ベンナビ離婚(旧:離婚弁護士ナビ) > 千葉県 > 船橋市 > 西船橋駅 > 西船橋駅で親権に強い弁護士

【土日祝も対応】西船橋駅で親権に強い弁護士一覧

千葉県離婚問題のご相談を受付中!
初回面談料0円
夜間休日対応
秘密厳守
※一部、事務所により対応が異なる場合があります
西船橋駅で親権に強い弁護士が3件見つかりました。
利用規約個人情報保護方針に同意の上、各法律事務所にご連絡ください。
更新日:
弁護士 元嶋 亮・金田 美津江
相談料 初回相談料0円(30分)
住所 千葉県船橋市葛飾町2丁目402-3マルショウビル401
最寄駅 西船橋駅 徒歩4分
定休日 無休 営業時間

平日:09:00〜19:00

土曜:09:00〜19:00

日曜:09:00〜19:00

祝日:09:00〜19:00

離婚の財産分与/慰謝料の交渉~減額に注力!】【弁護士男女在籍】高品質かつ、迅速に対応いたします◎≪不倫慰謝料の減額交渉は着手金返金保証制度≫などリーズナブルな料金プランあり!
注力案件
離婚調停 財産分与 親権 養育費 不倫・離婚慰謝料 離婚裁判 別居 熟年離婚 婚姻費用
対応体制
  • 初回相談無料
  • 電話相談可能
  • 休日の相談可能
  • オンライン面談可能
長年連れ添ったご夫婦の離婚は当事務所にご相談を!30代~の方を中心に多数の解決実績あり◎
弁護士 高田 雄佑
住所 千葉県船橋市葛飾町2丁目384-6第2小森ビル402
最寄駅 JR西船橋駅(南口より徒歩3分)
定休日 日曜 祝日 営業時間

平日:10:00〜20:00

土曜:10:00〜15:00

◆初回相談無料/≪経験豊富・解決実績100件以上≫/【離婚】夫婦間の協議、調停、裁判、養育費など幅広く対応します/【不貞(不倫)・浮気】きっちり慰謝料を請求したい、高額な請求を減額したい
注力案件
離婚前相談 離婚協議 離婚調停 財産分与 親権 養育費 不倫・離婚慰謝料 離婚裁判 面会交流 離婚手続き 別居 男女問題 熟年離婚 婚姻費用
対応体制
  • 初回相談無料
  • 電話相談可能
  • 休日の相談可能
男性の離婚に注力!◆オーダーメイドの対応◎◆お金の条件が不利にならないようサポートします
弁護士 川口 晴久
相談料 初回相談料0円
住所 千葉県船橋市西船4-14-12木村建設工業本社ビル503
最寄駅 京成西船駅・西船橋駅 徒歩3分
定休日 無休 営業時間

平日:09:00〜23:00

土曜:09:00〜23:00

日曜:09:00〜23:00

祝日:09:00〜23:00

初回相談無料】【離婚問題の解決実績100件以上男性の離婚に注力!あなたの味方として意思を尊重し、慰謝料や養育費、財産分与など、お金の条件が不利にならないようサポートいたします【休日の面談相談対応◎
注力案件
離婚前相談 離婚協議 離婚調停 財産分与 親権 養育費 DV モラハラ 不倫・離婚慰謝料 離婚裁判 面会交流 離婚手続き 別居 男女問題 熟年離婚 婚姻費用
対応体制
  • 初回相談無料
  • 電話相談可能
  • LINE予約可
  • 休日の相談可能
  • オンライン面談可能
3件中 1 ~3件を表示
西船橋駅で親権の相談が可能な弁護士が回答した解決事例
西船橋駅で親権の相談が可能な弁護士が回答した法律相談QA
親権のない元夫から、親権者に子供を返して欲しい。
相談者(ID:34219)さんからの投稿
離婚により5歳の子供の親権は母親に決まりました。
元夫が子供に会いたいと言うので会わせたところ、子供を返してくれません。元夫家族(子供の祖母)に『孫とは2度と会わせない』と怒鳴られ子供に会う事も出来ません。子供を返してもらうにはどうしたら良いですか?
ご心配されている状況、大変辛いことと存じます。

親権が決定した後であっても、非親権者は子どもと接する権利(面会交流権)を有しています。
しかし、その逆に、子どもを無断で引き留める行為は許されません。
あなたが親権者として、子どもが安定した生活を送る権利を尊重されるべきです。

まずは、元夫あるいは元夫家族に対して子どもを返還するよう求めるようにしましょう。
その際、証拠が残るように書面等で行うと良いでしょう。

それでも改善しない場合、警察に相談をするという方法があります。
しかし、注意点として、警察は基本的に刑事事件にしか関与しないため、「親権侵害」や「誘拐」等の犯罪があると認識させる必要があります。

最終手段として、家庭裁判所に対して「子の引き渡し命令」を求める訴えを提起するという方法もあります。
家庭裁判所は、子どもの福祉を優先してこの命令を出すか否かを判断します。
その判断の過程では、親権者や非親権者からヒアリングを行われ、さらに、場合によっては、それぞれの親と子どもとの関わり方などについて家庭裁判所の調査官が調査することもあります。

内容の厳重さを考え、具体的なアクションを取る前には一度専門家に相談されることをお勧めします。
- 回答日:2024年02月14日
弁護士の方はこちら