離婚弁護士ナビ > 弁護士検索 > [宮城県][離婚問題]弁護士 > [仙台市][離婚問題]弁護士 > 弁護士法人後藤東京多摩本川越法律事務所仙台事務所

弁護士法人後藤東京多摩本川越法律事務所仙台事務所

Office info 202107191159 44311 w380
Office info 202107191159 44311 w380 Office info 202107191159 44312 w380 Office info 202107211023 44313 w380
相談の流れを見る
弁護士への相談の流れ
弁護士 後藤 貞和
住所 宮城県仙台市青葉区一番町2-10-26 旭コーポラス一番町A303
最寄駅 仙台市地下鉄東西線青葉通一番町駅から徒歩5分  駐車場あり
定休日 土曜 日曜 祝日 営業時間

平日:10:00〜20:00

対応案件
離婚前相談 離婚協議 離婚調停 財産分与 親権 養育費 DV 不倫・離婚慰謝料 離婚裁判 面会交流 離婚手続き 別居 男女問題 熟年離婚 婚姻費用
対応体制
  • 電話相談可能
  • LINE予約可
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • オンライン面談可能
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。
お問合せはコチラから
営業時間外です
050-5228-3383
受付時間: 10:00〜20:00
メールで問合わせ
LINEお友達追加
弁護士法人後藤東京多摩本川越法律事務所仙台事務所
Office info 202107191159 44311 w250
※02時26分現在は営業時間外となります。メール問合せのご利用をオススメします。
電話で問合せする
050-5228-3383
メールで問合せする
LINEお友達追加
事務所所在地
宮城県仙台市青葉区一番町2-10-26 旭コーポラス一番町A303
  • 事務所詳細
  • インタビュー
  • 法律相談Q&A

離婚問題でお困りの方はご相談ください

  • 離婚に応じてもらえない
  • 相手方と話したくない
  • 親権について揉めている
  • 養育費をいくら請求できるか知りたい
  • 財産分与をきっちりとしたい
  • 離婚後もマイホームに住み続けたい
  • 不倫に対する慰謝料を請求したい など
     

離婚問題は、話し合いがまとまらないのであれば一人で悩んでいてもなかなか解決しにくい問題です。

相手と争う中で疲弊してしまい、あらゆることを妥協してしまったり、諦めてしまったりしてしまう方もいらっしゃいます。
そうなる前に、弁護士へご相談ください。
 

お子さんに関するお悩みにも対応しております

お子さんのいる夫婦の離婚には、親権や養育費、面会交流など様々な問題が付帯します。

「早く離婚したいから」と、お子さんに関することをなあなあにしてしまうと、後々後悔してしまいます。
未来あるお子さんのためにも、しっかりと取り決めておくことが大切です
 

【親権】親権を獲得するなら、しっかり弁護士を立てて交渉しましょう

親権を誰が獲得するかどうかは、原則として「これまで子育ての実績があるかどうか」が重視されます。

例え、相手が不倫をしたことを理由に離婚をするとしても、相手方に子育てをしていた実績があるのであれば、親権を獲得することは不可能ではありません。

重視されるのは、これまでの子育ての実績です。

そのため、「自分に離婚原因があるから親権が取れない…」と諦めたり「相手に離婚原因があるから、こちらが親権を取れて当然」と油断したりしてしまうのは危険です。

しっかり弁護士を立て交渉することをおすすめめします。
 

【養育費】未払いにならないよう対策することが大切です

養育費に関する取り決めを口約束だけで済ませてしまうと、将来的に支払いが滞ってしまう可能性があります。
そのため、離婚の際に公正証書を作成し、将来を取り決めておくことが大切

公正証書で取り決めておけば、万が一未払いが生じた際に、速やかに差し押さえなどの対応が可能になるからです。

また、「子供の進学に際する費用」「何歳まで支払うのか」など、取り決めておくべきことについてもアドバイスさせていただきます。
 

対応体制

初回相談無料

当事務所では、お気軽にご相談いただけるよう、初回の面談を無料としております。

  • 離婚を決意したけれど何から始めたら良いかわからない
  • 自分の不倫が原因で離婚を言い渡されているが、親権だけは譲りたくない
  • 養育費の請求をしたいけれど、拒否されている など


お困りのことがあれば、ぜひ無料面談をご利用ください。
 

休日相談・オンライン可能

平日のご相談が難しい方に向け、休日の相談も承っております。(事前予約が必要です)

また、小さなお子さんがいらっしゃる方や、新型コロナウイルスの関係で対面での面談が難しい方には、オンラインでの相談も可能です。
ご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。
 

LINEで面談予約が可能

お気軽にご予約いただけるよう、LINEでの面談予約を受け付けております。

下記QRコードより、友達追加していただき、案内に沿ってご予約ください。
<QRコード挿入> 
 

弁護士法人後藤東京多摩本川越法律事務所仙台事務所の心がけ

離婚問題は、感情が入り交じる問題ですので、法的理論だけで簡単に回答できるものではありません。

そのため、依頼者様に寄り添い、お話をしっかりと伺った上で、弁護士として何ができるかどうかを考えるように心がけております。

また、不安なことがあったときにもご相談いただけるよう、ご依頼後の連絡手段はLINEやチャットなど、柔軟に対応しております。

離婚問題でお悩みの方は、精神的にとても辛い状況でしょう。
気持ちを軽くするためにも、ぜひご相談ください

依頼者が「幸せ」という終着駅に辿り着くための、「道先案内人」になるべく日々仕事に取り組まれている、後藤東京多摩本川越法律事務所仙台事務所の後藤弁護士。
思い込みや先入観を捨て依頼者の声に耳を傾ける姿勢は、先生がロースクール時代に身に付けられたそうです。人としての魅力が溢れる後藤先生のリアルな姿に、インタビューを通して迫ります!

懸命に生きる方々に手を差し伸べたい

――後藤先生が弁護士を目指されたきっかけはございますか?聞く所によると、社会人を経験されてから弁護士に転身されたそうですが。

特に社会人になってから顕著に感じていることがあって…、それは、「人は人生を楽しそうに生きているように見えて、実は一人ひとりで色々な葛藤やしがらみを抱えて生きている」ということです。
懸命に生きる人たちに何かしら救いの手を差し伸べたいと思い、弁護士を目指しました。

――なるほど!社会の苦しみに生きる人々を自分の力で救いたいと思われたのですね。まさしく私も同様の事を感じることがありまして。本当に人って周囲は皆楽しそうに生きているんですけど、蓋を開けると実は一人で悩んでいる方って大勢いらっしゃいますよね。

本当にそうですね。また問題解決の底には、法律で割り切れないものもあります。私たちは、法的な部分だけでなく、心や倫理観を大切にして、仕事することを心掛けていますね。

――ちなみに、弁護士を目指したのはいくつくらいからだったのでしょうか。

20代後半から弁護士を志し、実際にロースクールに通い始めたのが30歳ごろです。
大学時代、学部は文学部フランス専攻で、法学部とは全く縁のない所でした。法律知識がないままロースクールに通い始めたので不安でしたが、意外にも法律と哲学で共通する部分があって、勉強があまり苦ではなかったです。

 ――後藤先生とお話していていく中で、なんとなく表現や考え方が詩的で繊細で、フランス文学の影響を受けているのかな…なんて思ったのですが、いかがですか?

どうでしょうか(笑)それは私も分からない所ですが。でも、哲学や読書が好きでサルトルの小説をよく読んでいましたね。
昔から勉強することは大好きなので、新しいことを学びたいというのもあったんだと思います。
 
――法律と哲学に共通点はあると私も思います。哲学は人間の苦しみを扱う心理学であり、法律も社会秩序の先に個人がどう生きるのかを考えている点で、どちらも根底にあるのが人の心なんだと思います。

先入観を捨て傾聴の姿勢に徹する

――現在、後藤先生に寄せられる相談としては、どういった種類の案件が多いのでしょうか。

多いのは離婚・相続でしょうか。離婚だと、財産分与や親権も実績があります。相続だと最近は相続放棄のご相談が多いですね。
過去受けてきた案件だと、刑事事件、株主総会や会社分割・事業承継といった企業法務ですね。

 ――なるほど。離婚の親権トラブルに関しては、やはり父と母の双方に加えお子さんの気持ちもあるので、かなり解決が難しいと聞きました。

親権は、お子さんとその親の人生を大きく変える問題です。中でもお子さんの連れ去りや、面会交流の制限など、問題は多岐に渡ります。親権を得られた依頼者から感謝のお言葉をいただけた時は、本当に嬉しかったですね。

 ――それは素敵ですね…!ちなみに、後藤先生が相談や依頼を受ける際に、心掛けていらっしゃることはありますか?

依頼者や相談者の話を傾聴すること。そして、その時に先入観を持たないことですね。
 依頼者の話の途中で口を挟みたくなる時もありますが、最初に全部吐き出してもらって、その中で重要なものを拾って聞くという形ですね。
相続や離婚の問題ですと、特に気持ちの部分も混じるので、冷静でいられないこともあります。それでも全部最後まで聞きますね。その上で、交通整理をしていきます。

 ――まさしく後藤先生がホームページに記載されていた交通整理ですね。後藤先生は依頼者が「幸せ」という終着駅に辿り着くための、「道先案内人」だということですね。

法律が絡む問題でも、人間には心があるから、単に問題を解決したとしても、割り切れない部分もあります。精神的な部分までケアしていくのは、非常に難しく悩ましい部分です。
法律の部分で力になれても、納得のいく答えを出すことは、本人にしかできません。だからこそ、話は受け止めることが弁護士の大切な役割だと自負しております。

――後藤先生の言葉は非常に優しくて心に染みますね。後藤先生がそうお考えになったのも、日々の実務で何か感じることがあったからなんでしょうか。

実はロースクール時代に、先生方から「大事なのは、ちゃんと襟元を開いて、依頼者の話を聞くことだ」と教えられました。先入観を持たないというのもここからですね。
思い込みは事実を曇らせてしまいます。自分がそうだと思い込んでいては、事実にはたどり着けません。

――「思い込みや先入観は事実を曇らせる」。確かにそうですね。

もちろん法的な部分で解決できる課題をすくい取る意味でも傾聴は重要です。ロースクールでは、法律意外にも意識すべきことを沢山学びましたね。

――このロースクール時代に学んだことと、元々の後藤先生の優しい性格が上手く合わさって今のスタイルが完成しているのですね。

私は社会人を経て弁護士となったので、名門校を出て事務所を開設するというような一般的な弁護士とは、考え方であったり、依頼者に対して向き合うスタンスであったりが少し違うんだと思います。
他の弁護士が対応しない案件でも、1つ1つ拾って対応していきたいですね。

休日は子育て・趣味は読書

――弁護士として、そして人としても魅力的な先生ですが、仕事以外のプライベートな部分も掘り下げてお聞きしたいと思います!ちなみに学生時代は、趣味でサッカーや草野球をされていたそうですね。

今はもう完全に子育てですね。趣味にあてる時間がないです(笑)

――なんだか子煩悩な姿が浮かびました(笑)

本当に、子どもを公園に連れていっている間に一日が終わります。読書はずっと好きなので、今でも色んなジャンルを読みますね。最近、フランス語の勉強も始めました。

 ――そうなんですね。何か仕事の関係ですか?

いえ、本当個人的なことなんですが、妻の知り合いの夫がフランスの方で。家族ぐるみでお会いする機会もあるので、少しフランス語で話せるといいなと思っているんです。大学時代に全然勉強しなかったので、その反省も込めてやっています。

 ――すごいですね!ただ後藤先生は本当にフランスに縁があるといいますか…、フランスに関する知識というのがすごくあると思うので、きっとすぐ話せるようになりそうですね。

そうなれるように頑張ります!

勇気を振り絞って相談してくれた方を受け止めます

――複数の支店展開をされている後藤東京多摩本川越法律事務所ですが、後藤先生として何か今後展望があれば教えてください。

そうですね。当事務所は地域密着をポリシーとしていて支店展開しているので、広い地域をカバーできる点や、広域エリアで他士業との連携が強みです。その部分をさらに強化していきたいですね。

 ――ありがとうございます。最後に、弁護士への相談をためらっている方へ、メッセージをいただけますか。

弁護士への相談というのは確かに勇気がいるものだと思います。
「相談しただけで高額な費用を取られる」「相談したら依頼しないといけない」というようなイメージがあるために、手遅れになってから相談に来られる方も少なくなりません。病気などと同じですが、手遅れになってからお越しいただいても、できることは限られてしまいます。
勇気が要るかもしれませんが、気になったことがあったり、不安になったりしたら気楽に相談してほしいですね。私としても何も力になれないのは辛いんです。あなたが勇気を振り絞ってくれた分、応えられるように受け止めますので、お気軽にご相談ください。

老後の生活を共にしたくない。は離婚理由になりますか?
相談者(ID:01047)さんからの投稿
こんにちは。離婚しようか、しない方が良いのか、悩んでいます。夫47歳、私45歳です。結婚20年になります。夫は離婚は考えていないようなのですが、私は夫の短気な性格が好きになれず、老後を共にしたくないです。しかし、このような理由で離婚出来ますか?ご回答よろしくお願いします。
離婚の流れは、協議、離婚調停、離婚訴訟と進んでいきます。
協議及び離婚調停では、双方離婚に「合意」できるなら理由の如何に関わらず離婚は成立します。
離婚調停でも合意できなかった場合、離婚を成立させるには離婚訴訟によることになります。離婚訴訟で離婚の判決が出れば離婚となりますが、そのためには法定の離婚事由(民法770条1項所定)が必要です。性格があわないという点は同項5号の婚姻を継続し難い重大な事由に該当するかの問題となります。一般論としては単に性格が合わないというだけでは同号には該当しないと判断されるでしょう。性格が合わないことによって、具体的に夫婦関係にどのような支障が生じているのかが重要になります。これについても、結局は判断にあたって別居などの事情がないと実際は難しいでしょう。
また、現時点では離婚訴訟で離婚成立させるだけの材料がないという場合は、一定期間別居することで夫婦関係が破綻したとして離婚が認められる場合があります。同居したままだと客観的に破綻しているかが分かりづらいので同居したまま離婚が認められることは稀です(家庭内別居の場合二世帯住宅のように物理的に居住空間が区切られ完全に別々の生活をしていたような状況。それでも結局は一定期間の状況の継続は必要)。
弁護士法人後藤東京多摩本川越法律事務所仙台事務所からの回答
- 回答日:2022年04月18日
丁寧なご回答、ありがとうございました。離婚という言葉はよく聞きますが、実際に自分の事として考えてみると、何も知らないことだらけです。夫との関係には、日々悩みの連続ですが、弁護士さんに相談に乗っていただけることもわかりました。こちらの回答を踏まえて、今後どうするか考えて行きたいと思いますので、ベストアンサーとさせていただきます。
相談者(ID:01047)からの返信
- 返信日:2022年04月18日
離婚に当たって夫婦の貯金は?
相談者(ID:00298)さんからの投稿
離婚に当たって、別居したいのですがお金がなく夫婦で老後の為に貯金があるのですが 半分位で持って別居しても大丈夫ですか?離婚にふりになりますか?
離婚に不利な影響は直ちにはないと思います。ただし、配偶者との感情的対立を生じさせる可能性はあるでしょう。
また、次のような問題もあります。
夫婦共有財産であれば離婚時に原則2分の1ずつ分けるので、その範囲であれば問題ないようにも思われます。持ち出された側が持ち出した側に対し損害賠償請求した裁判例で、予想される財産分与の対象・範囲を著しく逸脱するとか、一方配偶者を害するような不当な目的で行ったような場合を除いては不法行為とはならないとしたものがあります。これを参考にするなら、財産分与として適切な範囲なら問題にならないように読めますが、事案によっては、そもそも共有財産か特有財産か(財産分与の対象かという問題)で争いとなることもあります。
また、婚姻費用の請求をする場合に預金を手にしていることが金額の算定にあたり考慮されてしまうこともありえます。
最低限、使途が説明できるように明細や領収証などは保管しておくべきです。
また、上記のような考慮はした方が良いので、お近くの弁護士に直接相談(特に財産分与の対象となるのかについて)しておいた方が良いでしょう。
弁護士法人後藤東京多摩本川越法律事務所仙台事務所からの回答
- 回答日:2021年12月21日
離婚後、祖父母による子供への強制的な面会
相談者(ID:00091)さんからの投稿
娘夫婦が2人で話し合い、お互い納得の上、親権は娘という事で2週間前離婚が成立しました。
問題は元夫の両親で、元夫の両親が弁護士を通じて誓約書を作成し、元夫に持たせ娘にサインをさせました。
元夫の親が元?ヤクザで暴力的なもので、娘に手を出す事はなくても元夫も逆らうことができません。
その誓約書の内容と言うのが、いつ、いかなる時でも元夫、その両親が子供に面会を要求したら、日時、時間は相手方の都合で必ず会わせると言うような内容です。
つまり、離婚成立しているにも関わらず、全て相手方の都合に合わせてこちらは生活しなければいけない状況です。
例えば、親権は娘が持っていても、相手方が1ヶ月子供を預かると言えば従えと言うような事です。
それを言っているのは、元夫ではなく祖父母になります。
こちらとしては、元々面会を拒否するつもりもなかったのですが、こちらの都合は関係なく相手方の都合で全て決まってしまうのでは、今後娘の人生にも大きく影響してきます。
この娘が安易に、仕方なくでもサインをしてしまった誓約書は、裁判などになれば有効なのでしょうか?
本当に弁護士が作成に関与したのでしょうか、ちょっと疑わしいですね。
署名してしまった弱みはあるかもしれませんが、面会交流は夫のためではなく子のために行うものです。相手の一方的な都合に合わせる必要はありません。元々無理な要求の書面なら無効にできる可能性もあります。
いずれにせよ、その書面だけを根拠に夫の要望に応じるべきではありません。当事者同士での協議が難しそうなら家庭裁判所面会交流調停を行胃、その中であるべき面会交流の実施方法について協議するのも一考です。
良くも悪くも裁判所は一方の都合だけに従った一方的な面会交流の実施には共感しないでしょう。
弁護士法人後藤東京多摩本川越法律事務所仙台事務所からの回答
- 回答日:2021年10月18日
とても詳しく説明して頂きありがとうございます。
少し安心しました。
もし相手方がその件に関して異議申し立てをするようでえれば、面会交流調停を視野に入れて検討してみたいと思います。
適切な御指導、ありがとうございます。
相談者(ID:00091)からの返信
- 返信日:2021年10月19日
離婚調停の通知書が届きました。離婚の意思がない場合、どうすればよいでしょうか?
相談者(ID:01415)さんからの投稿
夫の不倫が原因で、8ヶ月前から別居中です。
私は専業主婦で小学生と中学生の子供がいます。
夫は不倫を自白し、今の生活は保証するから離婚してほしいと言われましたが、私は何より子供達を傷つけたくない事、体調が悪いため働く自信がない事等の理由から離婚に応じたくありません。

今日、裁判所から離婚調停の通知書が届きました。不貞行為が1番の原因なのに、夫婦生活がなかった事も書かれていました。確かに下の子供が生まれてからは夫婦生活はありませんでしたが、私が拒んでいたわけではありません。夫婦仲は良かったです。この理由だけで離婚を受け入れなければならないのでしょうか?また、体調の悪い中離婚調停は厳しいですし、離婚の意思もないので、出席したくありません。この場合、どうすればよいですか?アドバイスを宜しくお願い致します。
応じる義務などとはいうものはそもそもありませんし、あなたが拒否する限り夫が離婚を成立させるためには離婚訴訟で勝訴する必要があります。離婚訴訟で離婚の判決を得るためには法的な離婚原因ありと認定される必要がありますが記載のような事情で簡単に認められるものではありません.細かい事情にもよりますが不貞により不仲となったと主張立証可能なら夫は有責配偶者となるところ、有責配偶者からの離婚請求は原則裁判所は認めません(そのような趣旨の最高裁判例があります)。
したがって、ネットにて一概に言えるものではありませんが夫の有責性の立証が可能なら、とことん夫の請求を拒否し続ければ離婚は成立しない可能性が高いでしょう。

調停は欠席し続ければいずれ不成立となり、夫が離婚訴訟を起こせば上記のとおり不貞の立証がポイントになるでしょう。欠席するのが良いかは微妙なところですが、不貞のある程度確実な証拠があるなら無視して特に問題はないと思います。私見としては出席のうえ、あなたの意向や言い分くらいは伝えておいたほうが良いとは思いますし、調停委員を通じてあなたの意思が堅いことや判例により離婚成立が厳しいことが夫に伝われば少なくとも早期の離婚は諦めるかもしれません(証拠の有無・内容など手の内まで明らかにする必要はありませんが)。
以上の点は具体的な証拠の内容や事実関係がどのようなものか確認しないと正確なところは分かりませんので、より具体的なところはお近くの弁護士や相談会等で直接相談されることをおすすめします。
弁護士法人後藤東京多摩本川越法律事務所仙台事務所からの回答
- 回答日:2022年05月19日
ご回答ありがとうございます。
不倫された上に離婚調停の通知がきて、精神的に参っていました。先生のご回答を参考に、何とか乗り切ろうと思います。本当にありがとうございました。
相談者(ID:01415)からの返信
- 返信日:2022年05月19日
合意での別居中に揉めた場合、子供に会わせないことは違法ですか?
相談者(ID:01114)さんからの投稿
現在夫とは勤務地の都合で別居中です。毎週末にお互いが行き来して会っている状況です。元々夫は私に対してモラハラ傾向があり、自分の意の通りにならないと威圧的な態度をとったり怖い声を出すので、萎縮して言い返す事ができませんでした。最近は周囲のアドバイスの元自分を取り戻しつつあって、今回同居を再開するかしないかで揉めた所完全に対立しました。夫は5歳の子供だけ毎週末会わせろと言ってきますが、子供すら自分の言いなりにさせようとする夫に少しでも会う機会を減らしたいです。私が子供を会わせるのを拒否し続けた場合、問題が出てくるか教えて下さい。よろしくお願いします。
まだ面会交流の内容について合意ができているわけではないようですから、拒絶が直ちに問題になるとか違法になるという評価まではされないでしょう。現実的な対応としては、面会交流の回数や方法などのあなたの希望を夫に伝えてみてはいかがでしょうか。あなたの要望のとおりであれば面会交流を実施しても良いのであれば、提案しているわけですから不当に拒絶していることにはなりませんし、その段階ではいわば協議中の段階ということです。
それでも合意に至らなければ家庭裁判所で面会交流調停の中で話し合うことも検討することになります(多くの場合は面会したい側、今回だと夫が申し立ててくるものではありますが)。
当事者同士での合意や調停・審判で決まったにもかかわらず不当に拒絶を伝えつづけた場合は慰謝料請求されるおそれがあります。
また、今後親権争いになった際に面会交流に寛容かという点はひとつの考慮要素にはなります。この点も拒絶したから直ちに不利になるというものではありませんし、実施を前提に協議している分にはあなたの提案がよほど不合理でない限り問題にはならないでしょう。あくまで一要素として考慮される可能性はある、というところです。
弁護士法人後藤東京多摩本川越法律事務所仙台事務所からの回答
- 回答日:2022年04月21日
お問合せはコチラから
営業時間外です
050-5228-3383
受付時間: 10:00〜20:00
メールで問合わせ
LINEお友達追加
弁護士事務所情報
事務所名 弁護士法人後藤東京多摩本川越法律事務所仙台事務所
弁護士 後藤 貞和
所属団体 仙台弁護士会
住所 宮城県仙台市青葉区一番町2-10-26 旭コーポラス一番町A303
最寄駅 仙台市地下鉄東西線青葉通一番町駅から徒歩5分  駐車場あり
電話番号 050-5228-3383
対応地域 宮城県
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :10:00〜20:00

営業時間備考 土日祝日でも、事前にご予約いただければ対応いたします。
お問合せはコチラから
営業時間外です
050-5228-3383
受付時間: 10:00〜20:00
メールで問合わせ
LINEお友達追加
アクセスマップ
Btn map large
同じ市区町村にある弁護士・法律事務所
【離婚を決意したら】弁護士法人琥珀法律事務所
宮城県仙台市青葉区本町2-3-10 仙台本町ビル5階
30代以上の離婚歓迎】【秘密厳守】「本気で離婚を決意された方」はご相談を◆全国に5支店◆実績ある法律事務所があなたの解決に向けてお力となります【不倫慰謝料の請求は初期費用0円から対応可能な場合あり】
法律事務所絆
宮城県仙台市青葉区片平1-1-11カタヒラビル5階
【弁護士歴10年】【あなたに寄り添う弁護士】時間に制限を設けず、ご面談にてお悩みをお聞きしております。まずはお気軽にご予約を。実績を活かしサポート致します【不貞慰謝料/離婚に向けた協議・調停】
【来所不要/全国対応】仙台支店 アディーレ法律事務所
宮城県仙台市青葉区中央1-2-3仙台マークワン17F
何度でも相談無料成功報酬金は後払い】浮気・不倫の慰謝料問題でお悩みの方の“最初の相談相手”に。後悔しない&損しない慰謝料請求(慰謝料減額)を、経験豊富な弁護士が徹底サポートします!
吉田法律事務所
宮城県仙台市青葉区一番町2-8-15 太陽生命仙台ビル5階
【秘密厳守】【駅から3分】【少ない負担で早期解決】負担が大きく長期化しやすい離婚・不倫問題。調停・裁判・財産分与・不倫慰謝料などはご相談ください!あなたの気持ちを尊重して、納得のいく解決を目指します。
弁護士法人プロテクトスタンス(仙台事務所)
宮城県仙台市青葉区中央1-10-1ヒューモスファイヴ8F
◆初回相談無料◆オンラインでの弁護士相談が可能◆離婚の条件交渉をしてほしい/不倫されていたので慰謝料を請求したい/不倫してしまい、慰謝料を請求されてしまったなど、離婚・不倫問題は当事務所までご相談を!
弁護士法人ネクスパート法律事務所 仙台オフィス
宮城県仙台市青葉区中央4丁目6-1SS30 21階
【離婚・財産分与。慰謝料の交渉~減額】【弁護士男女在籍】高品質かつ、迅速に対応いたします。【慰謝料の減額交渉なら着手金返金保証制度アリ】
【仙台】ベリーベスト法律事務所
宮城県仙台市青葉区一番町1-1-31山口ビル4階
【離婚・不倫慰謝料請求の相談窓口】離婚専門チームが豊富な実績を活かし、最適な解決方法をご提案いたします。まずはお電話ください!
弁護士 吉田 大輔(吉田大輔法律事務所)
宮城県仙台市青葉区五橋1-1-58ダイアパレス仙台中央720
【初回相談無料】慰謝料請求、財産分与、親権、養育費等の離婚問題にお悩みの方、当事務所までご相談ください。15年以上の弁護士経験を基にアドバイスいたします。
勾当台総合法律事務所
宮城県仙台市青葉区上杉1-6-10EARTH BLUE 仙台勾当台 4F
【初回相談料無料】離婚に関するお悩みをおかかえの方は、お気軽に弁護士までご相談ください。ご相談者様にしっかりと寄り添い、二人三脚でサポートいたします。
豊田法律事務所
宮城県仙台市青葉区片平1-1-6ネオハイツ片平705
千葉達朗法律事務所
宮城県仙台市青葉区一番町1-17-23シャンボール第2片平105号
蒼天法律事務所
宮城県仙台市青葉区一番町2-1-2NOF仙台青葉通りビル8階
結の杜総合法律事務所
宮城県仙台市青葉区五橋1-1-17仙台ビルディング駅前館9階
近くにある弁護士・法律事務所
【仙台】ベリーベスト法律事務所
宮城県仙台市青葉区一番町1-1-31山口ビル4階
【離婚・不倫慰謝料請求の相談窓口】離婚専門チームが豊富な実績を活かし、最適な解決方法をご提案いたします。まずはお電話ください!
法律事務所絆
宮城県仙台市青葉区片平1-1-11カタヒラビル5階
【弁護士歴10年】【あなたに寄り添う弁護士】時間に制限を設けず、ご面談にてお悩みをお聞きしております。まずはお気軽にご予約を。実績を活かしサポート致します【不貞慰謝料/離婚に向けた協議・調停】
【離婚を決意したら】弁護士法人琥珀法律事務所
宮城県仙台市青葉区本町2-3-10 仙台本町ビル5階
30代以上の離婚歓迎】【秘密厳守】「本気で離婚を決意された方」はご相談を◆全国に5支店◆実績ある法律事務所があなたの解決に向けてお力となります【不倫慰謝料の請求は初期費用0円から対応可能な場合あり】
【来所不要/全国対応】仙台支店 アディーレ法律事務所
宮城県仙台市青葉区中央1-2-3仙台マークワン17F
何度でも相談無料成功報酬金は後払い】浮気・不倫の慰謝料問題でお悩みの方の“最初の相談相手”に。後悔しない&損しない慰謝料請求(慰謝料減額)を、経験豊富な弁護士が徹底サポートします!
吉田法律事務所
宮城県仙台市青葉区一番町2-8-15 太陽生命仙台ビル5階
【秘密厳守】【駅から3分】【少ない負担で早期解決】負担が大きく長期化しやすい離婚・不倫問題。調停・裁判・財産分与・不倫慰謝料などはご相談ください!あなたの気持ちを尊重して、納得のいく解決を目指します。
弁護士法人プロテクトスタンス(仙台事務所)
宮城県仙台市青葉区中央1-10-1ヒューモスファイヴ8F
◆初回相談無料◆オンラインでの弁護士相談が可能◆離婚の条件交渉をしてほしい/不倫されていたので慰謝料を請求したい/不倫してしまい、慰謝料を請求されてしまったなど、離婚・不倫問題は当事務所までご相談を!
弁護士法人ネクスパート法律事務所 仙台オフィス
宮城県仙台市青葉区中央4丁目6-1SS30 21階
【離婚・財産分与。慰謝料の交渉~減額】【弁護士男女在籍】高品質かつ、迅速に対応いたします。【慰謝料の減額交渉なら着手金返金保証制度アリ】
初回面談相談無料の弁護士・法律事務所
【仙台】ベリーベスト法律事務所
宮城県仙台市青葉区一番町1-1-31山口ビル4階
【離婚・不倫慰謝料請求の相談窓口】離婚専門チームが豊富な実績を活かし、最適な解決方法をご提案いたします。まずはお電話ください!
弁護士法人プロテクトスタンス(仙台事務所)
宮城県仙台市青葉区中央1-10-1ヒューモスファイヴ8F
◆初回相談無料◆オンラインでの弁護士相談が可能◆離婚の条件交渉をしてほしい/不倫されていたので慰謝料を請求したい/不倫してしまい、慰謝料を請求されてしまったなど、離婚・不倫問題は当事務所までご相談を!
【離婚を決意したら】弁護士法人琥珀法律事務所
宮城県仙台市青葉区本町2-3-10 仙台本町ビル5階
30代以上の離婚歓迎】【秘密厳守】「本気で離婚を決意された方」はご相談を◆全国に5支店◆実績ある法律事務所があなたの解決に向けてお力となります【不倫慰謝料の請求は初期費用0円から対応可能な場合あり】
吉田法律事務所
宮城県仙台市青葉区一番町2-8-15 太陽生命仙台ビル5階
【秘密厳守】【駅から3分】【少ない負担で早期解決】負担が大きく長期化しやすい離婚・不倫問題。調停・裁判・財産分与・不倫慰謝料などはご相談ください!あなたの気持ちを尊重して、納得のいく解決を目指します。
弁護士法人ネクスパート法律事務所 仙台オフィス
宮城県仙台市青葉区中央4丁目6-1SS30 21階
【離婚・財産分与。慰謝料の交渉~減額】【弁護士男女在籍】高品質かつ、迅速に対応いたします。【慰謝料の減額交渉なら着手金返金保証制度アリ】
【来所不要/全国対応】仙台支店 アディーレ法律事務所
宮城県仙台市青葉区中央1-2-3仙台マークワン17F
何度でも相談無料成功報酬金は後払い】浮気・不倫の慰謝料問題でお悩みの方の“最初の相談相手”に。後悔しない&損しない慰謝料請求(慰謝料減額)を、経験豊富な弁護士が徹底サポートします!
法律事務所絆
宮城県仙台市青葉区片平1-1-11カタヒラビル5階
【弁護士歴10年】【あなたに寄り添う弁護士】時間に制限を設けず、ご面談にてお悩みをお聞きしております。まずはお気軽にご予約を。実績を活かしサポート致します【不貞慰謝料/離婚に向けた協議・調停】
オンライン面談可能な弁護士・法律事務所
【仙台】ベリーベスト法律事務所
宮城県仙台市青葉区一番町1-1-31山口ビル4階
【離婚・不倫慰謝料請求の相談窓口】離婚専門チームが豊富な実績を活かし、最適な解決方法をご提案いたします。まずはお電話ください!
【離婚を決意したら】弁護士法人琥珀法律事務所
宮城県仙台市青葉区本町2-3-10 仙台本町ビル5階
30代以上の離婚歓迎】【秘密厳守】「本気で離婚を決意された方」はご相談を◆全国に5支店◆実績ある法律事務所があなたの解決に向けてお力となります【不倫慰謝料の請求は初期費用0円から対応可能な場合あり】
【来所不要/全国対応】仙台支店 アディーレ法律事務所
宮城県仙台市青葉区中央1-2-3仙台マークワン17F
何度でも相談無料成功報酬金は後払い】浮気・不倫の慰謝料問題でお悩みの方の“最初の相談相手”に。後悔しない&損しない慰謝料請求(慰謝料減額)を、経験豊富な弁護士が徹底サポートします!
弁護士法人プロテクトスタンス(仙台事務所)
宮城県仙台市青葉区中央1-10-1ヒューモスファイヴ8F
◆初回相談無料◆オンラインでの弁護士相談が可能◆離婚の条件交渉をしてほしい/不倫されていたので慰謝料を請求したい/不倫してしまい、慰謝料を請求されてしまったなど、離婚・不倫問題は当事務所までご相談を!
弁護士法人ネクスパート法律事務所 仙台オフィス
宮城県仙台市青葉区中央4丁目6-1SS30 21階
【離婚・財産分与。慰謝料の交渉~減額】【弁護士男女在籍】高品質かつ、迅速に対応いたします。【慰謝料の減額交渉なら着手金返金保証制度アリ】
法律事務所絆
宮城県仙台市青葉区片平1-1-11カタヒラビル5階
【弁護士歴10年】【あなたに寄り添う弁護士】時間に制限を設けず、ご面談にてお悩みをお聞きしております。まずはお気軽にご予約を。実績を活かしサポート致します【不貞慰謝料/離婚に向けた協議・調停】