ホーム > 解決事例 > 離婚協議 > 養育費 > 私立の費用を考慮した婚姻費用・養育費を定めた事案
養育費
離婚協議

私立の費用を考慮した婚姻費用・養育費を定めた事案

依頼者からの相談内容

依頼者
性別 年齢 エリア 職業 婚姻期間 子供
- - - - - -
依頼者には、私立学校に通う子供がいました。依頼者は相手方から,子供の私立学校の学費を婚姻費用(生活費)として支払うよう求められていました。
双方の収入や私立学校にかよった経緯等を確認したところ、請求の減額ができそうだったため、減額を求めていくことにしました。

弁護士の対応

私立学校の費用を婚姻費用や養育費において考慮するべきか否かは,両親の経歴や学校入学の経緯等の事情によるため,その点を詳細に主張しました。
対応後の結果
婚姻費用・養育費の金額を相手方の主張より減額することに成功しました。

解決した事務所

弁護士 長江 昂紀
住所 愛知県名古屋市西区名駅1-1-17 名駅ダイヤメイテツビル11階
最寄駅 名古屋駅
定休日 祝日 営業時間

平日:09:00〜21:00

土曜:10:00〜17:00

日曜:10:00〜17:00

土日祝日・平日21時まで営業】◆離婚したいが財産や慰謝料の問題で折り合いがつかない等◆離婚を決意した方は是非ご相談ください◆離婚・男女問題の取扱い100件以上◆経験豊富な弁護士が問題解決に尽力します◆
対応案件
離婚協議 離婚調停 財産分与 親権 養育費 DV モラハラ 不倫慰謝料 男女問題
対応体制
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • オンライン面談可能