ホーム > 解決事例 > 財産分与 > 1000万円以上の財産分与を得て,老後の住居を確保して離婚
財産分与
60代
女性

1000万円以上の財産分与を得て,老後の住居を確保して離婚

依頼者からの相談内容

依頼者
性別 年齢 エリア 職業 婚姻期間 子供
女性 60代 千葉県 専業主婦 30年(子供は成人済み) あり
夫が定年退職後,勝手に引っ越し先を決めてしまったことで,夫婦仲が悪化し,離婚の相談にいらっしゃいました。

弁護士の対応

退職金の振り込まれた夫名義の預金口座,株式,企業年金を財産分与の対象とし,かつ,夫名義の土地建物に離婚後も妻が居住できるように交渉しました。
対応後の結果
1000万円以上の財産分与を受け,さらに自宅に住み続けられる結果となりました。