ホーム > 解決事例 > 離婚調停 > 離婚前相談 > 【裁判で和解離婚】別居中の妻と離婚した例
離婚前相談
離婚調停

【裁判で和解離婚】別居中の妻と離婚した例

依頼者からの相談内容

依頼者
性別 年齢 エリア 職業 婚姻期間 子供
- - - - - -
依頼者Dさんの妻は、自宅に自身と子供2人を残し、実家に帰っていました。
自身が自宅で子供2人を養育していることから、妻に対し離婚調停を申し立てたいと、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

弁護士の対応

離婚調停は、不成立に終わってしまったため、離婚訴訟を提起しました。
調停後、訴訟をご希望されましたので、当事務所の弁護士は、夫側の代理人として離婚調停から訴訟まで一貫して対応しました。
対応後の結果
一般的に難しいとされる、夫側からの子供の親権の取得、妻から子供に対する養育費の請求、夫名義の住宅ローンがあることから財産分与を夫側が支払わないことを内容とする裁判で争い、和解離婚を成立させることが出来ました。
財産分与0円
得られたメリット

解決した事務所

30、40代~のご相談者さま多数!長年連れ添った夫/妻の離婚でお悩みの方も、お気軽にご連絡ください
弁護士 玉真聡志
住所 千葉県松戸市松戸1834-15キュービック松戸ビル6階B
最寄駅 松戸駅
定休日 土曜 日曜 祝日 営業時間

平日:11:00〜19:00

初回面談1時間無料調停をしてでも離婚したい/自宅・預貯金・車などの財産分与で揉めている/親権(養育費)についてお困りの方など●幅広い離婚問題に対応!お気軽にご相談ください≪詳細は写真をクリック

対応案件
離婚前相談 離婚調停 財産分与 親権 養育費 国際離婚 不倫慰謝料 男女問題
対応体制
  • 電話相談可能
  • LINE相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • オンライン面談可能