ホーム > 解決事例 > 離婚調停 > 財産分与 > 離婚を求められたため財産分与・養育費など正当な額を請求し成立させたケース
財産分与
離婚調停
30代
女性

離婚を求められたため財産分与・養育費など正当な額を請求し成立させたケース

依頼者からの相談内容

依頼者
性別 年齢 エリア 職業 婚姻期間 子供
女性 30代 - 会社員 - あり
妊娠中に夫が突然家出をし、弁護士を立てて離婚を求めてきました。
離婚を求める理由が納得できず、出産を控えて今後が不安だ、というご相談でした。

弁護士の対応

夫側から離婚調停を申し立てられ、子どものDNA鑑定を要求されました。
ご依頼者様は鑑定に何ら問題がないため、鑑定に応じ、父子関係が明らかになりました。
対応後の結果
夫側の離婚意思が固かったため、養育費等を取り決めたうえで調停離婚が成立いたしました。

依頼者が調停前に出産されましたが、夫側が依頼者との連絡を絶っていたために、お名前をどうするか等のやり取りもできませんでした。

代理人弁護士間でそのような事実上のやり取りについても窓口となり話合いを進めました。
調停が始まってからは、依頼者側も離婚をやむを得ないと考えるようになり、財産関係や養育費等を手当したうえで離婚することになりました。
財産分与、養育費
得られたメリット

解決した事務所

弁護士 吉村浩太
住所 神奈川県相模原市中央区相模原6-22-9朝日相模原ビル603
最寄駅 JR横浜線「相模原駅」より徒歩12分
定休日 土曜 日曜 祝日 営業時間

平日:09:30〜18:00

●地域密着●初回面談0円●24Hメール予約受付中●離婚を決意したらご相談を|あなたにとって最善の解決策をご提案します。ご相談者様の精神的負担を軽減できるよう、お力となります【オンライン面談可・感染症対策】

対応案件
離婚前相談 離婚協議 離婚調停 財産分与 親権 養育費 DV モラハラ 国際離婚 不倫慰謝料 男女問題
対応体制
  • 電話相談可能
  • LINE相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能