ホーム > 解決事例 > 離婚協議 > 離婚前相談 > 両親を巻き込んだ離婚の争いになった事例
離婚前相談
離婚協議
20代
男性

両親を巻き込んだ離婚の争いになった事例

依頼者からの相談内容

依頼者
性別 年齢 エリア 職業 婚姻期間 子供
男性 20代 - - - -
結婚して1年程しかたっていない,若いご夫婦の離婚について,男性からのご相談でした。
まだ20代のお若い方だったこともあり,ご相談に際してはご両親が同席されました。
すでに両家の両親を交えて一度話し合いをしたという段階でした。
妻も認めていることでしたが,妻側に不貞と言われても仕方のない出来事があり,夫から離婚の意向を示していたところ,話合いの際には,妻側から離婚にあたっての慰謝料を請求されていました。

弁護士の対応

お聞きした限りでは,こちらが慰謝料を支払う必要性は全くないと考えられましたので,そのような意見を伝えた上で,一旦はご自身たちで対応されるということで相談は終了となりました。
しかし,やはり当事者同士では,合意にいたることはできなかったとのことで,代理人としてご依頼を受けることになりました。
直接の話し合いでは,当事者が二人とも若いこともあって,どうしても双方のご両親が関与してきてしまいます。
そこで,離婚調停の手続きを利用し,無事離婚を成立させることが出来ました。
対応後の結果
特に財産分与の支払もなく,調停での離婚成立に至りました。