シングルマザーが婚活で成功する秘訣と注意点とは?

~いざという時の備えに~離婚マガジン

ホーム > 離婚マガジン > その他 > シングルマザーが婚活で成功する秘訣と注意点とは?
キーワードからマガジンを探す
Sidebar writer recruit
離婚マガジン
公開日:2019.3.20
その他 執筆記事

シングルマザーが婚活で成功する秘訣と注意点とは?

Img 1553058999

離婚してしまったけれど、だからこそ次の恋愛で幸せな結婚を夢見るシングルマザーも多いのではないでしょうか。夫婦寄り添って生きていきたい、子供のために父親がほしいなど、理由はさまざまです。

 

しかし、シングルマザーの婚活は、独身の婚活とは違った障害もつきもの。成功させる秘訣はあるのでしょうか?

 

ここでは、シングルマザーが婚活で成功する秘訣と、注意点をご紹介します!

 

【関連記事】シングルマザーの婚活は厳しい?シンママの再婚状況とおすすめの婚活方法

シングルマザーが婚活を成功させる秘訣

秘訣1:ある程度の経済的な自立をしている

シングルマザーの婚活は、相手に誤解されがちです。やはり「経済的に依存したいだけなんじゃないの?」といった厳しい意見が聞かれます。

 

お子さんがいると、思ったように働けなかったり、収入が少なかったりしますが、少しずつでも経済的な自立は果たしておくことが好ましいです。

 

万が一離婚をしても(考えたくありませんが)、強く生きていける気がしてしまいます…。

 

秘訣2:女性らしさを維持する

やはり男性から女性として認識してもらうには、オシャレに気を配ることが不可欠です。何も全身ブランド品でガチガチにキメる必要はありません。

 

清潔感のある格好を心がけましょう。また、仕草や会話のトーン、笑顔を絶やさないなどちょっとしたことで、女性らしさは演出できます。

 

秘訣3:友人が多い

お子さんがいるとなかなか友人と会える機会も減ってしまうかもしれませんが、友人が多ければそれだけ出会いのチャンスにも恵まれるでしょう。もちろん、お子さんが第一であることが前提です。

 

秘訣4:重すぎない

いくら婚活といっても、やはり段階を踏んで、慎重にいきたいと考える人は多いでしょう。年齢によっては、結婚に対するハードルが高い場合もあります。

 

付き合うにしても、結婚を急かすのはやめましょう。シングルマザーの場合、お子さんのこともありますので、結婚を急かすと重いと思われることがあります。

 

独身と違うハードルで言えば、お子さんが相手に抵抗感を持たないことも大切です。結婚が絶対にあるとは考えず、まずは結婚できたらいいくらいの気構えでいたほうがよいでしょう。

 

秘訣5:依存しない

経済的な自立に関しては秘訣1でお伝えした通りですが、精神的に依存しすぎないことも重要です。

 

精神的な依存はやはり相手にとっても重いですし、その相手を失ってしまったら立てなくなってしまいます。

 

お子さんを守れるのはあなただけですので、気になる人ができても、適切な距離感で付き合いましょう。もし、自分に依存する傾向があると感じるなら、それを改善させることも大切です。

 

シングルマザーが婚活で注意すべき点

1:焦りは禁物

 

シングルマザーが婚活で注意したいのは、他人と比較して焦ってしまうこと。

 

離婚で失われた人生を埋めるかのように、婚活に焦ってしまったり、幸せそうな友達を見て比較してしまったりするかもしれませんが、焦りは禁物です。

 

焦りや比較する気持ちがあると、冷静に相手を見定めることができなくなり、相手に弄ばれたり、2度目の離婚を余儀なくされたり、後述するように、子供にも大きな悪影響が及びます。

 

いいと思える相手と出会えたなら、相手に依存することなく、一人の人間として付き合い、価値観が合うかどうかで選びましょう。

 

2:子供の気持ちに配慮することが前提

シングルマザーが婚活したい理由はさまざまでしょう。世間では「経済的な依存」だの、「女性の部分を出すなんて気持ち悪い」など、辛辣な意見もありますが…。

 

きっと中には、「精神的な繋がりがほしい」「自分の女性である部分を取り戻したい」といった気持ちもあるのではないでしょうか。

 

婚活で素敵な男性に出会えても、上記でお伝えした通り、焦りや比較することで、早く距離を縮めて結婚したいと思うかもしれません。

 

しかし、お子さんの気持ちに配慮して婚活することは大前提です。お子さんが頼れるのはあなたしかいません。

 

まだ相手がどんな人かもわからないうちから、お子さんを会わせたり、2人きりにしたりするのはやめましょう。お子さんに何かあってからでは遅いです。

 

「子供だって父親がほしいのでは」「子供も喜んでいる」といった考えは正しくないことがあります。あなたのことを気にして、嫌なのに喜んでいるふりをしている可能性もあります。

 

急いで結婚しても、お子さんはもちろん、あなたも幸せにはなれません。慎重に進めることが大切です。

 

まとめ

シングルマザーが婚活を成功させる秘訣と注意点をご紹介しました!

 

結婚は誰でも慎重になります。一度きりで終えたいし、失敗もしたくない。焦って決めたケースでは、「やはりもっと慎重に決めればよかった」と後悔する。

 

人生の伴侶を見つけるというよりも、もっとフラットな関係で付き合える相手を見つけることが大切なのでしょう。チャンスを逃さない姿勢は必要ですが、結婚ってタイミングも重要ですよね。

 

ギラギラしているうちは、思ったような相手に出会えず、肩の力を抜いた瞬間に、いい出会いに恵まれるなんてことも。結局、急がば回れということなのかもしれません。

弁護士費用保険のススメ
Cta_merci

離婚をするときに子供の親権や慰謝料、財産分与などで相手と揉めて、弁護士が必要となったときにかかる費用相場は、内容にもよりますが50~100万円ほどになります。
弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。


  • 相手に親権を渡したくない
  • 養育費を払ってもらえなくなった
  • 不倫相手に慰謝料を請求したい

弁護士保険は、法律トラブルで弁護士に依頼したときの費用が補償されます。
離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題等でも利用することができます。

KL2020・OD・037

この記事の執筆者
離婚弁護士ナビ編集部
本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

その他に関する新着マガジン

その他に関する人気のマガジン

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

その他マガジン一覧へ戻る