離婚弁護士ナビ > 弁護士検索 > [青森県][離婚問題]弁護士 > [青森市][離婚問題]弁護士

青森県青森市で離婚問題に強い弁護士一覧

条件を絞り込む
青森県青森市で離婚が得意な法律事務所は4件です。
利用規約個人情報保護方針に同意の上、各法律事務所にご連絡ください。
慰謝料請求された/減額・免除交渉の依頼/相談0円
電話相談可能
初回の面談相談無料
休日の面談可能
オンライン面談可能
来所不要
対応体制
最寄駅
JR/青い森鉄道「青森駅」東口から徒歩8分
営業時間|平日:09:00〜22:00 土曜:09:00〜22:00 日曜:09:00〜22:00 祝日:09:00〜22:00 / 定休日|ー / 弁護士|武田 信宏【青森支店長】
何度でも相談無料成功報酬金は後払い】浮気・不倫の慰謝料問題でお悩みの方の“最初の相談相手”に。後悔しない&損しない慰謝料請求(慰謝料減額)を、経験豊富な弁護士が徹底サポートします!
お問合せはコチラから
電話でお問合せ
050-5228-2217
受付時間: 09:00〜22:00
注力分野
不倫・離婚慰謝料
男女問題
定休日
営業時間

平日:09:00〜22:00

土曜:09:00〜22:00

日曜:09:00〜22:00

祝日:09:00〜22:00

住所 青森県青森市新町2-1-11ESTビル9F
弁護士 武田 信宏【青森支店長】
注力分野 不倫・離婚慰謝料/男女問題
定休日 営業時間

平日:09:00〜22:00

土曜:09:00〜22:00

日曜:09:00〜22:00

祝日:09:00〜22:00

住所 青森県青森市新町2-1-11ESTビル9F
弁護士 武田 信宏【青森支店長】
休日は災害救助犬・警察犬の訓練に励んでいます。平日9:00~17:00にお問い合わせください
オンライン面談可能
対応体制
最寄駅
青森駅 事務所の近隣に駐車場がございます
営業時間|平日:09:00〜17:00 / 定休日|土曜 日曜 祝日 / 弁護士|山口 最史
【近隣に駐車場あり】◆離婚問題 全般に対応◆相手に交渉してほしい/話合いを進めて早く離婚したい等のお悩みはLRT法律事務所へご相談を。適切な選択肢提案のため尽力いたします【財産分与不倫慰謝料養育費
お問合せはコチラから
電話でお問合せ
050-5228-3414
注力分野
離婚前相談
離婚協議
離婚調停
財産分与
親権
養育費
DV
モラハラ
国際離婚
不倫・離婚慰謝料
離婚裁判
面会交流
離婚手続き
別居
男女問題
熟年離婚
婚姻費用
定休日 土曜 日曜 祝日
営業時間

平日:09:00〜17:00

住所 青森県青森市本町1-4-16TMビル2階-1
弁護士 山口 最史
注力分野 離婚前相談/離婚協議/離婚調停/財産分与/親権/養育費/DV/モラハラ/国際離婚/不倫・離婚慰謝料/離婚裁判/面会交流/離婚手続き/別居/男女問題/熟年離婚/婚姻費用
定休日 土曜 日曜 祝日 営業時間

平日:09:00〜17:00

住所 青森県青森市本町1-4-16TMビル2階-1
弁護士 山口 最史
弁護士 小澤 博之
住所 青森県青森市古川1-15-5オフィスビル木村3階
最寄駅 青森駅
定休日 土曜 日曜 祝日 営業時間

平日:09:00〜18:00

【青森県全域対応】【電話・オンライン相談可能】離婚全般のお悩みお聞かせ下さい。費用が不安な方は法テラスもご利用いただけます。

事務所がたくさんあって、どこに相談してよいかわからない… Q

まずは、各事務所情報に記載の「注力案件」「対応体制」などをもとに、ご希望の条件を満たすところに相談してみてください。 あなたの相談したい分野に注力していれば、どの事務所でも対応可能ですので、迷ったら第一印象で問題ありません。 A

弁護士 須藤 真悟
住所 青森県青森市古川2-2-6葛西ビル3階
最寄駅 青森駅
定休日 営業時間
4件中 1 ~4件を表示
青森県青森市の離婚弁護士が回答した解決事例

青森県青森市の離婚数

令和1年の離婚件数は442件 で、青森県の市町村の中で第1位の多さになっています。また、前年より20件減少しました。

 

年次

離婚件数

平成29年

449

平成30年

462

令和1年

442

 

 

参考:令和元年青森県保健統計年報

青森県青森市の離婚の特徴

青森県青森市の離婚件数について、人口が同じくらいの青森県八戸市と比較すると(青森市は約28万人、八戸市は約22万人)、青森市の令和1年の離婚件数は442件で八戸市は376件でした。青森市は八戸市よりも人口が約1.3倍多いことを考慮すると、青森市の離婚件数は八戸市よりもやや少なめということがわかります。

また、青森県青森市の離婚件数の推移を見ると、平成29年449件、平成30年462件、令和1年442件で、若干増えた年もありますが、ほぼ横ばい状態となっています。