国際離婚の全手順|日本で国際離婚を進める方法

国際結婚をした人が離婚する際の手続きに関する基礎知識

 

英語が堪能・コミュニケーション力が高い

弁護士事務所によっては英語が堪能で外国人とのコミュニケーションを得意とする弁護士がいる場合があります。日本語が苦手な相手だとしても、これでやり取りの面での不安は消えますね。

 

法律のプロなので日本以外の法律でも対応できる

相手が外国人の場合、日本の法律では離婚が成立しない場合があります。しかし、弁護士は法律のプロなので、こういった問題にもきちんと対応することができます。1人だけでは心配なことも常に弁護士に相談できるのが大きなメリットと考えられるでしょう。

 

国際離婚に強い弁護士に依頼したときの費用

基本的には一般的な弁護士費用と変わりありませんが、国際離婚の案件を依頼した際にどのくらいの費用がかかるのかお伝えしたいと思います。

 

法律相談料

法律相談料は、弁護士に相談するときに発生する料金です。料金は弁護士事務所によって異なりますが、30分5,000円~1時間10,000円と設定しているところが多いようです。理由として、日本弁護士連合会が作成していた報酬等基準を現在も参考に料金設定をしているためです。

 

こちらは弁護士法の改正に伴い2004年4月1日に廃止されましたので現在では料金設定は自由に行えることができます。それにより、相談料は無料にしてある弁護士事務所も多く出てきました。

 

参考:(旧)日本弁護士連合会報酬等基準

 

着手金

弁護士が依頼された案件に取り組む際に支払うお金のことを着手金といいます。こちらの相場は20万円から60万円位となっていますが、事件解決の難易度により左右しますので必ずご自身で確認する必要があります。

 

また、協議離婚から調停に発展した場合は、はじめに支払った着手金の料金が加算されます。支払い済みの着手金の約2分の1の加算が予想されますのでご注意ください。

 

※(協議離婚…夫婦の話し合いにより解決をめざすこと)(調停離婚…家庭裁判所が間に入りながら、話し合いにより解決をめざすこと)

 

報酬金

弁護士に依頼した案件の成功度合いにより支払うお金を報酬金といいます。国際離婚が不成立となった場合にも契約によっては一部の報酬金を支払う必要がありますのでご注意ください。

 

経済的利益により決定する金額

経済的利益とは、弁護士が事件を解決したことで得た利益を表します。依頼した案件によって異なりますので、無事に解決した際にわかる金額となります。

 

以下の割合は、第二東京弁護士会報酬会規で定められたものを参考にしています。こちらは2016年3月31日に廃止しましたが、現在でもこの割合を参考にしている弁護士事務所があるようです。

 

経済的利益の額

報酬金

300万円以下の部分

16%

300万円を超え

3000万円以下の部分

10%

3000万円を超え

3億円以下の部分

6%

3億円を超える部分

4%

 

参考:第二東京弁護士会報酬会規

 

雑費

案件が終了するまでに支払う雑費について説明します。

 

交通費

弁護士が事務所を出て公務を行う際にかかった全ての交通費は依頼者が負担することになります。宿泊が伴った場合は、そちらの費用も支払う必要があります。

 

日当

弁護士が外部で公務を行った場合は、日当を支払わなければなりません。

1時間あたり1万円と設定している弁護士が多いようですが、こちらも弁護士によって異なりますので参考程度にお考えください。

 

切手・印紙代

弁護士が交渉相手に届けた書類に必要な切手や訴状を出した際にかかった印紙代の負担もします。

 

その他

依頼者が外国にいる場合は、弁護士が海外に郵送した際にかかった費用の負担もしなければなりません。相手が外国人の場合は通訳にかかった費用も支払います。

 

また、外国まで弁護士に来て欲しい場合は全ての費用を負担した上でお願いできる可能性もありますので、依頼する前に尋ねておくと良いでしょう。

 

参考:離婚弁護士の選び方|賢く離婚するための7つの心構え

 

国際離婚が得意な弁護士の選び方

国際離婚を得意とする弁護士を選ぶ場合のポイントをお伝えしたと思います。

 

国際離婚に注力しているか

先ほども説明したとおり、国際離婚は通常の離婚とは異なる問題が発生する場合があります。そのため、国際離婚に注力した弁護士を選ぶと良いでしょう。事務所によってはホームページにこれまで関わった国の一覧が載っている場合があります。ご自身の該当する国があるか確認してみると良いでしょう。

 

連絡はマメか

もし、外国から依頼する場合は電話やスカイプでのやり取りが必須になります。直接会うのが難しい分、連絡をまめに取ることができるかは重要部分になります。あまりに忙しい弁護士の場合、質問や相談を行った際の返事が遅いことがありますので、その点も初回相談の時点で確認すると良いでしょう。

 

全ての弁護士に共通すること

以下は国際弁護士に限らず、すべての弁護士に共通する良い選び方です。

 

  • 正直にすべてを話してくれるか
  • 親切かつ丁寧か
  • 相性は合うか
  • 経費の説明は十分か
  • 弁護士費用と質のバランスはどうか
  • アフターサービスまでしっかり行ってくれるか

 

もちろん、弁護士の過去の実績や知名度は着目すべき部分です。しかし、それだけにとらわれて大事なことを見落としてはいけません。大切なのは弁護士と依頼者との信頼関係です。仕事とはいえ、心が通じる相手を選ぶようにしてください。

 

詳しくは以下で説明していますので、ぜひご覧ください。

参考:離婚弁護士の選び方|離婚で負けないための7つの心構え

 

まとめ

国際離婚は通常の離婚に加え気をつけるべき点が増えますので、できれば早めに弁護士に相談することをおすすめします。ご自身で弁護士を探す場合は、ポータルサイトで国際離婚に強い弁護士を絞って探すと良いでしょう。

 

また、国際結婚をした夫婦のビザや離婚問題のサポートをしてくれるNPO団体もありますので、そちらもあわせて確認してみてください。

 

NPO法人国際結婚協会

国際離婚問題をサポートしてくれます。


離婚弁護士ナビ
当ホームページでは国際離婚を得意とする弁護士をしぼることができます。

 

参考:国際離婚の全手順|日本で国際離婚を進める方法

 

離婚問題が得意な弁護士を地域から探す

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

弁護士へのご相談で慰謝料などの増額が見込めます


離婚問題に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・慰謝料を獲得したい
・できるだけ増額請求をしたい
・不倫・浮気の証拠を集めたい
・親権を獲得したい

など、離婚に関わる問題でお困りの事を、【離婚問題を得意とする弁護士】に相談することで、離婚に有利な結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

国際離婚に関する新着コラム

国際離婚に関する人気のコラム


国際離婚コラム一覧へ戻る