ベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ) > 福岡県 > 福岡市 > 六本松駅 > 六本松駅で不倫・離婚慰謝料に強い弁護士

六本松駅で不倫・離婚慰謝料に強い弁護士一覧

福岡県離婚問題のご相談を受付中!
初回面談料0円
夜間休日対応
秘密厳守
※一部、事務所により対応が異なる場合があります
六本松駅で不倫・離婚慰謝料に強い弁護士が6件見つかりました。
利用規約個人情報保護方針に同意の上、各法律事務所にご連絡ください。
更新日:
【別居したい/別居している方】など、有利な条件で離婚したいは当事務所へご依頼ください!
弁護士 舛谷 隆輔
相談料 初回相談料0円
住所 福岡県福岡市中央区赤坂1-14-35 赤坂門AIビル4階A号室
最寄駅 赤坂駅から徒歩1分 ※感謝のお声が詳細ページに載っています※
定休日 土曜 日曜 祝日 営業時間

平日:09:45〜20:00

初回相談0円◆解決実績多数◆女性スタッフ在籍】不倫されたので相手に慰謝料を請求したい/高額な不倫の慰謝料を請求され対応に困っている方へ◆最高のリーガルサービスを、より身近に【不倫慰謝料はお任せを】
注力案件
離婚前相談 離婚協議 離婚調停 財産分与 親権 養育費 不倫・離婚慰謝料 離婚裁判 面会交流 離婚手続き 別居 男女問題 熟年離婚 婚姻費用
対応体制
  • 初回相談無料
  • 電話相談可能
  • 休日の相談可能
◆新しい人生を歩めるよう尽力◆感情面だけでなく、金銭面でも納得のいく離婚を目指します!
弁護士 藤本 創
相談料 初回相談料0円
住所 福岡県福岡市中央区赤坂1-15-33ダイアビル福岡赤坂401
最寄駅 赤坂駅(福岡市営地下鉄 空港線)
定休日 不定休 営業時間

平日:09:00〜20:00

土曜:09:00〜18:00

日曜:09:00〜18:00

祝日:09:00〜18:00

【初回相談0土日祝日のご相談◎財産分与不倫慰謝料請求/共有財産の不動産熟年離婚など、財産分与が複雑化しやすい離婚問題はお任せください!あなたのためになる解決をご提案しますオンライン面談可
注力案件
離婚前相談 離婚協議 離婚調停 財産分与 親権 養育費 DV モラハラ 不倫・離婚慰謝料 離婚裁判 面会交流 離婚手続き 別居 男女問題 熟年離婚 婚姻費用
対応体制
  • 初回相談無料
  • 来所不要
  • 電話相談可能
  • 休日の相談可能
  • オンライン面談可能
最寄駅|
地下鉄七隈線「別府駅」より徒歩10分
営業時間|
平日:08:30〜21:00 土曜:08:30〜21:00
定休日|
日曜 祝日
対応エリア|
福岡県
弁護士|
庄島 純平

事務所がたくさんあって、どこに相談してよいかわからない… Q

まずは、各事務所情報に記載の「注力案件」「対応体制」などをもとに、ご希望の条件を満たすところに相談してみてください。 あなたの相談したい分野に注力していれば、どの事務所でも対応可能ですので、迷ったら第一印象で問題ありません。 A

最寄駅|
福岡市地下鉄「六本松駅」から徒歩1分
営業時間|
平日:09:00〜18:00
定休日|
土曜 日曜 祝日
対応エリア|
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県
弁護士|
鈴木 浩美
最寄駅|
地下鉄空港線赤坂駅
営業時間|
平日:09:00〜21:00 土曜:13:00〜21:00 日曜:13:00〜21:00 祝日:13:00〜21:00
定休日|
無休
対応エリア|
九州全域、山口県
弁護士|
稲森 幸一
最寄駅|
赤坂駅より徒歩1分
営業時間|
平日:09:00〜19:00
定休日|
土曜 日曜 祝日
対応エリア|
福岡県を中心に九州全域、全国区で対応可能
弁護士|
小田 誠
もっとみる
6件中 1 ~6件を表示
六本松駅で不倫・離婚慰謝料の相談が可能な弁護士が回答した解決事例
六本松駅で不倫・離婚慰謝料の相談が可能な弁護士が回答した法律相談QA
キャバクラでの性的なサービスを受けている証拠(LINE)で不貞行為は認定されますか?
相談者(ID:02304)さんからの投稿
夫が毎週キャバクラ(店名から検索すると胸や太ももを触れるなどのサービスを受けられる)に通い、そこの女性と頻繁にLINEしています。
LINEの画像は写真にとっていますが、「イチャイチャする」「太ももが気持ちよかった」などの表現のみで、ホテルに行くなどの肉体関係を証明するものはありません。
以前も同様のことがあったので次したら離婚すると伝えていますが、肉体関係の証拠がないと不貞行為とは言えないでしょうか?
不貞行為には
①離婚原因としての不貞行為(=性行為に限られる)
②慰謝料請求が認められる不貞行為(=性行為に限られない)
の2種類があります。

離婚は協議→調停→裁判という流れで話し合いが行われますが、裁判になった場合、①の話がでてきます。
性行為の立証が不十分であれば、本件では、①の意味での不貞行為は認められません。

もっとも、本件では②の意味での不貞行為といえるものといえますし、
離婚に至る攻め方次第では、様々な方法で相手方を攻撃し、有利な条件で離婚することが可能です。
肉体関係がないので、不貞行為を主張しないのはもったいないかと思います。
お返事ありがとうございます。
LINEを見るに盛り上がってる最中ですのでもう少し泳がせてみたいとおもいます。(わたしも仕事の都合上離婚するならあと1年くらい経過後が1番ちょうど良いこともあります)
正直一緒にいるのは苦痛ですが今の状況でも戦える可能性があると知れて気が楽になりました。
また決心がつきましたら事務所にご相談に伺いたいと思います。
相談者(ID:02304)からの返信
- 返信日:2022年08月04日
弁護士の方はこちら