​夫婦関係を改善するのは実はこんなに簡単!?今すぐできる5つの改善策

~いざという時の備えに~離婚マガジン

 > 
 > 
 > 
​夫婦関係を改善するのは実はこんなに簡単!?今すぐできる5つの改善策
キーワードからマガジンを探す
Sidebar_writer_recruit
離婚マガジン
2019.7.3
夫婦問題 弁護士執筆記事

​夫婦関係を改善するのは実はこんなに簡単!?今すぐできる5つの改善策

Pixta_21007112_s

夫婦関係のトラブルを改善したいとお考えではありませんか?

 

夫といるといつもイライラしてしまう

妻と話がかみ合わない

最近、夫婦喧嘩が多くなった

 

長く一緒にいると、悩みも出てきてしまいますよね。この記事では、夫婦関係を改善したいと思っている方のために、

 

  • 夫婦関係を改善するための考え方
  • 今すぐに実践できる夫婦関係を改善するためのアクション

 

などをご紹介します。ぜひ参考にお読みください。

 

▼こちらの記事も読まれています

夫婦デートで今以上に仲良し!オススメの夫婦デート7選とデートのコツ

仲良し夫婦の特徴といつまでも仲良し夫婦でいるためのコツ

夫婦関係を改善するための考え方

まずは、夫婦関係を改善するための考え方からご紹介します。

 

減点法ではなく加点法で相手を見る

付き合いが長くなればなるほど、相手に求めるものも多くなってしまうものです。

 

なんでこんなこともやってくれないの?」「なんでもっと気持ちをわかってくれないの?」などと相手に期待する分、自分の思い通りにしてくれないとマイナスの感情を持ってしまいます。

 

つまり、減点法で相手を見てしまいがちです。そこを、いい意味で相手に何も期待せず、加点法で相手を見てみるようにしましょう

 

「(してくれると期待していなかったけど)こんなことをしてくれた!」と思うだけで、相手が同じ行動を取ったとしても相手に対する感情がまるで違ってきますよ。

 

男を忘れない、女を忘れない

結婚すると、「結婚できた」という安心感から、男磨き女磨きをしなくなる方も少なくありません。ヨレヨレの下着をつけていたり、だらしない体形でも気にしなかったり、ファッションに気を遣わなくなったり…。

 

そんなパートナーに対しては、やはり異性としての魅力を感じられなくなってしまうものです。これが原因で、パートナー以外の異性の性的魅力に夢中になり、パートナーにはどんどん興味を失っていくという負のループに入ってしまうこともあります。

 

見た目がすべてではありませんが、やはりいつまでも良好な夫婦関係をキープしていきたいと思うのであれば、男磨き、女磨きを忘れないようにするべきでしょう。

 

価値観が違うからこそ一緒にいる意味があると思うようにする

離婚する夫婦の離婚理由第一位は「性格の不一致」です。「価値観の違い」と言い換えてもいいかもしれませんね。

 

価値観が違うからこそ、夫婦喧嘩にもなりますし、一緒にいることが苦痛に感じられたりします。しかし、そもそも違う人間同士が結婚しているわけですから、価値観は違って当然です。

 

違う価値観をもった人と一緒にいるからこそ、一人では気付けなかったことにも気付けますし、いろいろな体験もできるようになります。

 

合わない二人だからこそ一緒にいる意味がある」と考えるようにすれば、夫婦関係も改善していけるのではないでしょうか。

 

【関連記事】【2019年最新版】離婚原因ランキングトップ10

 

「自分は悪くない」と考えない

夫婦関係が悪化する大きな原因の一つが、何か問題が起きたときにぜんぶ相手のせいだと考えてしまうことにあります。

 

「夫が●●と言ったからこうなってしまった」「妻が●●をしなかったらこうなったんだ」など、トラブルの原因はすべて相手にあり、自分は悪くないと考えてしまうと、夫婦関係はどんどん悪くなってしまいます。

 

確かに、相手にすべての責任があると考えることで自分の気持ちは楽になるかもしれませんが、それではいつまで経っても夫婦関係は改善していきません。まずは、「自分は悪くない」という姿勢をやめてみましょう。

 

言葉で伝えることを心がける

中には阿吽の呼吸で成り立っている夫婦もいるかもしれませんが、基本的には人と人とのコミュニケーションなわけですから、言葉にしなければ伝わらないことがほとんどです。

 

「こんなこと、言わなくてもわかってよ」「わざわざ言葉で伝える必要なんてないだろ」と考え、なにも言わずに相手が自分の思ったようにしてくれないとイライラしてしまうのは、完全にあなたのわがままです。

 

何か相手にしてほしいことがあるのであれば、きちんと言葉で伝えるようにしてください。

 

あなたのことを愛しているということも、言葉にしないと伝わりません。日本人は気持ちを言葉で伝えるのが苦手な傾向にありますが、照れくさくても、たまには言葉にして愛していることを伝えてあげましょう。

 

相手の小さな変化に気づく努力をする

髪型を変えた、新しい服を着ている、少し痩せた、など、相手の小さな変化に気づく努力をすることも、夫婦関係を改善するうえではとても効果があります。

 

「パートナーは自分のことをこんなにも細かく見てくれているのか」「パートナーのためにもっとがんばろう」とよりよい妻・夫になろうとすきっかけにもなるでしょう。

 

夫婦関係を改善する方法|今すぐできる5つのアクション

この章では、夫婦関係を改善するための具体的な方法についてお伝えします。難しくないものがほとんどですので、ぜひ今日から実践してみてくださいね。意識的に実践していき、習慣にできればGOODです!

 

目を見て話す

あなたはパートナーと話をするとき、きちんと目を見て会話をしていますか?スマホをいじりながら会話、テレビを見ながら会話、新聞を広げながら会話、という感じで、案外、相手のことを見ずに会話をしていることが多いのではないでしょうか。

 

夫婦関係を改善するためには、まず、相手の目を見て話をする習慣をつけましょう。目を見て話せば、相手の考えや気持ちも見えてきますし、2人で笑い合うことも増えてくるはずですよ。

 

相手のことを名前で呼ぶ

結婚して子供が出来たり、婚姻期間が長くなってきたりすると、相手のことを名前で呼ぶことは少なくなってしまうと思います。お父さん、お母さん、と呼び合ったり、「おい」と呼んだりすることはありませんか?

 

今さら名前で呼ぶのは照れくさいかもしれませんが、結婚する前のように名前で呼んでみましょう。そうするだけで、結婚前や新婚時代のようなフレッシュな気持ちを思い出すことができますよ。

 

何か一つでも同じ行動をとる

夫婦関係だけではありませんが、自分以外の誰かと同じ行動を取ると、その相手に対して愛着が湧いたり、その相手に心を開きやすくなったりということが起こります。

 

「同じ釜の飯を食う」という諺(ことわざ)がありますが、まさにその通りです。夫婦関係を改善するためには、夫婦で何か一つでもいいので1日で少なくとも1回は同じ行動を取ってみるようにしてください。

 

一緒のタイミングで寝る、一緒にご飯を食べる、一緒のタイミングで出勤する、など、大袈裟なことでなくても構いません。何か一つでも一緒に行動を共にするだけでも会話する機会が増えますし、少しずつ関係が改善していきますよ。

 

相手に不満を話させる機会を与えてあげる

夫婦関係が悪化していくと、夫婦喧嘩すらしなくなってしまいます。また、これ以上関係を悪くしたくないという気持ちから、喧嘩を避けるように当たり障りのない会話しかしなくなることもあると思います。

 

しかし、ときには意見を言い合い、ぶつかり合うことも大切です。夫婦関係を改善するポイントとしては、自分の不満だけをぶつけるのではなく、相手の不満を聞いてあげる、不満を話させてあげる、ということが大切です。

 

自分に対しての不満だけでなく、会社での不満を聞いてあげることで相手のイライラも解消されますし、良き相談相手として頼りにされるようにもなるでしょう。

たとえ喧嘩になってしまっても、喧嘩を恐れず意見を言い合う(&聞いてあげる)機会を持ってみてはどうでしょうか。

 

一緒においしいものを食べに出かける

美味しいものを食べるだけで気分が上がったり、落ち込んだ気持ちが良くなったりした経験はありませんか?実は食べるという行為は、想像以上に人間に良い影響を与えるのです。

 

つまり、夫婦で美味しいものを食べに出かければ、夫婦関係の改善にも役立つ可能性大。自然に会話がはずんで関係も自然にいい方向に向かっていくでしょう。

 

家で美味しいものを作って食べるのでもいいですが、準備や後片付けが発生してしまうので、余計なことは何も考えず、ただただ美味しいものを食べることに集中できるように一緒に外食するのがおすすめです。

 

夫婦関係の改善がどうしてもうまくいかない場合の相談先

夫婦関係を改善したいけれど、どうしてもうまくいかない」「やれることはやったけれど、やはり関係改善は無理だ」と限界を感じてしまった場合はどうすればいいでしょうか。ここでは適切な相談先についてご紹介します。

 

【関連記事】夫婦関係トラブルの相談先|よくある相談・相談するメリットまとめ

 

相談先1:夫婦カウンセラー

夫婦カウンセラーは夫婦間におけるあらゆる問題解決のプロです。有益なアドバイスをもらえますし、第三者が間に入ることで、冷静に話し合うこともできます。

 

カウンセラーに相談することに抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、自分たちだけで関係を改善していくことに限界を感じたら、勇気を出してすぐに相談してみることをおすすめします。

 

【おすすめ記事】夫婦カウンセリングのメリットと料金相場|お悩み例・解決例まとめ

 

相談先2:弁護士に相談する

一向に夫婦関係の改善がみられず、離婚を考えるようになってしまった場合は、弁護士に相談することをおすすめします。

 

親権財産分与慰謝料など決めなければならないことがたくさんあり、当事者同士で解決するのが難しい場合は特に、法律のプロである弁護士に頼ってみてください。

 

法律の知識なく離婚の準備を進めていくと、大きく損する条件で離婚することにもなりかねません。

 

【おすすめ記事】離婚問題解決を弁護士に依頼した際の費用と安く抑える方法

 

相談先3:探偵に相談する

もし、夫婦関係悪化の原因がパートナーの浮気の場合、パートナーや浮気相手に対して慰謝料請求をしたり、パートナーに二度と近づかないように主張したりすることが可能です。

 

ただし、このような行動に出る場合は、決定的な浮気の証拠が必要不可欠になります。探偵に相談し、パートナーに浮気の可能性があるかどうか、また、浮気しているのであればどうやって証拠を取ればいいのかを把握しておきましょう。

 

【おすすめ記事】はじめて探偵に無料相談する方も安心!探偵の選び方・費用・相談の流れ

とにかく誰かに話を聞いてもらいたい・・・そんなときには

無料で利用できる電話占いもおすすめです。占いを信じる・信じないにかかわらず、話を聞いてもらえるだけで心がスッと軽くなることもあります

恋愛・結婚トラブルへのアドバイスが得意な占い師も多数。『離婚弁護士ナビ』が自信をもっておすすめする無料相談可能な電話占いのみ掲載していますので、ぜひ一度ご覧ください。

話を聞いてもらいたい方におすすめの電話占いランキング

まとめ

愛し合い、一生を添い遂げると約束して結婚した2人なのですから、ほんの少しの努力や考え方の変化で関係を改善していくことは可能なはずです。この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

この記事の執筆者
離婚弁護士ナビ編集部
本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

夫婦問題に関する新着マガジン

夫婦問題に関する人気のマガジン

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

夫婦問題マガジン一覧へ戻る