> 
 > 
 > 
 > 
東京スタートアップ法律事務所

東京スタートアップ法律事務所の事務所情報

Office_info_201904101334_23331
Office_info_201904101334_23331 Office_info_201904101334_23332 Office_info_201904101334_23333
弁護士 中川 浩秀 安田 剛 高島 宏彰
住所 東京都千代田区千代田区麹町6-6-2東急四谷ビル5F
最寄駅 JR中央・総武線「四ッ谷駅」 徒歩2分
定休日 無休 営業時間

平日:8:00〜23:00

土曜:8:00〜23:00

日曜:8:00〜23:00

祝日:8:00〜23:00

対応案件
離婚調停 財産分与 親権・養育費 DV・モラハラ 不倫慰謝料
対応体制
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。
お問合せはコチラから
ただいま営業中です
0066-97356-5721
受付時間: 8:00〜23:00
メールで問合わせ
東京スタートアップ法律事務所
10時06分現在、営業時間内です。
電話で問合せする
0066-97356-5721
メールで問合せする
事務所所在地
東京都千代田区千代田区麹町6-6-2東急四谷ビル5F

不倫・離婚問題へ注力しています|夜間・休日の相談にも対応

面談相談をお勧めしています|最後まで責任をもって対応いたします!

配偶者が離婚に応じてくれない、離婚には合意しているが、財産分与などの条件でもめている、親権、養育費を争っている、相手に慰謝料請求をしたい、または慰謝料されたなど離婚問題でお悩みの方、弁護士にご相談いただくことで早期解決できるケースがございます。

当事務所では、

「不倫慰謝料請求で相当な慰謝料額を獲得できた事案」

「長期の婚姻期間での離婚問題で適正な財産分与を得た事案」など

さまざまなケースでの解決実績がございます。離婚問題でお悩みの方、まずは当事務所の面談相談をご検討下さい。

ご相談いただきやすいよう、初回のご相談は無料となります。

当事務所では様々な離婚問題を多く取り扱っており離婚問題に注力しております。
ご相談者様の状況を親身にお伺いし、わかりやすい言葉で丁寧に説明することを常に心がけております。

また、相談者様がお話したくても「うまく説明できない」、「うまくまとめられない」などそういったご状況でも、しっかりと相談者様のご状況を汲み取りますので、ご安心下さい。

離婚を決意するにあたって、不安な事も多くあるかと思います。ご相談者様のご負担を少しでも早く解消できるよう、スピーディーに対応いたしますのでまずはお気軽にご連絡下さい。


 

不倫慰謝料請求|熟年離婚の財産分与を得意としています!

不倫の慰謝料請求をしたい|慰謝料請求された

  • 夫(妻)の不倫が発覚した・認めたので慰謝料を請求したい
  • 不倫が原因で離婚を決意した
  • 不倫相手への慰謝料を請求したい
  • 過去(3年以内)の不倫の慰謝料を請求したい
  • 法外な慰謝料を請求されている
  • 不倫が発覚したが、会社や周囲に知られずに解決したい


不倫問題では、慰謝料を請求する相手が不倫を否定する場合には、どのような証拠があるのかがとても重要となります。

ご相談いただいた際には、どのような証拠であれば有効であるのか、それを基に相手へどのような交渉を行うのが、ご相談者様が一番納得できる解決であるのかをお伺いいたします。
 

離婚時の財産分与に関して

  • 相手が財産を隠している可能性がある
  • 購入した不動産でもめている
  • 別居時の生活費を請求したい
  • 離婚は決まっているが退職金や年金は財産分与に含まれるのか


などの、お金に関する問題は特に揉めることが多く、当事者間での話し合いでは決めることができないケースも多くございます。

専業主婦の方であっても、財産分与を請求することができますので、離婚を決意された場合、まずはお問い合わせください。

婚姻期間中の事情や、ご状況をお伺いし、どの財産が分与の対象となるのか、また分与にあたりどう交渉を行うのか、ご説明いたします。
 

その他にも様々なケースの相談へ対応していおります。

  • 離婚後もきちんと養育費を支払ってほしい
  • 子供の親権を獲得したい
  • 話合いもなく、子供を連れて行ってしまった
  • DV・モラハラが原因で離婚したい
  • 少しでも早く離婚したい
    など
     

当事務所へ相談するメリット

  1. 離婚問題を多く取り扱っている弁護士が担当します。

    様々なケースの離婚問題を解決した実績のある弁護士だからこそ、ご相談者様お一人おひとりに沿った解決方法のご提案が可能です。

    ご依頼いただいた際には、原則として解決まで一貫して対応いたします。
     
  2. 不倫の慰謝料請求の解決実績多数、夜間や土日祝日も相談が可能です。

    ご家庭の事情やお仕事などで日中のご相談が難しい方にもお気軽にご相談いただけるよう、平日夜間や、土日祝日のご相談も対応が可能です。まずはお気軽にご相談ください。
     
  3. ご安心いただける料金プランをご準備させていただいております

当事務所ではご相談者様が安心してご依頼いただけるよう、料金を明確に提示しております。

着手金、報酬金ともに依頼者様の事情に応じて分割払いのご相談も承ります。

 

弁護士費用

以下は基本的な目安となります。弁護士費用の払い損にならないように費用体系を工夫しております。

クライアント様のご都合に合わせて事案ごとにお見積もりをお出しすることもできますので、お気軽にお問い合わせください。

相談料

初回1時間まで法律相談無料。

それ以降は30分ごとに5,000円(税別)。

離婚のご依頼

着手金/報酬金▼クリックで表示

着手金
・交渉:19万円
・調停:29万円(※1)
・訴訟:39万円(※2)

※1
交渉から調停に移行する場合、別途調停の着手金29万円がかかるわけではなく、追加着手金として10万円をお支払いただく運用としています。

※2
調停から訴訟に移行する場合、別途調停の着手金39万円がかかるわけではなく、追加着手金として10万円をお支払いただく運用としています。

成功報酬
・離婚成立時に10万〜50万円(※3)
・経済的利益の5%〜16%(※4)

※3
離婚すること自体に対する当事者間の争いの有無・程度によって異なるので、このように幅を持たせた記載とさせていただいております。面談にて詳しいご事情をお伺いした上で個別に設定させていただいております。

※4
経済的利益の金額によって異なるので、このように幅を持たせた記載とさせていただいております。面談にて詳しいご事情をお伺いした上で個別に設定させていただいております。

慰謝料請求のご依頼

着手金/報酬金▼クリックで表示

着手金
15万円(税別)

成功報酬
5万円(税別)+回収金額の18%

(請求する側)
当事務所では、顧客が弁護士費用の払い損にならないよう、安心してご依頼いただくために、着手金を極力抑える形でご依頼いただいております。
また、成功報酬はなるべく回収に成功して入金された金額からいただいております。
さらに、万が一成功報酬が獲得金額を上回った場合、成功報酬を回収金額まで減額させていただきます。

(請求されている側)
当事務所では、顧客が弁護士費用の払い損にならないよう、安心してご依頼いただくために、着手金を極力抑える形でご依頼いただいております。また、万が一着手金と成功報酬の合計金額(弁護士費用)が減額に成功した金額を上回った場合、弁護士費用を減額に成功した額まで減額させていただきます。

解決事例

事例①  婚姻、出産後まもなくして夫の浮気が発覚。
離婚調停により慰謝料・養育費・財産分与を獲得

◆相談内容◆
出産後まもなくして夫の浮気が発覚。また夫は給料のほとんどをギャンブル等につぎ込んでおり、生活費を入れないという問題も。

相談者は、離婚したいという明確な意思が有るものの、慰謝料や養育費を払ってもらえるか心配の為、離婚に踏み切れないという状況。また、その時点では夫と同居中でした。

◆弁護士の対応◆(▼クリックで表示)

ご依頼後、まず相談者に浮気の証拠を確保していただきました。

具体的には、

  • 夫の浮気相手の女性とのメッセージのやりとりをしている画面のスクリーンショット、
  • 可能な範囲で、夫がそれを認めている念書

​を獲得していただくことをお願いしました。

これらは慰謝料を払ってもらうための強力な武器になり、そして、それらの証拠を確保した上で別居に踏み出していただきました。

調停を起こした上で婚姻費用を支払ってもらいながら手続を進めていくことをご提案しました。調停では「不貞」という法定離婚事由とその証拠があるため、有利に交渉を進めることができました。

結果、慰謝料と相場より高い養育費、財産分与を獲得することができました。

事例②  交際していた男性に妻がいることが発覚し
相場より多額の慰謝料を獲得

◆相談内容◆
2年間交際していた男性に妻がいることが発覚し、それに伴い、慰謝料を請求したいとのことでした。

◆弁護士の対応◆(▼クリックで表示)

交際相手に配偶者がいた場合に回収できる慰謝料金額の相場は、一般にそんなに高額なものではありません。しかし、相談者が負った心の傷の大きさを考えると、少しでも多く回収する必要があると感じました。

そこで注目したのが、相手の男性に配偶者がいることです。

通常、相手の自宅に弁護士から通知を送るのですが、いきなり自宅に通知を送ってしまうと、配偶者がそれを見てしまい、不貞が配偶者に発覚する恐れがあります。

そうなると離婚という話になり、配偶者に対する慰謝料や財産分与によってこちらに支払う余裕がなくなってしまうと考えました。また、「妻にバレたくない」というのは先方が多めに慰謝料を払うためのインセンティブになります。

そこで、依頼者に説明の上、まずは携帯電話に電話をして話合いをするという手段を取りました。その後、粘り強く交渉を重ねた結果、裁判の相場より多額の慰謝料を獲得することができました。

事例③  長年我慢してきた性格の不一致から夫と離婚したいと考えるに至り、養育費と財産分与を獲得して離婚に至った事例。​

◆相談内容◆
DVや不貞などといった法律で定められた離婚事由があるわけではありませんでしたが、長年蓄積した不満から夫から心は離れ、ずっと離婚を考えていました。

しかし、子供が二人いたため、下の子供が中学を卒業するまでは、ということでずっと我慢してきました。

この度、下の子供が高校に進学したことを機に離婚に踏み出したいが、夫はそのことを受け入れてくれない、養育費や財産分与の話も進まない、とのことでご相談に来られました。

◆弁護士の対応◆(▼クリックで表示)

相談者様の離婚の意思は固いが夫は受け入れない様子だったので、このまま夫婦で話し合いを続けていても埒が明かないと判断しました。

そこで、離婚に向けて手続を進めていくことにしました。そこで、まずは経済的基盤を確保した上で別居していただくことを提案しました。

相手の配偶者にこちらが本気で離婚を考えていることを理解してもらうためと、万が一離婚に応じていただけない場合には一定の別居期間が必要となるからです。

また、別居期間中は夫は婚姻費用を支払わなければならないので、夫にとっても離婚へのインセンティブが働きます。

その上で調停を起こし、「このまま長引いても婚姻費用が積み重なるだけで、結果的に離婚となってしまう。

それなら早めに離婚に踏み切った方がお互いのためだ」というように交渉していきました。一筋縄ではいきませんでしたが、粘り強く交渉を続けた結果、一定金額の養育費の支払い・財産分与を獲得した上で離婚を成立させることができました。

事例④  不貞・DV・モラハラ夫との離婚​

◆相談内容◆
結婚以来、夫の不貞と暴力に長年苦しんできた相談者様が、離婚を決意されてご来所されました。依頼内容としては、夫との離婚及び財産分与・慰謝料請求でした。

◆弁護士の対応◆(▼クリックで表示)

ご依頼いただいてからクライアントにお願いしたことは、まずは緊急避難的に別居をして、その後DVの証拠を確保していただくことでした。

クライアントはこれまで夫から激しい暴力を受けてきていましたが、診断書はあるものの、夫がやったことを裏付けるような証拠がありませんでした。

不貞についても同様で、口頭では認めているものの、書面や客観証拠といった形には残っていない状況でした。

そこで、クライアントが家を出てから、あえてすぐには弁護士が入ったことを知らせる通知を送らずに、クライアント本人から手紙で、夫が自身の不貞や暴力についてどう思っているかを尋ねていただきました。

妻に戻ってきてほしい夫はまんまと、自身の不貞や暴力について謝罪し、家に戻ってくるよう懇願する内容の手紙を送ってきていました。

証拠が獲得できたので、調停を起こした上で婚姻費用を支払ってもらいながら離婚の手続を進めていくことをご提案しました。

調停では「不貞」「DV」という法定離婚事由とその証拠があるため、有利に交渉を進めることができました。結果、相場より高い慰謝料・財産分与を獲得することができ、無事に離婚をすることができました。

お問合せはコチラから
ただいま営業中です
0066-97356-5721
受付時間: 8:00〜23:00
メールで問合わせ
弁護士事務所情報
事務所名 東京スタートアップ法律事務所
弁護士 中川 浩秀 安田 剛 高島 宏彰
所属団体 東京弁護士会
住所 東京都千代田区千代田区麹町6-6-2東急四谷ビル5F
最寄駅 JR中央・総武線「四ッ谷駅」 徒歩2分
電話番号 0066-97356-5721  【通話料無料】
対応地域 埼玉県  千葉県  東京都  神奈川県 
定休日 無休
営業時間

平日 :8:00〜23:00

土曜 :8:00〜23:00

日曜 :8:00〜23:00

祝祭日:8:00〜23:00

お問合せはコチラから
ただいま営業中です
0066-97356-5721
受付時間: 8:00〜23:00
メールで問合わせ
アクセスマップ
Btn-map-large