​不倫相手と結婚したい!結婚までのステップと結婚後に起こりえる悲劇

~いざという時の備えに~離婚マガジン

 > 
 > 
 > 
​不倫相手と結婚したい!結婚までのステップと結婚後に起こりえる悲劇
キーワードからマガジンを探す
Sidebar_writer_recruit
離婚マガジン
2019.5.31
不倫 弁護士執筆記事

​不倫相手と結婚したい!結婚までのステップと結婚後に起こりえる悲劇

Img_1555408501

不倫相手と結婚したいくらい、彼を本気で愛してしまったという方は不倫経験者に多いのではないでしょうか。最初は不倫だと割り切っていても、一緒にいる時間が増えるほどに好きという気持ちが増してきて「結婚したい」と願うようになるものです。

 

しかし、不倫相手との結婚には大きなリスクも伴いますし、そもそも不倫相手に結婚を意識させることもかなり難しいのです。

 

この記事では、不倫相手と結婚するためのステップや、不倫相手との結婚におけるリスクや悲劇、そして結婚の前にじっくり考えてほしいことについてご説明します。

 

こちらの記事も読まれています

ダブル不倫(W不倫)にハマる人の特徴と心理とは?不倫の重大なリスク

 

不倫相手との結婚が難しい理由

大前提として知っておいてほしいことは、不倫相手と結婚することはかなり難しいということです。

 

なぜなら、不倫相手と結婚するということは、まず相手に離婚を決意させ、不倫相手の配偶者に離婚を承諾してもらい、その後あなたとの結婚を決意させることをほぼ同時進行で行わなければならないからです。

 

そして、ほとんどの場合、不倫をしている人は不倫を楽しみながらも家族や家庭を大切に想っていて簡単には手放しません

 

また、不倫相手の配偶者が不倫に気づいて、スムーズに離婚を承諾してくれないことも多いのです。このような現実的なハードルを理解した上で、それでも本当に不倫相手との結婚を望んでいるのか自問自答してみてくださいね。

 

不倫相手と結婚するためのステップ

「それでも絶対に不倫相手と結婚したい」という方は、どのように進めていけばいいのでしょうか。できる限り、結婚できる可能性をあげるためのステップをご紹介します。

 

ステップ1:相手に「これは不倫だ」という認識を無くさせる

あなたがいくら相手と結婚したくても、相手が「これはあくまで不倫だ。俺には大切な家族がいる」と考えていればなにも前に進みません

 

まずは、相手に不倫という意識を無くさせることが大切です。つまり、あなたを結婚相手として意識させ、あなたとの結婚生活を具体的にイメージさせるようにしてみましょう。

 

具体的には家庭的な手料理を振る舞ったり、家に招いたときに「お帰りなさい」と言ってみたり、結婚生活の日常を彷彿させるようなことをしてみるといいでしょう。

 

このとき、まだ結婚する意識ができていないうちに「奥さんと別れて私と結婚してよ」と言ってしまうと引かれてしまうので、次の段階までそのセリフは取っておくべきです。

 

ステップ2:相手の配偶者と別れる決意をしてもらう

次に、不倫相手が配偶者と離婚する決意をしてもらいます。「早く妻と別れたいんだ」「妻とはずっとうまくいってなくて早く離婚するつもりだ」と簡単に不倫相手に言っている男性は本当に多いのですが、実際に奥さんと離婚を決意できる男性は極めてまれです。

 

つまり、このステップが一番難しいと言えるでしょう。このステップの成功率をあげるためには、あなたとの結婚を意識でき、あなたと結婚したいという意志が高まったタイミングで、「奥さんと別れて私と結婚してほしい」という旨をはっきり伝えるようにすることが大切です。

 

ステップ3:相手の配偶者に離婚を認めさせる

相手が配偶者との離婚を決意できても、その配偶者があっさり離婚を認めてくれるとは限りません

 

特に、夫婦仲に問題がなかった場合などは当然離婚を拒むでしょう。また、配偶者が結婚を機に仕事を辞め、専業主婦になっているような場合も金銭的な問題から離婚をしたがらないでしょう。

 

不倫がバレると慰謝料請求される上に離婚の際も不利になりますので、不倫がバレないように離婚したい理由を伝えてもらう必要があります。

 

ステップ4:慰謝料問題、養育費問題、財産分与などの問題を解決しておく

離婚の際は、養育費財産分与慰謝料など、お金に関するさまざまな問題が発生します

 

一刻も早く不倫相手と結婚したいからといって、このような面倒なお金の問題を適当に済ませたり、慎重に考えずに承諾したりすることは後々になってトラブルを招きますし、自分自身が大変な思いをします。

 

しっかりとお金の問題を離婚する前にきれいに解決しておきましょう。

 

不倫が本気に変わり結婚を意識する瞬間

不倫相手があなたに本気になってくれるかどうかは、不倫相手と結婚できるかどうかに大きく関わってきますよね。では、どのような瞬間に結婚を意識して遊びから本気に変わるのでしょうか。

 

配偶者との関係が悪化したとき

不倫をしていても夫婦関係がうまくいっている人はたくさんいます。しかし、夫婦仲が悪くなり、あなたから癒しを得ている状態が続くと「この人と一緒になったほうが自分は幸せになれるのではないか」と考え始めるので、結婚を意識するようになります。

 

あなたとの間に子供ができたとき

不倫相手であるあなたとの間に子供ができたことを理由に、現在のパートナーと離婚して不倫相手と結婚しようと決意するケースもあります。命の尊さを感じ、もはや“遊び”感覚ではなくなるのです。

 

【関連記事】不倫相手が子供を妊娠した際ゼッタイに知っておくべき事

 

あなたを手放したくないと強く思ったとき

あなたが他の誰かと付き合うために自分と別れようとしているときや、他の誰かがあなたを本気で狙っていることが分かった場合なども本気のスイッチが入る可能性があります。

 

自分だけのものだと思っていたあなたが自分のもとを去っていくとわかった瞬間に手放したくなくなり、結果としてあなたとの結婚を意識するようになるのです。

 

不倫相手と結婚する際のリスク

ここまでで、不倫相手と結婚するためのステップや結婚を意識してもらえる瞬間について見てきましたが、決していいことばかりではありません。むしろ、愛する人と結ばれる引き換えに、大きな代償を払う必要があるのです。考えられるリスクについてご紹介します。

 

【関連記事】もしもあなたの不倫がバレたら…!?世にも恐ろしい不倫の代償5つ

 

慰謝料を請求される可能性がある

離婚して不倫相手と一緒になろうとしていることがわかれば、配偶者は当然慰謝料を請求してくるはずです。不倫の慰謝料相場は50万~300万円と幅が広いですが、不倫のせいで離婚に至った場合は200万~300万と高額になります。慰謝料を払う覚悟があるのかどうか、今一度よく考える必要があります。

 

【関連記事】不倫の慰謝料請求で相場以上もらえる妻の条件を徹底ガイド

 

職やキャリアを失う可能性がある

不倫していることが勤め先にバレると、自主退職を促されたり出世できなくなったりする可能性もあります。もちろん、労働者は労働基準法で守られているので簡単に首を切られることはありませんが、それでも自主退職を迫られ続けたり、会社に居づらくなったりして、結果的に職を失うケースも本当に多いのです。

 

せっかく築き上げてきたキャリアを捨ててまで不倫相手と結婚したいのか、冷静に考えてみる必要がありそうですね。

 

友人を失う

不倫相手と結婚するということは、自分の気持ちを貫くために不倫相手の家庭を壊し、奪い取るわけですから、倫理的に考えて残酷なことをしているわけです。そのため、どれだけ仲の良かった友人もあなたのもとから去っていくことは覚悟したほうがいいでしょう。

 

また、友人だけでなく、家族や親戚からも関係を絶たれる可能性も少なからずあることを理解しておくべきです。

 

不倫相手と結婚した後に訪れるであろう悲劇

愛する不倫相手とやっと結婚できた!幸せな毎日を送れる!と安心するべからず。現実は案外大変なことも多いようです。不倫相手と結婚するとどのような悲劇が訪れる可能性が高いのか、ご紹介します。

 

また同じことを繰り返すのではないかと怯えて暮らす

結婚後すぐは、幸せな気分でいっぱいだと思います。しかし、段々と時が経つにつれて「また不倫をしているのではないか」「自分がしたように誰かに奪われるのではないか」と怯えるようになります。

 

既婚者であるにもかかわらず、他の異性と肉体関係を持ってしまう人だということは、自分が一番よく知っているはずです。

 

周りからの冷たい目線に耐え続ける

不倫相手と結婚したあとも、他での人間関係は続いていきます。そして、あなたたちが不倫の末に結婚したことは遅かれ早かれ周りに知られてしまいます。

 

通常の結婚と違い、純粋に「おめでとう!よかったね!」「お幸せにね!」と言ってくれる人はほぼ皆無で、冷たい視線を送られることになるかもしれません。

 

最初のうちは耐えることができても、結婚生活に慣れてきて不倫相手への高ぶった愛情が収まってきた段階になると、どうしても周りの冷たい視線が気になってきてしまいます。

 

想像していた結婚相手とは違ったと幻滅する

案外多いのが、「こんな人のはずじゃなかった…」と気付くような悲劇です。不倫をしているときは、お互い「恋は盲目」状態です。

 

また、相手にとっては【妻=日常】【不倫相手=非日常】だったわけですから、不倫のときのほうが素敵なお店にも連れてってもらえますし、嫌な部分もあまり見ることがなかったでしょう。

 

それが、結婚して不倫相手だったはずのあなたが日常である妻になるわけですから、想像していた相手ではなかったと幻滅してしまうこともあるのです。

 

不倫相手と結婚する前に考えてほしいこと

不倫相手と結婚することはハードルが高い上にリスクも多いということはすでにご説明したとおりです。それを踏まえ、不倫相手との結婚を進めていく前に、あなた自身がしっかりと考えるべきことをお伝えします。

 

他の独身者とでは結婚できないのか

誰かのことを好きになって、「結婚したい」と思うこと自体はとても素敵なことです。ただ、既婚者相手に結婚を願ってしまうことがいろいろな問題を招いてしまうのです。

 

他の独身の方とはお付き合いすることはできなさそうでしょうか?独身者にはまったく魅力を感じられないでしょうか?

 

確かに、既婚者は経験も豊富なので一緒にいて魅力的に感じることも多いと思いますが、幸せな結婚をしたいと考えるのであれば、独身者と普通の結婚ができないか、冷静に今一度自分に問いかけてみましょう。

 

慰謝料を払う価値のある相手なのか

不倫が配偶者にバレると慰謝料請求される可能性がとても高いです。さらに、不倫が原因で離婚にいたってしまう場合、慰謝料は相場以上に引き上げられてしまうことも多いのです。

 

あなたの愛している人は、その慰謝料金額以上の価値がありますか?苦労して稼いできた大金を失ってでも一緒になりたい相手ですか?本当に慰謝料を払う価値があるのかどうか、考えてみてください。

 

本当に自分を大切にしてくれる相手なのか

結婚していてパートナーがいるにも関わらず不倫してしまうような相手で、本当にあなたは幸せになれるのでしょうか。

 

あなたからすれば、「配偶者と別れてまで自分と結婚してくれたんだから自分は大切にされている」と感じるかもしれません。

 

しかし、次はあなたが配偶者になるのです。結婚して安定した刺激の少ない日常生活に落ち着いたときでも、本当にあなたのことを大切にしてくれそうな相手でしょうか?

 

勢いだけで結婚を決意せず、後のことまで考えて決心するようにしてくださいね。

 

相手が背負うものを自分も一緒に背負う覚悟はあるのか

離婚となると、金銭的にも精神的にも大きなダメージを受けます。特に、子供がいるような場合だと、養育費はもちろん、子供からの非難も大きくなるでしょう。

 

そのような、相手が受けるようなダメージを自分も一緒に背負い込んでも良いと思えるかどうか、考えてみてください。不倫しているときは良い面しか見えなかった相手でも、離婚を経ることによってある種の負債を背負い込むことになるかもしれないのです。

 

それでも一緒に苦難を乗り越えていきたいと思える相手なのかどうかがとても重要になるでしょう。

 

まとめ

不倫相手のことが好きすぎて、結婚したいと考える人は本当に多くいらっしゃいます。それほどまでに相手のことを愛せることはとても素敵なことですし、尊いことだと思います。

 

しかし、不倫相手と結婚することによってあなたが被るであろうマイナス面はしっかりと考えておく必要があります。

 

それでも不倫相手と結婚したいのかどうか、本当の意味での自分の幸せはどういったところにあるのか、焦らずゆっくりと考えて答えを出していただければ幸いです。

この記事の執筆者
離婚弁護士ナビ編集部
本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

不倫に関する新着マガジン

不倫に関する人気のマガジン

編集部

本記事は離婚弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※離婚弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

不倫マガジン一覧へ戻る