ホーム > 弁護士検索 > 千葉県 > 千葉市 > 弁護士法人とびら法律事務所

弁護士法人とびら法律事務所の事務所情報

Office info 202008111450 3401
Office info 202008111450 3401 Office info 3902 Office info 3903
弁護士 鶴岡大輔 村上真奈 鈴木 菜々子 浅野 格之紳 堀内 良 石垣 ゆり子 松尾 美紗
住所 千葉県千葉市千葉市中央区新町3-7高山ビル7階
最寄駅 【JR千葉駅 徒歩3分】
定休日 日曜 祝日 営業時間

平日:09:30〜20:00

土曜:09:30〜18:00

対応案件
離婚前相談 離婚協議 離婚調停 財産分与 親権 養育費 DV モラハラ 国際離婚 不倫慰謝料 男女問題
対応体制
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • オンライン面談可能
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。
お問合せはコチラから
営業時間外です
050-5228-2313
受付時間: 09:30〜20:00
メールで問合わせ
弁護士法人とびら法律事務所
※23時31分現在は営業時間外となります。メール問合せのご利用をオススメします。
電話で問合せする
050-5228-2313
メールで問合せする
事務所所在地
千葉県千葉市千葉市中央区新町3-7高山ビル7階

不倫の慰謝料請求を受けている方、ご相談ください!

このような離婚の問題で悩まれていませんか?

•    離婚したいが、直接相手と話したくない
•    パートナーが不倫をしていたので、適切な慰謝料を請求したい
•    相手の弁護士から連絡が来たので、自分も弁護士を探している
•    離婚にあたって請求されている金額が高すぎるので減額してほしい
•    離婚の条件で折り合いがつかないので、正当な主張をしたい
•    早く離婚したいが、まともに話ができず、限界を感じている…
•    離婚で揉めている相手がしつこく連絡してきて困っている…
•    DVを受けていて、もう耐えられないので離婚したい…
など

このような離婚に関わるお悩みは、当事務所へご相談ください。

相手からの連絡は弁護士が受け、交渉も代理で対応します。
相手と直接やりとりしなくて済むため、精神的なご負担を大きく軽減できます。
 

【初回面談60分無料】まずはお気軽にご予約を!

初回相談の相談は60分まで無料とさせていただいております。
弁護士がお話をしっかりお聞きし、あなたが“一歩前へ進む”ためのアドバイスをさせていただきます。

また、当事務所へいらしたからといって、必ず依頼をしなければならない、ということはございませんので、ぜひお気軽にご相談にいらしてください。
 

【キッズスペースあり】お子様連れでもお越しいただけます

「子供を預けられるところがない」などのご事情のある方もご安心ください。

当事務所の面談室には、小さなお子様がいらっしゃるご相談者様に配慮し、キッズスペースも完備しております。

お子様連れでご相談にお越しになる方もいらっしゃいますので、ぜひお子様と一緒にご来所ください。
 

新型コロナ対策として、オンラインビデオ通話相談(zoom)受付中。

ご自宅にいながら弁護士に相談できます。
外出自粛しながら相談しましょう。

オンライン相談はzoomというアプリを使って行います。

スマートフォンがあれば、当事務所からお送りするURLをクリックするだけでご相談が可能です。
 

解決事例

※タイトルをクリックすると詳細をご覧になれます

下記に、解決事例をいくつか記載しております。ご自身の相談内容と比較して、依頼時にどのような解決が見込めるのかご参考ください。

【1000万円以上の財産分与を獲得】モラハラ夫から、退職金の半額を得て離婚

相談内容
依頼者様は長年夫のモラハラに耐えてきた方で、夫が定年退職まであと1年というタイミングで、退職後の夫と二人で老後の生活を送ることは耐えられないと考え、離婚の相談にいらっしゃいました。

解決内容
退職金の半分を含む、1000万円以上の財産分与を得、公正証書を作成して離婚成立となりました。

コメント
当初、夫は離婚自体に渋っていましたが、粘り強く夫と対話し、交渉を続けました。

妻は、離婚拒否、1000万円の解決金(財産分与・慰謝料含む)を請求される→解決金なし 0円 で離婚

相談内容
妻の暴言や浪費に悩み、離婚を希望するも、妻は、離婚拒否、1000万円を支払うなら離婚に応じるという態度だった。

解決内容
妻は、夫婦関係が破綻していないと主張し、いろんな証拠を出してきた。しかし、夫側も多数証拠を出し、法的に論理的な主張をしたことで裁判官の心証は夫有利なものとなった。

最終的に、裁判官が和解を強く呼びかけ、夫の希望に沿う夫から妻への金銭の支払いがゼロという内容で離婚となった。

コメント
妻の離婚拒否の姿勢が大変強く、かつ金銭的な要求も過大でした。感情的な妻で、繰り返し夫の会社に連絡する等ご依頼者様の心労は大変なものでした。

弁護士がついたことで、会社への連絡も止まり、最終的に金銭的な請求も退け、離婚が可能となり、とてもよかったです。

不貞を理由に妻から500万円の慰謝料を請求される。→100万円に減額

相談内容
離婚訴訟の中で、妻から500万円の慰謝料を請求されていた。金額が高すぎるのでご相談者様は憤りを感じていた。

解決内容
妻が全く減額に応じず、判決をもらうことになったが、損害の程度が少ないことを主張し、慰謝料は100万円となった。

コメント
妻からの金銭的な要求がとても多く、慰謝料以外にも財産分与で高額な請求をされていました。しかし、財産分与、慰謝料双方で適切な主張をし、証拠を集めて提出したことで、判決は、ほぼ夫の主張を認めてくれた内容でした。

裁判官の判断を読み、適切な主張、証拠を出すことは裁判でとても重要です。妻からの高額な請求を退けられ、ご依頼者様の満足のいく判決となりました。

【親権と養育費を獲得して離婚成立】離婚を拒否する夫から求められた別居中の監護者指定・子の引渡しを退けた事例

相談者様
30代・パートの女性(婚姻期間:13年)
相談内容
ご依頼者様は、性格の不一致・夫からのモラハラのため、結婚当初から夫と同居と別居を繰り返していましたが、我慢の限界になり、離婚をする決意を固めて完全な別居を開始しました。

夫は離婚に消極的で、話し合いにも応じなかったため、ご自身で離婚調停と婚姻費用分担調停を申し立てましたが、思うように進まず、これ以上ご自身での対応は難しいと思い、ご依頼されました。

解決内容
ご依頼後、夫側から、子の引渡し、監護者指定の調停を申し立てられ、親権をめぐる争いのし烈さから、離婚調停は不成立になりました。

子の引渡し、監護者指定の調停は、双方合意に至らず、審判に移行しましたが、担当弁護士とご依頼者様との協働作業により、お子様達の監護環境に問題がないことやこれまでにいかにご依頼者様が育児を真面目に行ってきたかを詳細に立証できたため、ご依頼者様を監護者とする審判を得ることができました。

そうしたところ、夫も態度を軟化させ、親権を譲ることに合意し、協議で離婚が成立しました

依頼後の結果

子どもの引渡し・夫への監護者指定の請求を退け、親権を獲得して離婚。 養育費についても、月額8万円を獲得できました。

離婚拒否のモラハラ夫に離婚を合意させ、解決金50万円を獲得した事例

相談者様
20代・会社員の女性(婚姻期間:5年)

相談内容
長期間にわたる夫からのモラルハラスメントにより、ご依頼者様は心身ともに疲弊していました。

夫と直接、離婚について話し合うことすらできない状態のため、弁護士を入れての離婚協議を希望されました。 当初、夫は離婚を拒否、モラハラも完全に否定し慰謝料の支払いをともに拒否していました。

解決内容
離婚調停を申し立て、調停において、モラハラの具体的な事実を説明しました。
また、調停中に行われた引越作業の際に、夫のモラハラの証拠をとることに成功し、解決金を払ってもらえることになりました。

依頼後の結果
法律的には、慰謝料の発生の難しい事案でしたが、解決金として50万円を得ることに成功し、数カ月で無事調停離婚をすることができました。

妻からモラハラや不貞を理由に高額な慰謝料を請求されていたが、希望する金額で合意を取り付け離婚できた事案

相談者様
40代・会社員の男性(婚姻期間:15年)

相談内容
ご依頼者様は、妻からモラハラ・悪意の遺棄・不貞行為を理由に慰謝料200万、ボーナス時の養育費を通常の額に加えて10万円支払うことを要求されていました。

ご自身で妻へ慰謝料170万を支払う旨伝えるも、妻は拒否をし、当事者同士の交渉は膠着していました。 ご依頼者様は別の女性との生活をなるべく早く軌道に乗せたかったことから、できるだけ早期の離婚を希望されて、依頼されました。

解決内容
ご依頼者様の立場は、不貞のある有責配偶者であったため、妻から離婚を拒否されると何年にもわたって離婚ができなくなってしまう苦しい状況にありました。

とにかく、妻との交渉を決裂させず、かつ、現実的な支払可能額に調整するため、妻と何度も面談や電話で細かい点まで話し合いをしました。 妻からの愚痴を一方的に聞かされることもありましたが、弁護士が妻の感情のはけ口となって、ご依頼者様の希望通りの条件で離婚できるよう、粘り強く対応しました。

また、弁護士が、仮に裁判になったとしても、ご依頼者様の行為はモラルハラスメント・悪意の遺棄にはあたらないと繰り返し説明し、慰謝料の減額を求めました。

依頼後の結果
結果的には、慰謝料及びボーナス時の養育費の大幅な減額に成功し、慰謝料も分割で支払う合意を得ることができました。

・妻の慰謝料請求額から100万円の減額
・妻の養育費請求額から毎年20万円の減額

DV夫に1000万円以上の金銭請求をされたが、離婚・慰謝料350万円、年金分割の判決を獲得した事例

相談者様
50代・パートの女性(婚姻期間:27年)

相談内容
ご依頼者様は、夫の暴力とモラハラ発言に耐えかね、離婚の申し入れをしていましたが、夫からは離婚の条件として1000万円を支払うことを請求されていました。

夫が非常に強硬な態度であったため離婚に至れず、ご依頼者様も夫が怖くて、離婚さえしてくれればお金は要らないという態度をとってしまっていました。
からは、別居中のご依頼者様に対する執拗な電話、手紙が絶えないという状況でした。

解決内容
まず、夫にご依頼者様への連絡をやめるよう連絡しました。
夫は、ご依頼者様への連絡をやめ、弁護士に対して繰り返し電話や手紙を送りつけてきましたが、ご依頼者様の希望を聞き入れる様子は全くなかったため、毅然とした態度で夫の要求を拒否し続けました。

そのうえで、暴力・暴言、その他の証拠を徹底的に集め、訴訟を提起しました。

依頼後の結果
裁判でも夫は強硬な態度で、裁判官や弁護士に罵声を浴びせかけたり、威嚇したりしましたが、弁護士はひるまず、最終的に離婚、慰謝料350万円、年金分割の判決を得ました。

また、夫は財産を隠していましたが、弁護士の調査により財産が判明し、強制執行により慰謝料全額の回収をしました。

 

当事務所の特徴

【女性弁護士も多数在籍】あなたのご希望をお伝えください

当事務所には、女性弁護士も多数在籍しております。
ご相談者様の中には、「女性の弁護士へ相談したい」という方もいらっしゃるかと思います。そのようなご希望も、遠慮なくお伝えいただければと思います。
 

【年500件以上の離婚問題に対応!】不倫/離婚/モラハラ/DVの問題を多数取り扱っています

当事務所は、離婚相続問題に特化した「離婚相続部」を設置しており、年500件以上の離婚や不倫の相談を受けています。

多数の離婚問題を扱っているため、近時の裁判所の考え方、調停の進め方、解決までかかる時間や落としどころ等、豊富な経験を元に、解決策の提案やトラブル対処のアドバイスを行い、解決まで尽力致します。
 

弁護士費用について

弁護士法人とびら法律事務所では、「費用がどのくらいになるのかわからず不安」を極力なくすためにも、料金設定をシンプルにしています。

また、ご相談者様のご状況に応じた様々なプランをご用意しております。
※それぞれのプランをタップしていただくと、詳細をご覧になれます※
 

【離婚協議プラン】裁判所を通さずに話し合いで解決を目指します

着手金

30万円

報酬金

30万円+経済的利益の13%

※上記の料金は全て税別となります。
※親権・面会交流に争いがある場合は、着手金、報酬金がそれぞれプラス10万円となります。
※有責配偶者で相手に離婚を請求する場合には,報酬金がプラス20万円となります。
※公正証書の作成も積極的に行っております(別途実費)。
 

【離婚調停プラン】裁判所で話し合いを行います

着手金

34万円

報酬金

34万円+経済的利益の13%

※上記の料金は全て税・実費は別となります。
※協議段階から引き続いてご依頼いただく場合、着手金は10万円となります。
※親権・面会交流に争いがある場合は、着手金、報酬金がそれぞれプラス10万円となります。
※有責配偶者で相手に離婚を請求する場合には,報酬金がプラス20万円となります。
 

【離婚訴訟プラン】話し合いがまとまらない場合には裁判を行います

着手金

38万円

報酬金

38万円+経済的利益の13%

※上記の料金は全て税・実費は別となります。
※調停段階から引き続いてご依頼いただく場合、着手金は20万円となります。
※親権・面会交流に争いがある場合は、着手金、報酬金がそれぞれプラス10万円となります。
※有責配偶者で相手に離婚を請求する場合には,報酬金がプラス20万円となります。
 

【慰謝料請求プラン】不倫の慰謝料を請求したい/されたい方向けのプランです

 

交渉

訴訟

着手金

20万円

25万円

報酬金

20万円+経済的利益の10%

25万円+経済的利益の10%

 

その他、ご要望に合わせた様々なプランをご用意しております

※タイトルをクリックすると詳細をご覧になれます

【バックアップ相談プラン】自分で交渉するためのサポートを行います

3ヶ月まで

4ヶ月目以降

5万円/3ヶ月

1ヶ月ごとに1万5,000円

※上記の料金は全て税別となります。
※バックアップ相談プランご利用の後、協議プラン、調停プラン、訴訟プランなど代理プランにご依頼される場合は。代理プランの着手金が3万円割引となります。

【生活費請求プラン】別居中の生活費を請求いたします
 

離婚調停と一緒に行う場合

生活費請求のみ行う場合

着手金

10万円

25万円

報酬金

15万円+経済的利益の13%

15万円+経済的利益の13%

※上記の料金は全て税・実費は別となります。

【面会交流調停プラン】別居中/離婚後、定期的にお子様とお会いできるよう調停で話し合います
 

離婚調停と一緒に行う場合

面会交流調停のみ行う場合

着手金

10万円

25万円

報酬金

15万円

30万円

※上記の料金は全て税・実費は別となります。

【保護命令プラン】接近禁止や保護命令の申し立てをしたい方/受けた方の裁判に対応します
 

申し立てをしたい方

申し立てを受けた方

着手金

20万円

30万円

報酬金

20万円

20万円

※上記の料金は全て税・実費は別となります。

【アフターフォロープラン】離婚後の手続きを代行いたします
 

お子さんの氏の変更

年金分割の手続

料金

3万円(2人目以降は1万5千円)

3万円

※上記の料金は全て税別となります。

その他、あなたのご状況に応じた様々なプランをご用意しております。
ホームページでは、より詳しい料金表を掲載中ですので、そちらもぜひご覧ください。

当事務所HP:http://tobira-rikon.com/

「とびら法律事務所」とご検索いただいても表示されます。
 

代表弁護士からのメッセージ

これまで数多くのご相談を担当してまいりましたが、その中でよく痛感するのが

「あともう少し、早めにご相談にいらしていただければ」

というケースが多いことです。
これは、皆様に法的トラブルに対する対処の周知を弁護士が未だにできていないということの表れでもあります。

そのため当事務所は、弁護士に相談することへの抵抗をなくすために初回相談料を無料とさせていただいております。

トラブルの解決が手遅れにならないためにも、少しでも不安なことや弁護士にきいてみたいことがあればご相談してください。皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

代表弁護士 鶴岡 大輔

お問合せはコチラから
営業時間外です
050-5228-2313
受付時間: 09:30〜20:00
メールで問合わせ
弁護士事務所情報
事務所名 弁護士法人とびら法律事務所
弁護士 鶴岡大輔 村上真奈 鈴木 菜々子 浅野 格之紳 堀内 良 石垣 ゆり子 松尾 美紗
所属団体 千葉県弁護士会
住所 千葉県千葉市千葉市中央区新町3-7高山ビル7階
最寄駅 【JR千葉駅 徒歩3分】
電話番号 050-5228-2313
対応地域 茨城県  埼玉県  千葉県  東京都  神奈川県 
定休日 日曜  祝日 
営業時間

平日 :09:30〜20:00

土曜 :09:30〜18:00

営業時間備考 メールでのご予約は24時間受け付けております。
来所相談とZoom相談を受け付けています。
お問合せはコチラから
営業時間外です
050-5228-2313
受付時間: 09:30〜20:00
メールで問合わせ
アクセスマップ
Btn map large