> 
 > 
 > 
 > 
ブラスト法律事務所

ブラスト法律事務所の事務所情報

Office_info_201904241815_24631
Office_info_201904241815_24631 Office_info_201904241815_24632 Office_info_201904241815_24633
弁護士 福田 慎也
住所 東京都北区赤羽1-13-1ミドリヤビル6階
最寄駅 赤羽駅東口から徒歩1分
定休日 土曜 日曜 祝日 営業時間

平日:10:00〜19:00

対応案件
離婚前相談 離婚協議 離婚調停 財産分与 親権・養育費 DV・モラハラ 不倫慰謝料 男女問題
対応体制
  • 面談予約のみ
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。
お問合せはコチラから
営業時間外です
0066-97356-5871
面談予約のみ 受付時間: 10:00〜19:00
メールで問合わせ
ブラスト法律事務所
※00時12分現在は営業時間外となります。メール問合せのご利用をオススメします。
電話で予約する
0066-97356-5871
メールで問合せする
事務所所在地
東京都北区赤羽1-13-1ミドリヤビル6階

浮気慰謝料トラブルは成功報酬制で対応

お気軽にご利用頂くために、当事務所では、浮気慰謝料トラブルに関してはご相談料・着手金は原則無料(※内容によって適用されないケースもあります)とし、解決時に費用を頂く成功報酬制を採用しております。結果を出す自信がある弁護士が、結果を出した場合に報酬を頂く報酬制度になっておりますので、ご安心下さい。

不貞行為に関する問題を得意としています!

【不貞行為をしてしまった方】【不貞行為をされた方】どちらのご相談も対応しております。
 

不貞行為をしてしまった方へ

昨今では、芸能人の不貞報道がメディアで頻繁に報道され、不貞行為に対する世間も目は厳しくなる一方です。
不貞行為によって、慰謝料を請求されている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、不貞行為に対する制裁は慰謝料だけでは済まないかもしれません。例えば、支払った後に言いがかりをつけられて追加で金銭を要求、なんてことにもなりかねないのです。

不貞行為に対する罪悪感から、弁護士に依頼することを躊躇されるかもしれませんが、相手方から請求されている慰謝料・制裁は、本当に適正な額なのでしょうか?
弁護士が介入することで、多くの事例では支払う慰謝料を適正な額に抑えることができます。

また、当事務所には、請求された慰謝料を放棄させ、または、すでに支払った慰謝料の取り返しに成功した事例もございます。

誰にも相談せず多額の慰謝料の支払いを認めてしまえば、今後の人生の再スタートを切ることも難しくなります。まずは、一度ご相談ください。
 

よくあるご相談

  • 相手の夫(妻)から慰謝料を支払うよう書類が届いた
  • 相手の夫(妻)から高額な慰謝料を請求されている
  • 勤め先や家族に知られること無く解決したい
  • 相手の夫(妻)が弁護士をたててきたので対応方法を知りたい
  • 慰謝料を不倫相手にも払わせたい
  • 会社や家族に知られたくない

 

不貞行為をされた方へ

信じていたパートナーの不貞行為が発覚したら、とても辛いですよね。相手の不貞行為によって離婚に至るとすれば、なおさらです。

慰謝料は傷つけられたことに対する賠償金ですが、不貞した側は自身の落ち度を認めない傾向にあり、逆に脅されるなど、慰謝料交渉は難航しがちです。

また、不貞が原因で離婚となれば、家族を失う懸念もあり、相手の反省を促す意味も込めて十分な賠償を獲得すべきです。

弁護士はあなたがもらうべき適正な金額を請求するよう尽力いたします。後悔のない結果とするため、ぜひ一度当事務所までご相談ください。
 

よくあるご相談

  • 不倫相手に慰謝料を請求したい
  • 不倫した夫(妻)が許せない
  • 不倫はしていないと相手にされない
  • 証拠(写真等)があるので慰謝料請求後、確実に回収したい
  • 内容証明を送ったが回答がない

男女・夫婦トラブルの個別相談実績多数!

【男性からのよくあるご相談・ご依頼内容】

  • 有利な条件で離婚したい
  • 1日でも早く離婚したい
  • 経営している会社の株式は守りたい
  • 養育費はできるだけ抑えたい
  • 妻が弁護士を立ててきた

など

【女性からのよくあるご相談・ご依頼内容】

  • 今後の生活を見据えた離婚をしたい
  • 財産分与で可能な限り受け取りたい
  • 養育費は十分に獲得したい
  • 慰謝料を獲得した上で離婚したい
  • これまでの暴力の慰謝料を請求したい

など

このような問題は弁護士にご相談下さい!

・浮気の慰謝料請求をされたが金額に納得できない方。
・浮気を認めていない相手から慰謝料を取りたい方。
・家族や職場に浮気をバラすと脅されて慰謝料請求されている方。
・夫婦関係の悪化を理由に離婚したいが、応じてもらえない方。
・離婚に際して子の親権や養育費を確保したい方。
・セクハラやDV被害を受けて相手を訴えたい方。
・婚約を一方的に破棄されたため被害の賠償を求めたい方。
・元夫や元カレから養育費を払って欲しい方。
・男女関係を理由に慰謝料支払を強要されている方。
・離婚協議で親権を取りたい方。
※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

まずはお気軽にご相談ください!

多くの解決実績のある弁護士が、完全個別対応によりご相談者さまのお悩みを親身に伺い、ご相談者さまにとっての最適な解決を目指します。

弁護士に相談するほどではないかも・・。こんな事相談しても大丈夫なのかな・・。などおひとりで悩まず、お気軽にご相談ください!

これまでの解決事例 ▼クリックで詳細をご覧頂けます▼

《 不貞慰謝料請求 》浮気疑惑のあった夫から一方的に離婚を求められたケース

ご相談者様

30代 女性

相談前

浮気疑惑のあった夫から一方的に離婚を求められ、離婚条件として少額の財産分与と慰謝料を提示されたものの、提示内容に納得できない妻が、離婚条件について適否を判断するため、相談に来られました。
問題になったのは、数十万という低額の財産分与、及び200万円の慰謝料の適否です。

また浮気疑惑について確証がない状況において、交渉を有利に進めることがそもそもできるのか等、多くのご不安を抱えておられました。

相談後

弁護士から状況的に浮気についての証拠は十分とはいえないものの、交渉の進め方次第で慰謝料は大幅に増額でき、また夫婦の資産として残ローンのあるマンションの評価方法や預貯金の開示、退職金や保険等、多くの未計上資産があると見込まれ、離婚条件としては大幅な増額が見込まれるという説明をしたことで、依頼されました。
その後、離婚協議から離婚調停に至り、相手方も弁護士をつけて弁護士間で協議を重ねた結果、財産分与は1千万円以上増額に成功し、慰謝料も600万円獲得できました。

弁護士からのコメント

一般に、不貞行為を理由とする慰謝料の相場は数十万円から300万円と言われ、裁判官から和解の席上で頻繁に提示される金額も、この範囲に収まることが多いです。
ただし、これはあくまで裁判上での相場であり、示談相場はこれと異なり、交渉の進め方により最終的な和解額には大きな差が生じます。
さらに、財産分与では離婚を求める側は事前に資産を隠したり過少申告することが少なからずあり、特に、相手が弁護士に相談しつつ計画的に離婚を進めようとしたときには、安易に相手の提示に応じず、離婚案件を多数扱っている弁護士に相談されたほうが得策です。
本件は、財産分与で1千万円以上の増額に成功しており、その要因としては、離婚条件の提示を受けた段階で、自身では何ら対応せず、弁護士に一任し、交渉の初期から計画的に離婚協議に注力している弁護士が介入して増額交渉したことが奏功したといえる事例です。

《 不貞慰謝料請求 》浮気相手の夫から慰謝料を請求されたケース

ご相談者様

30代 男性

相談前

浮気が発覚したことにより浮気相手の夫から弁護士を通して慰謝料を請求されたことから、浮気トラブルの実績豊富な当事務所に相談に来られました。
状況を確認したところ、そもそもの夫婦関係に問題があり、もともと破綻していたといえる状況であったことから、当事務所の介入・減額交渉により大きく減額できる見通しを説明し、ご依頼を頂きました。

相談後

相手方代理人弁護士と、当事務所の弁護士で協議を行ったものの、相手方本人が納得せず、提訴されたため、裁判上での争いになりました。
その際の争点としては、もともとの夫婦関係が破綻しており、破綻後の浮気として慰謝料ゼロといえるかです。その争点について、期日を重ねつつ、双方が激しく主張と証拠提出を繰り返しました。
また、当方としては破綻後の浮気という主張が通るという手応えがあったため、反訴として当方の弁護士費用の損害賠償、及び相手方の有責性を理由とする当方慰謝料の反対請求も立てました。
最終的に、証人尋問を経て、裁判官としては、双方の請求がともに通る状況だが、金額としては当方の請求のほうが高額である、という見込みを説明したことで、相手方のみが一定額を支払う条件により和解成立、事件は終了しました。

弁護士からのコメント

浮気の前に夫婦関係が破綻していた、という反論は非常に多く、そもそも破綻していたと評価できるかどうかが争点になることは、不貞慰謝料の協議・裁判では極めて多いといえます。
破綻の認定には証拠の少ないケースが多いこともあり、困難であることが多いですが、裁判を見越して十分な準備をしたうえで、的確な主張立証をすることで、破綻が認められることもあり、浮気慰謝料の大幅な減額も可能です。
本件では、破綻自体は完全には認められなかったものの、相手方の有責性の主張が奏功し、結果的に、提訴された側が逆に一定額を獲得するという望外の決着となりました。
浮気前の破綻が争点になることは多く、この争点は微妙な判断になることも多いため、主張立証には十分な力量が求められます。
当事務所では、このような難易度の高いケースでも成果を上げていることから、安心してご相談頂けます。

その他の解決事例

・浮気慰謝料を500万円以上増額した実績有り
・浮気慰謝料を900万以上減額した実績有り
・浮気慰謝料の1ヶ月以内の早期減額実績有り

(慰謝料を請求されて1ヶ月で既払い額170万円を取り返した実績有り)
・財産分与交渉により1千万円以上を増額した実績有り
・父親側の親権獲得実績有り
・浮気を理由とする脅迫的な請求を交渉で断念させた実績有り。
・離婚を拒否する相手を協議、調停により離婚に応じさせた実績多数。

                                  など

お問合せはコチラから
営業時間外です
0066-97356-5871
面談予約のみ 受付時間: 10:00〜19:00
メールで問合わせ
弁護士事務所情報
事務所名 ブラスト法律事務所
弁護士 福田 慎也
所属団体 東京弁護士会
住所 東京都北区赤羽1-13-1ミドリヤビル6階
最寄駅 赤羽駅東口から徒歩1分
電話番号 0066-97356-5871  【通話料無料】
対応地域 全国
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :10:00〜19:00

営業時間備考 事前のご予約により、土日夜間の相談にも対応致します。
代表者経歴 ・山口県出身
・九州大学法科大学院卒業
・弁護士登録後、勤務弁護士として一般市民の法律相談を広く経験。特に夫婦・男女間のトラブルに注力。
・ブラスト法律事務所を開設し、夫婦間・男女間のトラブルの解決に尽力している。
その他取扱業務 浮気・離婚等の夫婦・男女間のトラブルに注力しています。
初回相談料金体系 ・浮気トラブルは相談無料(電話相談可)、離婚相談は来所相談30分無料
実績・相談例一覧 <男女トラブルの解決実績>
・浮気慰謝料を500万円以上増額した実績有り
・浮気慰謝料を900万以上減額した実績有り
・慰謝料を請求されて1ヶ月で既払い額170万円を取り返した実績有り
・財産分与交渉により1千万円以上を増額した実績有り
・浮気を理由とする脅迫的な請求を交渉で断念させた実績有り。
・離婚を拒否する相手を協議、調停により離婚に応じさせた実績多数。
お問合せはコチラから
営業時間外です
0066-97356-5871
面談予約のみ 受付時間: 10:00〜19:00
メールで問合わせ
アクセスマップ
Btn-map-large