ホーム > 解決事例 > 離婚協議 > 不倫慰謝料 > 示談書に署名捺印した後に、示談金を減額できた事例
不倫慰謝料
離婚協議
女性

示談書に署名捺印した後に、示談金を減額できた事例

依頼者からの相談内容

依頼者
性別 年齢 エリア 職業 婚姻期間 子供
女性 - 東京都 - - -
ご相談者様は、男性と不倫関係にありましたが、その男性の妻が自宅に無理やり押しかけてきて、500万円の支払いなどを内容とする示談金にサインさせられました。

弁護士の対応

示談書の効力を争うとともに、合意金額につき改めて相手方と交渉しました。
対応後の結果
ご相談者様が150万円を支払うことで合意に至りました。
350万円(減額)
得られたメリット

解決した事務所

弁護士 阿野 順一 市川 知明 津田 卓椰
住所 神奈川県川崎市川崎区東田町5番地3 ホンマビル7階
最寄駅 JR川崎駅より徒歩5分、京急川崎駅より徒歩4分
定休日 土曜 日曜 祝日 営業時間

平日:10:00〜18:00

【土日祝日や夜間の相談も対応】男性側の離婚に注力。不倫の慰謝料請求されている、慰謝料請求したい、少しでも有利な条件で離婚したい、スピード解決したいなどはご相談ください。実績多数の弁護士が対応します。
対応案件
離婚調停 財産分与 親権 養育費 DV モラハラ 国際離婚 不倫慰謝料
対応体制
  • 来所不要
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能