ホーム > 解決事例 > 裁判離婚 > 親権 > 夫が隠していた共有財産を調査して離婚した事例(離婚訴訟)
親権
裁判離婚
40代
女性

夫が隠していた共有財産を調査して離婚した事例(離婚訴訟)

依頼者からの相談内容

依頼者
性別 年齢 エリア 職業 婚姻期間 子供
女性 40代 東京都 会社員 15年 -
ご相談者様は、夫から身体的暴力、経済的暴力を受けており、離婚を希望していました。調停では親権を巡り折り合いがつかず、共有財産についても相手が全く開示に応じなかったため、訴訟提起となりました。

弁護士の対応

身体的暴力、経済的暴力については、ご相談者様の記録と写真程度の証拠のみでしたが、すべて裁判所に提出しました。
共有財産については、可能性のある金融機関、保険会社等の調査嘱託を行いました。
対応後の結果
離婚と親権については、ご相談者様の希望のとおり和解しました。
共有財産についても、調査嘱託により判明しました。
400万円
得られたメリット