弁護士白井可菜子 (法律事務所アルシエン)の事務所情報

離婚弁護士検索

 > 
 > 
 > 
弁護士白井可菜子 (法律事務所アルシエン)
Office_info_4361
Office_info_4361 Office_info_4362 Office_info_4363
弁護士事務所詳細
弁護士白井可菜子 (法律事務所アルシエン)
東京都
弁護士 白井可菜子 弁護士 

東京都 東京都千代田区霞が関3-6-15 霞ヶ関MHタワーズ2F

地図を見る
最寄 ●東京メトロ ・丸ノ内線、千代田線 「国会議事堂前」駅 3出口より徒歩4分 ・銀座線、南北線 「溜池山王」駅 8出口・9出口より徒歩6分 ・千代田線 「霞ヶ関」駅 A13出口より徒歩6分 ・銀座線 「虎ノ門」駅 5出口・6出口より徒歩6分

まずは、お気軽にお問い合わせください

0066-97356-4191 【通話料無料】

16時25分現在、営業時間内です。


Btn-inquiry
弁護士白井可菜子 (法律事務所アルシエン)
16時25分現在、営業時間内です。
電話で問合せする
0066-97356-4191
メールで問合せする
事務所所在地
東京都東京都千代田区霞が関3-6-15 霞ヶ関MHタワーズ2F

女性弁護士が離婚前の相談から調停まで丁寧・迅速に対応します!

今までに多くの悩みを抱えた相談者様に寄り添い、問題を解決して参りました。

 

また、ご依頼を受けるにあたっては、単に法的問題について処理をするだけではなく

相談者様の抱える不安を取り除き、安心を与えられることを心がけており

お一人お一人の相談者様の心情に寄り添った弁護活動に努めております。

 

離婚・慰謝料請求に踏み出せない方へ…

中には、離婚・慰謝料請求を考えているけれど踏み出せないという方も多いかと思います。

 

当事務所では、下記のような悩みも踏まえながら問題解決に努めておりますので、安心してご相談・ご依頼ください。

 

離婚したいけど今後の生活や子供が心配

養育費はもらえるのだろうか

精神的・金銭的負担を減らすためにも早期解決を目指したい

離婚後にトラブルが起きてしまうのではないか不安

 

1人で悩み、不安を募らせてしまうのではなく、親しい友人にお話しいただくような気持ちで頼っていただければ幸いです。

 

気軽に相談OK!じっくりお話を伺える面談相談がおすすめです

メールやお電話ですと、表面的なアドバイスになってしまうため、直接お会いして話を伺うことのできる面談相談をおすすめしております。

(営業時間9:00~18:00)

相談は30分5,000円です。本気で離婚・慰謝料請求を考えている方にとって、前向きな一歩を踏み出すためのアドバイスができるかと思います。ぜひ、面談相談をご利用ください。

営業時間外にお問合わせいただく際は、メールにてお願い申し上げます。

 

是非このような方はご相談ください!

 

離婚したいが、やり方・順序が分らない

夫・妻が不倫していた…、相手に慰謝料を請求したい

離婚したいが相手が応じない

相手が婚姻費用(生活費)を払ってくれない

DVまたはモラハラを受けていた

離婚後、相手方が子供に会わせてくれない

など

 

女性側はもちろん男性側の離婚も得意な弁護士です

弁護士白井は今まで女性の視点で多くの女性の離婚問題を解決に導いてきました。

 

離婚・不倫慰謝料請求の悩みは、相手の心情も把握しながら進めていくことで、依頼者様に優位な解決を目指すことができます。

 

豊富な経験から、女性の立場も理解しておりますため、男性側のサポートも得意です。

下記のようなお悩みも安心してお任せください。

 

妻との離婚を回避したい・遅らせたい

慰謝料を減額したい

妻から親権を勝ち取りたい

双方の関係を崩さず離婚したい

妻と早く離婚したい

 

 弁護士白井の著書

                                                     

弁護士が語る我が子の笑顔を守る離婚マニュアル ~円満離婚のススメ~

(2018年2月27日)

解決事例

1.生活費の支払いを拒否していた夫から婚姻費用を回収した事例

30代 女性

◆相談内容

夫がご相談者様と子供をおいて家から出ていってしまい、以降生活費を全く支払ってくれない。支払いを請求したところ、自宅のローンの支払いを止めていいなら支払ってやると言われてしまった。確かに自宅は夫名義でローンも支払っていて、支払いを止められてしまうと住むところが無くなってしまい困る。でも、生活費を全くもらえなくては生活ができない。貯金も底をつきそうであり、すぐに支払ってもらえるようにしてほしい。

 

●解決まで

自宅ローンを支払っていても、婚姻費用(生活費)を全く支払わないでいいわけではありません。そのため、すぐに家庭裁判所へ婚姻費用支払請求調停を提起しました。調停では、生活費が底を尽きそうであるため、速やかに支払いを開始してもらうえない場合には給料等の仮差押え等も辞さないことを伝えるなどしながら話し合いを進め、わずか2回の期日で無事に調停が成立し、成立した月の月末から支払を開始してもらえました。

 

2.不貞の証拠が不十分だったが、不貞相手から慰謝料を獲得した事例

30代 男性

◆相談内容

妻の携帯電話で、不倫と思われるメールを発見したが、妻は不倫を否定している。しかし最近不自然に帰りが遅いことがあり、明らかに不倫をしている。別れさせた上で相手に慰謝料請求をしたい。

 

●解決まで

事情を聞いたところ、メールも保存等はしていないとのことで、不貞の確実な証拠が存在しませんでした。そのため、まずは探偵を依頼し、不貞の確実な証拠をつかみました。その上で相談者の妻に来てもらってじっくり話しをし、改めて事実関係を確認したところ、不貞の事実を認めました。その後、相手方と接触を図り、妻本人も認めていること、探偵による調査結果があること、裁判にしても双方にメリットがないことを説明し、早期に慰謝料の支払いを認めさせるとともに、今後妻と接触をしないとの誓約書にサインをもらうことに成功しました。

 

3.DV被害に遭っていた妻について、裁判所による保護命令を得ると共に、離婚を成立させた事例

40代 女性

◆相談内容

夫からDVを受けており、離婚をしたいが拒否されている。隙を見て子と一緒に実家に逃げ帰ったが、夫からは無視をしても頻繁に連絡が来るし、危害を加えることを仄めかすメールも来る。実家の周りをウロウロしていたという目撃情報もあり、毎日怖くて日常生活もままならない。離婚すると共に、安心して生活できる環境を整えたい。

 

●解決まで

身の安全を図るため、すぐに警察に相談をしてもらうと共に、裁判所へDV保護命令を申立てました。裁判所へは、夫が実家付近を徘徊しており、実家の家族へも危害が加わる危険があることなどを説明し、相談者のみならず、お子様、実家のご家族についても接近を禁止し、また相談者に対する電話等による連絡も禁止する命令を発令してもらいました。その上で毎日の生活を建て直し、離婚調停に望みました。夫は当初DVなど行っていないと主張し離婚にも反対をしていましたが、証拠等からDVの事実はごまかし切れず、離婚は避けられないと悟り、最終的には離婚に応じました。

お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0066-97356-4191
メールで問合せする
弁護士事務所情報
事務所名法律事務所アルシエン
弁護士 白井可菜子 弁護士 
所属団体東京弁護士会
住所 東京都 東京都千代田区霞が関3-6-15 霞ヶ関MHタワーズ2F
最寄駅●東京メトロ ・丸ノ内線、千代田線 「国会議事堂前」駅 3出口より徒歩4分 ・銀座線、南北線 「溜池山王」駅 8出口・9出口より徒歩6分 ・千代田線 「霞ヶ関」駅 A13出口より徒歩6分 ・銀座線 「虎ノ門」駅 5出口・6出口より徒歩6分
電話番号0066-97356-4191 【通話料無料】
対応地域 東京
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :9:00〜18:00

弁護士経歴 2009年3月 明治大学法学部法律学科 卒業
2012年3月 明治大学法科大学院 卒業
2013年12月 最高裁判所司法研修所 修了(新66期)
2014年1月 法律事務所アルシエン 入所
その他取扱業務 債権回収・相続
著書および論文名 弁護士が語る我が子の笑顔を守る離婚マニュアル ~円満離婚のススメ~ (2018年2月27日)
お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0066-97356-4191
メールで問合せする
アクセスマップ
Btn-map-large