夫婦が不仲になる理由は?仲直りする方法と注意点

~いざという時の備えに~離婚マガジン

ホーム > 離婚マガジン > 夫婦問題 > 夫婦が不仲になる理由は?仲直りする方法と注意点
キーワードからマガジンを探す
Sidebar writer recruit
離婚マガジン
公開日:2020.8.25
夫婦問題 監修記事

夫婦が不仲になる理由は?仲直りする方法と注意点

Pixta 25535773 s

不仲な夫婦は、ささいなことで喧嘩になったり、溜まった不満が爆発したりします。不仲なのに結婚生活を続けていることがつらくて、離婚を考えている方もいるでしょう。

 

仲がいい夫婦になりたい場合は、不仲な理由を考えることが大切です。ここでは、夫婦が不仲になる理由と仲良くなる方法について詳しくご紹介します。

 

5%~10%の夫婦が不仲だと感じている

世間では、どの程度の夫婦が不仲を自覚しているのでしょうか。ワタベウェディング株式会社が240名(男性80名、女性160名)に対して行った調査では、以下の結果となりました。

 

【引用】PR TIMES『「夫婦円満の秘訣」アンケート調査結果発表―パートナーとの関係をより良くするためにしている工夫は…1位「相手の話を聞く」2位「ほめる」!』

 

注目すべきは、不仲だと感じている男性が5%程度であるのに対し、女性は10%となっているところです。男性が不仲だと思っていなくても、女性は不仲だと思っているケースがあることを示しています。

 

妻の不満が夫に伝わっていなかったり、我慢していたりすることが原因と考えられるでしょう。また、男性よりも女性の方が不仲と感じる水準が低いとも考えられます。

 

【関連記事】​旦那にイライラ!ムカつく行動7選とおすすめのストレス解消法まとめ

不仲な夫婦の特徴

不仲かどうかを確認するために、不仲な夫婦の特徴について詳しくてみていきましょう。

お互いに笑顔が少ない

不仲な夫婦は自然に笑顔が減ります。常に夫や妻に不満をもっていると、同じ空間を共有している時は心から楽しめず、笑顔になれるタイミングでも不機嫌そうな顔をしてしまいます。

最近、笑うことが減ったと感じた場合、その原因を考えましょう。

 仕事や家事、育児などがうまくいっているのに笑顔が減ったのであれば、夫婦仲が関係している可能性があります。

セックスレスになっている

不仲な夫婦は、自然にセックスレスになります。

ただし、セックスレスの原因は不仲だけではないため、安易な判断は禁物です。他の特徴とあわせて、セックスレスになっている場合は、不仲になっている可能性が高いでしょう。

口喧嘩が多い

不仲な夫婦は、ささいなことで喧嘩になります。

以前だったら許せていたことを許せなくなったり、しつこく追及したりするようになるでしょう。そのような対応をとられた側としても不満が溜まるため、さらに喧嘩が増えてしまいます。

お帰りやただいまの挨拶がない

夫婦仲が悪いと、出勤時の「いってきます・いってらっしゃい」、帰宅時の「ただいま・おかえり」などの挨拶がなくなります。

また、ボソッと相手に伝わらない程度の声で挨拶するようになる場合もあります。

 

相手に感謝の気持ちがあったり、夫婦として一緒に人生を歩んだりする気持ちがあれば、自然に挨拶や感謝の言葉が出てくるものです。

 挨拶の回数が減ったり、どちらかが挨拶されている感覚にならなかったりする場合は、夫婦仲が悪くなっているのかもしれません。

夫婦が不仲になる理由

夫婦が不仲になる理由

それでは、どのような理由で夫婦は不仲になるのか詳しくみていきましょう。

過去に浮気の経験があるから

過去に浮気の経験があると、どうしても許すことができず険悪な状態が続く場合があります。

また、許したはずなのに、小さなきっかけで不安や悲しみ、怒りを思い出したり喧嘩したときに蒸し返したりする場合もあるでしょう。過去に一度でも裏切られた場合、それが一生ついてまわります。

義両親の肩を持つから

義両親とトラブルになったときに、夫や妻が義両親の肩を持つ場合があります。これは、家族よりも自分の親を優先していると捉えられる可能性があるでしょう。

 例えば、義両親が子供に食べさせてはいけないものを無理に食べさせようとした場合、その愚痴を夫に言うと、「それが義両親の気持ちなんだから、そんなに怒ることではない」などと言われるケースがあります。

 この場合、妻が怒っていることが異常かのように、義両親の気持ちを優先したことで、夫婦仲が悪くなるのです。

家事や育児を一方に押しつけているから

「家事と育児は妻の仕事だ」などと決めつけ、家事や育児を妻に一方的に押しつけているケースがあります。

家事と育児を妻がメインで担当していても、父親として子供の育児に関わってほしいと思うのは自然なことです。

 それを一方的に押しつけるようなことがあれば、不仲になるでしょう。

仕事や家事などに不満があるから

夫の転勤が多すぎたり給料が少なすぎたりする場合、妻が不満に感じる場合があります。これは、主夫世帯にも同じことが言えます。

 また、どちらかが家事を全くしない場合も不満が溜まるでしょう。お互いに不満が溜まっていくことで不仲になります。

プライベートを束縛しているから

夫や妻のプライベートを束縛すると、自由な時間がなくなることで不満が溜まり、夫婦仲が悪くなる場合があります。

 仕事や家事、育児から解放されるタイミングが一切ない状況では、不仲になるのは仕方ありません。息が詰まってしまい、少しのことでイライラするようになります。

夫婦の不仲によって起こりうる問題

夫婦トラブルのイメージ画像

夫婦の不仲は、どのような問題を引き起こす可能性があるのか詳しくみていきましょう。

離婚する

不仲でありながらも、かろうじて夫婦生活を続けているケースもありますが、将来的に離婚する可能性が高いでしょう。

子供の手が離れるまでは我慢して生活し、子供が自立した途端に熟年離婚するケースもあります。現時点で離婚話がないからといって、夫婦仲が円満だとは限りません。

仕事や家事に力が入らなくなる

不満が溜まると、仕事や家事に力が入らなくなります。その結果、収入が下がったり部屋が汚くなったりして、ますます心がすさんでいくでしょう。

そうなる前に、夫婦仲が悪い理由を考え、対処することが大切です。

子供にイライラしてしまう

夫や妻にぶつけられない不満を子供にぶつけてしまう場合があります。普段なら、何とも思わないことにイライラして、子供に八つ当たりする場合もあるでしょう。

子供は精神的なショックを受けてしまうため、虐待にも繋がります。そうなる前に対処したいところです。

子供の成長に悪影響が及ぶ

子供の前で喧嘩すると、子供が自信を持てなくなったり、集中力が低下したりする可能性があります。

いつ喧嘩が起こるか不安になり、おびえて過ごすことにもなるでしょう。子供の成長に悪影響が及ぶ恐れがあるため、少なくとも子供に不仲な様子を見せないことが大切です。

ささいなことで大喧嘩になる

本来、喧嘩になるようなことではないトラブルが元で、大喧嘩になる場合があります。大喧嘩を繰り返すことで、離婚した方がいいのではと思うようになるでしょう。

 この場合は、トラブルを防ぐだけではなく、不仲を解消するために行動することが大切です。

夫婦が仲良くなる方法

仲直りする夫婦

それでは、夫婦が仲良くなるには、どのような行動や言動を意識すればいいのか詳しくみていきましょう。

【関連記事】

​夫婦関係を改善するのは実はこんなに簡単!?今すぐできる5つの改善策

仲良し夫婦の特徴といつまでも仲良し夫婦でいるためのコツ

感謝の気持ちを伝える

日ごろの感謝の気持ちを言葉で伝えることが大切です。仕事や家事、育児などをするのが当たり前になると、感謝の気持ちが失われる場合があります。

また、口に出さなければ、相手に感謝の気持ちは伝わりません。3日に1回や1週間に1回でもいいので、「いつもありがとう」など感謝の言葉を述べましょう。

夫婦2人で過ごす時間を作る

夫婦2人だけで過ごす時間を作ることで、お互いを大切に思えるようになります。また、お互いを冷静に見つめ直すきっかけにもなるでしょう。

何気ない会話を楽しんだり、普段は行かない高級レストランで食事したりすることで、心が通じ合いやすくなります。

お互いの不満を週に1回言い合う

自分の不満にフタをして波風が立たないようにやり過ごすのは得策ではありません。

お互いの不満を週に1回言い合うことをルールに定めましょう。不満をため込むことを防げるため、不仲の解消につながります。ただし、言葉を選んで伝えることが大切です。

 その上で二人のルールを決めていくのも良いでしょう。

どちらかが悪いと決めつけない

どちらが悪い、どちらに責任があるなどと決めつけないようにしましょう。

夫婦は、お互いに支え合うことが大切なため、失敗したときは責めるのではなく、より良い状況になるように協力することがポイントです。

 

お互いに助け合い、支え合うことで夫婦の絆が強固なものになっていくでしょう。

場合によっては夫婦カウンセラーを頼る

夫婦だけで話し合っても解決しない場合は、夫婦カウンセラーを頼りましょう。様々な夫婦問題を解決してきたカウンセラーであれば、きっと良いアドバイスを得られるはずです。

 また、人に相談するだけでも気持ちがスッキリして、夫婦仲が解消される可能性もあります。

浮気が気になる場合は調査するのも一つの手段

浮気調査のイメージ画像

夫や妻の浮気が気になる場合は、調査してみることをおすすめします。浮気していないことがわかれば、不仲が解消される可能性があります。浮気調査を選択肢に入れた方がいい理由は次のとおりです。

浮気を疑ったまま過ごすのは苦しい

浮気を疑ったまま過ごすと、慢性的なストレスが溜まってしまいます。つい、「浮気してるでしょ!」などと言ってしまい、大喧嘩になる可能性もあるでしょう。

 

このような事態を防ぐためにも、調査することが大切です。

探偵であれば浮気の証拠をつかめる

浮気調査は、探偵に依頼することをおすすめします。自分で調査するにもノウハウがなければ証拠をつかむことができません。探偵であれば、様々な手段で浮気の証拠を集めてくれます。

探偵に依頼すれば浮気を疑っていることがバレない

探偵に依頼すれば、浮気を疑っていることがバレません。隠れてスマホチェックしたり尾行したりすると、浮気を疑っていることがバレて、ますます夫婦仲が悪くなる可能性があります。

 

探偵であれば、法律を守りつつ高い技術をもってターゲットを尾行してくれます。もし、浮気していることが事実であったとしても、スムーズに次の1歩を踏み出せるように、法的に有効な証拠を取得してもらえるでしょう。

土日・祝日・平日24時間無料相談可能

創業44年の原一探偵事務所では24時間無料相談可能・カウンセリングなどサポートも充実しています。

無料見積もり以上の追加料金は一切ナシですので安心できます。

浮気調査の費用・料金はピンキリですので、まずは無料見積もりを利用してみましょう。

浮気調査の無料相談はこちら

まとめ

夫婦が不仲なことには、必ず理由があります。その理由を突き止めて対処すれば、仲のいい夫婦になれるでしょう。

 ただし、夫や妻の浮気が原因の場合は、証拠を集めて認めさせる必要があります。自分だけで抱え込むとつらい日々を過ごすことになるため、夫婦カウンセラーに相談したり、探偵に浮気調査を依頼したりしましょう。

 
弁護士費用保険のススメ
Cta_merci

離婚をするときに子供の親権や慰謝料、財産分与などで相手と揉めて、弁護士が必要となったときにかかる費用相場は、内容にもよりますが50~100万円ほどになります。
弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。


  • 相手に親権を渡したくない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士保険は、法律トラブルで弁護士に依頼したときの費用が補償されます。
離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題等でも利用することができます。

KL2020・OD・037

この記事の監修者
結婚相談所「マリアージュ.com」
田口 エミ
成婚カウンセラー。メンタル心理カウンセラー。仲人育成講師。IBJ結婚相談所連盟より多数受賞。成婚率88%。在籍会員は再婚希望者が多く、信頼関係構築の重要性を指導。専任カウンセラーによる24時間サポート

夫婦問題に関する新着マガジン

夫婦問題に関する人気のマガジン

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

夫婦問題マガジン一覧へ戻る