本千葉駅で離婚問題に強い弁護士一覧

条件を絞り込む
本千葉駅で離婚が得意な法律事務所は5件です。
利用規約個人情報保護方針に同意の上、各法律事務所にご連絡ください。
弁護士 千葉法律事務所 所長 金﨑 美代子
住所 千葉県千葉市中央3丁目3−1フジモト第一生命ビルディング8F
最寄駅 【千葉都市モノレール『葭川公園駅』より徒歩2分】【京成千葉線・京成千原線『千葉中央駅』より徒歩5分】【千葉都市モノレール『栄町駅』より徒歩7分】【京成千葉線『京成千葉駅』より徒歩10分】【各線『千葉駅』より徒歩12分】
定休日 無休 営業時間

平日:09:30〜20:00

土曜:09:30〜18:30

日曜:09:30〜18:30

祝日:09:30〜18:30

【千葉中央駅徒歩5分】【法律相談30分無料】弁護士法人ALGでは、離婚の相談件数だけで76,852件(2007年6月~2022年4月末まで)と豊富な経験に裏打ちされた安心の解決策をご提案いたします。
対応案件
離婚調停 財産分与 親権 養育費 DV モラハラ 国際離婚 不倫・離婚慰謝料 離婚裁判 面会交流 離婚手続き 別居 熟年離婚 婚姻費用
対応体制
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • オンライン面談可能
◆千葉エリア対応!【事前電話相談予約可】まずはお気軽にお電話ください!
弁護士 代表弁護士 萩原達也(ベリーベスト弁護士法人/主事務所:ベリーベスト法律事務所)
住所 千葉県千葉市中央区富士見2-3-1塚本大千葉ビル9階
最寄駅 JR千葉駅 徒歩3分
定休日 無休 営業時間

平日:9:30〜21:00

土曜:9:30〜18:00

日曜:9:30〜18:00

祝日:9:30〜18:00

【離婚専門チームが対応!】 離婚問題の実績豊富な弁護士が、あなたのお悩みに寄り添いますまずはお電話ください
対応案件
離婚協議 離婚調停 財産分与 親権 養育費 DV モラハラ 国際離婚 不倫・離婚慰謝料 離婚裁判 面会交流 離婚手続き 別居 熟年離婚 婚姻費用
対応体制
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • オンライン面談可能
慰謝料請求された/減額・免除交渉の依頼/相談0円
弁護士 大倉 正史【千葉支店長】
住所 千葉県千葉市中央区新町1000センシティタワー21F
最寄駅 JR「千葉駅」より徒歩4分 京成千葉線「京成千葉駅」より徒歩1分 千葉都市モノレール「千葉駅」より徒歩2分
定休日 営業時間

平日:09:00〜22:00

土曜:09:00〜22:00

日曜:09:00〜22:00

祝日:09:00〜22:00

何度でも相談無料成功報酬金は後払い】浮気・不倫の慰謝料問題でお悩みの方の“最初の相談相手”に。後悔しない&損しない慰謝料請求(慰謝料減額)を、経験豊富な弁護士が徹底サポートします!
対応案件
不倫・離婚慰謝料 男女問題
対応体制
  • 来所不要
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • オンライン面談可能

事務所がたくさんあって、どこに相談してよいかわからない… Q

まずは、各事務所情報に記載の「注力案件」「対応体制」などをもとに、ご希望の条件を満たすところに相談してみてください。 あなたの相談したい分野に注力していれば、どの事務所でも対応可能ですので、迷ったら第一印象で問題ありません。 A

弁護士 石井 康晶
住所 千葉県千葉市中央区中央4-12-1KA中央ビル4F
最寄駅 【千葉中央駅 徒歩5分】【本千葉駅 徒歩10分】
定休日 土曜 日曜 祝日 営業時間

平日:09:00〜18:00

【慰謝料・親権・養育費・財産分与・DV・男女トラブルなど】お任せください 「弱い立場の人に、心から寄りそう」をライフワークに掲げ、ご依頼者さまの「心のケア」に目を向け問題の解決方法を一緒に探します
対応案件
離婚前相談 離婚協議 離婚調停 財産分与 親権 養育費 DV モラハラ 不倫・離婚慰謝料 離婚裁判 面会交流 離婚手続き 別居 男女問題 熟年離婚 婚姻費用
対応体制
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
最寄駅|
京成千葉駅
営業時間|
平日:10:00〜17:00
定休日|
土曜 日曜 祝日
対応エリア|
千葉県
弁護士|
山田 洋斗
5件中 1 ~5件を表示
本千葉駅の離婚弁護士が回答した解決事例
本千葉駅の離婚弁護士が回答した法律相談QA
10年別居中で離婚するには
相談者(ID:00131)さんからの投稿
10年別居中なのですが、相手が何処に住んでいるのか判らず(多分埼玉県のどこか)離婚したいのですが、今現在住んで居るところで出来ますか
弁護士石井と申します。
住民票、戸籍附票から現住所を特定できる場合、協議離婚が無理なら調停離婚をすることになりますが、これは相手の住所で行う必要があります。
特定不能の場合、相談者の住所で離婚訴訟を提起することになります。
エバー総合法律事務所からの回答
- 回答日:2021年10月31日
再婚後、養育費の返還は必要ですか
相談者(ID:00133)さんからの投稿
自分の母の話になります。

母の元夫から、母が再婚してから数年再婚を知らずに払っていた分の養育費の返還を求められています。弁護士を通して封書が届きました。
相手からの養育費の支払い(分割)は現在完了しています。
この場合は返還する必要があるのでしょうか。


また、子供が20歳になるまでという取り決めでしたが相手が勘違いして2年ほど養育費を支払い続けていたみたいです。
その場合は、過払いとして過払い分返還をする事になるのでしょうか。

ご教授お願い致します。
弁護士石井と申します。
再婚によって即養育費の支払い義務がなくなるわけではないため、再婚後の受け取り分については返還不要です(再婚相手は養子縁組はしたのでしょうか)。
しかし、20歳以降の受取は受け取る根拠がないため返還を要します。
エバー総合法律事務所からの回答
- 回答日:2021年10月31日