離婚弁護士ナビ > 弁護士検索 > [山梨県][離婚問題]弁護士 > [甲府市][離婚問題]弁護士 > 弁護士 國澤 雄次郎 (たちかぜ法律事務所)

弁護士 國澤 雄次郎 (たちかぜ法律事務所)

Office info 202012110859 30761 w380
Office info 202012110859 30761 w380 Office info 202102081023 30762 w380 Office info 202012110859 30763 w380
相談の流れを見る
弁護士への相談の流れ
弁護士 國澤 雄次郎
住所 山梨県甲府市相生2-5-17鈴木屋ビル4階
最寄駅 甲府駅、金手駅、南甲府駅
定休日 土曜 日曜 祝日 営業時間

平日:09:00〜18:00

対応案件
離婚協議 財産分与 養育費 不倫・離婚慰謝料 離婚裁判 面会交流 離婚手続き 別居 熟年離婚 婚姻費用
対応体制
  • 面談予約のみ
  • 休日の相談可能
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。
お問合せはコチラから
営業時間外です
050-5228-2478
面談予約のみ
メールで問合わせ
弁護士 國澤 雄次郎 (たちかぜ法律事務所)
Office info 202012110859 30761 w250
※04時34分現在は営業時間外となります。メール問合せのご利用をオススメします。
電話で予約する
050-5228-2478
メールで問合せする
事務所所在地
山梨県甲府市相生2-5-17鈴木屋ビル4階
  • 事務所詳細
  • インタビュー

不倫への慰謝料請求をお考えの際は弁護士 國澤へご相談ください

お気持ちに寄り添いしっかりとご相談をお伺いいたします

たちかぜ法律事務所様に在籍する弁護士 國澤 雄次郎は、事務所の近辺で発生した法律問題をはじめ、市町村が開催する無料相談会でお会いした方より継続してご依頼を頂くなど、山梨県で発生する法律問題と幅広く向き合うことで様々な実績・知見を培って参りました。

離婚問題でお悩みの方の多くは、今後の見通しが立たないことや進み方に不安を覚え、お辛い状況に耐えている方も多くみられます。

しかし、そうした精神的負担から逃げたいと、相手から提示された不利な条件に応じる必要はございません。

「夫・妻が不倫した」「不倫相手との縁を切らせたい」など、夫・妻の不倫が原因での離婚、もしくは慰謝料請求でお悩みを抱えた方、弁護士 國澤への相談をご検討ください。

弁護士 國澤は、これまで離婚問題において不倫への慰謝料請求、離婚に踏み出した方へのサポートへ注力し、精神的なご負担を軽減するための早期解決を心掛けております。
 

ご相談を希望される方へ
  原則、ご相談は面談にて伺っております

ご希望日時をお電話にてご予約ください

弊所では、法律の観点や心情を踏まえ問題をより詳細にお聞きするためにも、原則、ご相談は面談にてお伺いしております。

まずは、お気軽にお電話にてご希望の日時をご予約ください。
 

お問合せの際、「離婚弁護士ナビを見た」とお伝えいただければ、初回相談のご利用(30分)は無料にてご案内させて頂きます。

(※ 解釈の相違や最善の解決策をご提案するため、お電話・メール越しの回答は控えさせていただいております。ご了承ください。

こうしたお悩み、適切な解決策のご提案を心掛けております

不倫相手やパートナーへ慰謝料を請求したい

  • 夫・妻が不倫していたため、慰謝料を請求して離婚したい
  • 不倫相手に慰謝料を請求し夫・妻との縁を切らせたい
  • 感情論になって話し合いがまとまらないため弁護士から交渉してほしい など

ご相談の際はこうした資料をお持ちください

不貞行為の場面をおさえた/LINEのやり取り・履歴・スクリーンショット/探偵の調査書 など


不貞慰謝料の請求は事実を示す証拠が不可欠です。上記のような資料・証拠をご持参いただくことで、より正確な方向性を見い出し、最善の解決策のご提案へ繋がる可能性が高くなります。
 

慰謝料を請求された/書面で支払うよう通知を受け取った

  • 慰謝料を求める通知を受け取ったがどうしたらいいか
  • 夫・妻から、職場などにまで支払いを求める連絡が来るようになり困っている
  • 慰謝料を請求されているが相場が分からず応じるべきか判断できない など


不貞慰謝料の請求を受けている、もしくはその請求を求める書面を受け取ったという方、どうかできるだけ早期に弁護士へ相談ください。そうした通知を放置してしまうと、裁判になる、勤務先に連絡が来る、など新たなトラブルへ発展しかねません。

弁護士がご事情をお伺いし、減額への交渉や円滑な解決を目指し尽力致します。まずは相談をご検討ください。
 

離婚を決意し、踏み出された方へ

共有財産の分割を巡るトラブルはご相談ください

上記のようなお悩みに限らず、離婚に関して発生する問題は、ご相談者様によって千差万別です。

また、話し合う内容も多岐に渡ることから、その場は当人同士の話し合いで成立したとしても、その後トラブルが蒸し返され、理不尽な言いがかりを受けるケースも見られます。

離婚を決意し、新しい人生に一歩踏み出されたら、今後の紛争リスクを軽減するためにも弁護士へのご相談がおすすめです。

弁護士 國澤は、ご相談を頂いてから離婚成立まで、適切に折り合いをつけながらトータルサポート致しますのでご安心ください。
 

アクセス

お車をご利用の方

専用駐車場を完備しております。ご利用の際は、お問い合わせ時にお申しつけください。

公共交通機関をご利用の方

最寄り駅:甲府駅

高校中退後、飲食店で働きながら勉強。大学に入学し、晴れて弁護士になった國澤先生。
平日は弁護士として依頼者と日々向き合い、身を粉にしながら働く一方、休日は子どもと一緒に過ごす子煩悩な一面もあるそうです。弁護士業にかける熱い想いの裏には何があるのか?國澤先生の素顔に迫りました。

働きながら勉強を|双方の立場に立てる弁護士に憧れて

――弁護士を志された理由がありましたらお聞きしたいです。

法律の勉強をすることで、身近な人たちを救うことができるのではないか、と思ったのが弁護士を志した理由の一つです。

実は私、高校を中退しているのです。だからこそ、手に職が就くという点も魅力でした。

当時は4年ほど、飲食店で働きながら大検、今でいう「高卒認定」を取得するための勉強をしていましたね。

――働きながら勉強ですか…! 

当時は大変でしたけど大学に行きたかったので…。何とか頑張りましたね。

そこから法律について勉強し、無事に司法試験に合格して修習先として配属されたのが山梨県でした。出身は東京の三鷹の方なのですが、過ごしていくうちに山梨は過ごしやすいなと思って、そのまま就職先も山梨で決めたんです。

――そうだったのですね!ちなみに、修習時、裁判官や検察官などの職業もご経験されるかと思うのですがほか士業の実務に触れてみていかがでしたか?

実をいうと修習時代は検察官にも憧れていました。

しかし、検察は被害者側の立場にしか立てないないといいますか…。検察官は、容疑者を一方的に攻める選択肢しか残されていない事実を、修習生時代に目の当たりにしました。

そのときに、「加害者側・被害者側、双方の立場にも立つことができる弁護士という職業は素敵だな」と思い、弁護士になろうと改めて決意しましたね。しかし、現実は厳しい、つらいこともありまして…。

先生が感じた、弁護士業の「厳しさ」とは?

――ちなみにどういったことかお聞きしてもよろしいでしょうか?

依頼者の希望通りに事を進ませられないのが歯がゆかったですし、つらかったんです。

感情を汲み取りたい気持ちはありますが、法律に沿って案件を進めてく必要もあるので、どうしても、理想を100%叶えることが出来ないケースもあるのです。

依頼者に感謝の言葉を頂くこともある反面、依頼者の期待に応えられない辛さもあるのが現実でした。

――弁護士業と向き合う上での現実を突きつけられたのですね。

そうですね。もちろん感謝されることはもちろんありますが、全てがキラキラとした実績ばかりではないんです。

ただ、非常にやりがいを感じる職業なので弁護士になるという選択して良かったなと心から思っています。

思ってもいないことが解決の糸口になるケースも

――國澤先生が現在取り組まれている案件の内訳を具体的にお伺いしていいですか?

民事が八割ほど占めますね。そして一割から二割ほどが企業法務です。民事事件で一番多いのは離婚、それ以外は債務整理や相続でしょうか。

――先生がご相談者からの相談を聞くうえで心掛けていることはありますか?

まずは、一時間でも二時間でも話をじっくり聞くことですね。話をまずしっかり聞かないと依頼者様と信頼関係を築けないと思っていますので…。

また、話をしっかり聞いていると全然依頼内容と関係のない話でも事件の解決に結びつくこともありますからね。

――確かに、思ってもいないことが糸口になるケースもあるとお聞きします。

そうなんです。
自分で言うのもなんですが、私は敷居が高い弁護士ではないと思っておりまして(笑)

夫婦間の小さなトラブルやモヤモヤから離婚に繋がることがあるので、離婚が完全に決まっていなくても、まずは気負わずに一度お越しになってほしいですね。

休日は家族で団欒を

――先生、かなりご多忙かと思われますが、お休みの日は何されているのでしょうか?

休日は家族みんなで団欒します。子どもが小さいのもあって絶対に家族と過ごそうと思っていて。子どもがね、本当にかわいいんですよ…。

土日は休む代わりに、平日の日はみっちり仕事をしますけどね(笑)

――ご家族のことを話すとき、声が弾んでいらっしゃいますね (笑) ワークライフバランスを非常に大事にされているんですね!

お問合せはコチラから
営業時間外です
050-5228-2478
面談予約のみ
メールで問合わせ
弁護士事務所情報
事務所名 弁護士 國澤 雄次郎 (たちかぜ法律事務所)
弁護士 國澤 雄次郎
所属団体 山梨県弁護士会
住所 山梨県甲府市相生2-5-17鈴木屋ビル4階
最寄駅 甲府駅、金手駅、南甲府駅
電話番号 050-5228-2478
対応地域 山梨県
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :09:00〜18:00

営業時間備考 事前予約で夜間、休日のご相談も承ります。
お問合せはコチラから
営業時間外です
050-5228-2478
面談予約のみ
メールで問合わせ
アクセスマップ
Btn map large
この事務所をLINEでブックマーク
同じ市区町村にある弁護士・法律事務所
【甲府】ベリーベスト法律事務所
山梨県甲府市丸の内二丁目30番3号 甲府丸の内ビル5階
【離婚・不倫慰謝料請求の相談窓口】離婚専門チームが豊富な実績を活かし、最適な解決方法をご提案いたします。まずはお電話ください!
近くにある弁護士・法律事務所
【甲府】ベリーベスト法律事務所
山梨県甲府市丸の内二丁目30番3号 甲府丸の内ビル5階
【離婚・不倫慰謝料請求の相談窓口】離婚専門チームが豊富な実績を活かし、最適な解決方法をご提案いたします。まずはお電話ください!
初回面談相談無料の弁護士・法律事務所
【甲府】ベリーベスト法律事務所
山梨県甲府市丸の内二丁目30番3号 甲府丸の内ビル5階
【離婚・不倫慰謝料請求の相談窓口】離婚専門チームが豊富な実績を活かし、最適な解決方法をご提案いたします。まずはお電話ください!
オンライン面談可能な弁護士・法律事務所
【甲府】ベリーベスト法律事務所
山梨県甲府市丸の内二丁目30番3号 甲府丸の内ビル5階
【離婚・不倫慰謝料請求の相談窓口】離婚専門チームが豊富な実績を活かし、最適な解決方法をご提案いたします。まずはお電話ください!