ホーム > 解決事例 > 離婚協議 > 親権 > 夫と妻側に子1名ずつ親権取得(分属)した事例
親権
離婚協議
男性

夫と妻側に子1名ずつ親権取得(分属)した事例

依頼者からの相談内容

依頼者
性別 年齢 エリア 職業 婚姻期間 子供
男性 - - - - あり
離婚を希望し、実家に次男と戻ったのですが、妻が離婚に応じてくれませんでした。
長男は私たち家族がもともと暮らしていた所有不動産に、妻と同居しています。
妻は離婚後の生活がうまくいくのか不安なのでしょうが、私としては離婚したいので、離婚できるかも問題ですが、子どもたちがどのようになってしまうのかが心配です。

弁護士の対応

協議にて離婚することが困難であると判断し、離婚調停の申立て、離婚とともに親権についても調整することにしました。
対応後の結果
子どもたちの意思の尊重もあり、現状のまま、夫が次男、妻が長男の親権をそれぞれ取得することになりました。
裁判所公表の算定表では対応できなかったので、別の計算方式にて算出した養育費となりました。

解決した事務所

あなたのお悩みに真摯に向き合います
弁護士 佐藤 善紀
住所 京都府京都市中京区柳馬場通夷川上る五丁目226-3御所南宮崎ビル1階
最寄駅 丸太町駅5番・7番出口から徒歩約7分
定休日 土曜 日曜 祝日 営業時間

平日:09:00〜20:00

離婚協議調停など、離婚で揉めたら弁護士 佐藤へご連絡を。相談件数100件以上の実績をもつ弁護士が、解決までサポート致します。揉めた相手との交渉・協議など幅広い離婚問題に自信【初回面談 無料】
対応案件
離婚協議 離婚調停 財産分与 親権 養育費 DV モラハラ 不倫慰謝料 男女問題
対応体制
  • 電話相談可能
  • LINE相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • オンライン面談可能